「働かないって、ワクワクしない?」を読みました

(2018-07-10)
久しぶりに読書感想。

こちらの本も早期リタイア者には有名な本かもしれない。

嫌な仕事を延々するくらいならとっとと辞めろ、さあ辞めろ、という感じ。
リタイアに大金は必要なく、やりたいことをする。
自由時間の使い方はクリエイティブな人にしか追求できない。

辞めて何をしていいかわからない、という人は仕事に忙殺されるうちに本人が本来持っている能動的な好奇心を無くしてしまったようなひと達で、受動的な人生に陥っている。

TVは人々を受動性のわなに貶めるもので、これはとっとと捨てて本を読もう。

運動は大事、運動不足は心まで堕落疲弊させ病気になる。

リスクをとるから不幸なのではなく、リスクを取らないから不幸(安定サラリーマンにしがみつく人が典型例)

老後はのんびりはありえない、今を楽しめる人ならずっと好奇心があって、ずっと楽しいことが続く。

この本は2003年初版だが、今もってしてもまだまだ人々は労働に支配され受動的な生き方で苦しんでいるように見える。
著者はカナダ人なので北米の文化風習について触れられていることが多いが、ここで書かれていることは今の日本とかなり似ている。

日本は良いことも悪いことも米国の後を追っているような感じだから、この本に書かれていることが今の日本に近いのかもしれないね。

文章の途中にいちいち挿入される有名人たちの台詞もいい感じ。

辞めてどうするんだろう、とか、辞めても上手くいくだろうか、と思ってる人は読んだらいいし、既に辞めてしまった人は自分の選択が大正解だったと思えるだろう。

スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この記事で本のアフィリンクを貼ってないのは欲が無さすぎでしょう。

この手の本は結構読んでるのにまだ読んでいないと思ったら、電子書籍化されていないのか。

今時、紙の本はちょっと手を出しずらいですな。

No title

私もこの本読みました。
そうそうと頷くことばかりですよね。

日本でも同じような趣旨の本はたくさんありますが、読んで行動できる人はほんのわずかなんだろうなと思います。

No title

あ~それ僕も以前読みました

セミリタイア&無職ブログ界隈を徘徊してたらどこかで必ず出てきますね( ´∀` )

タイトルに惹かれて速攻Amazonでポチリましたよ

まさにバイブル

しかし内容あんまり覚えてないから又読もうと思います

Re: No title

>観楓さん
あー、そうでしたね。
でもアフィリは興味ないというか、そのために記事書いてるっていうのもイヤですからね。
是非いつか読んでみてください。

Re: No title

>クロスパールさん
理屈では分かっても実際に行動できるかどうかの差ですね。
この差は永遠に埋まらないでしょう。

Re: No title

>二度寝生活さん
読まれていましたかー。
再度読み直しても、うんうん、と納得できることが多いと思いますよ。

No title

自由時間の使い方はクリエイティブな人にしか追求できない

この言葉につきそうに思います。猫さんにぴったりです。

Re: No title

>たんちんさん
自由になっても困っちゃう人っていますからね。
定年になったとたんやることなく彷徨うオジサンはまさにそうなのです。
何か熱中できることを沢山持っておくとよいですね。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク