娘が出来たんだから働かないとね、、、と母から言われる

(2017-10-12)
はい、予想はしてたよ。

先日、義母に続いて僕の母が手伝いに来ていた。

いわゆる団塊の世代で働くことこそ存在意義の人。
もう70超えてるのに、やることは何かないかと、今度は衆議院選挙の受付のバイトやるんだそうだ。

僕についてもやはり「何かしたら?」と言われたね。
おせっかいなことにあれはどうだろう、これはどうかな、と具体的な提案までしてくる。
まとまった資金があるなら喫茶店経営でもどうだ、とかw

いやいや、やらないから。

この人たちにセミリタイアを理解してもらうのは難しい。
だから無理に説得することもなく、ハイハイそうですね、いずれ、とやり過ごしておけばいい。
早期リタイア者が高齢者に働けと言われても適当にやり過ごすことをおすすめする。
どんなに説明しても同じことの繰り返しになるので面倒なだけだ。

幸い全くの無労働リタイアではなく、バイトつまみぐいのセミリタイア志向になってきたので、軽くなら何かやってもいい。

そういうのを適当に報告しつつ、最近は働いているよー、とでも言っておけば当人は満足だろう。

これも一種の親孝行だ。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

価値観が違う

こんばんは。
「この人たちにセミリタイアを理解してもらうのは難しい」⇒仰る通りですね。セミリタイアは同世代の中でもまだまだ少数派だし、まして親世代となれば理解不可能でしょう。労働に対する価値観が違い過ぎます。反論しても疲れるだけなので、何を言われてもやり過ごすしかないですね。

Re: 価値観が違う

>パルタ7さん
同世代でも少数派、親世代ならそもそも存在を知られていないレベルですね。
面倒なので、ハイハイと流しています。

No title

こんばんは。
子供が生まれた時に会社の人からよく言われたのは「これからもっと頑張って稼がないとな!」でした。
辞めるとなったら「子供がまだ小さいのに今辞めてどーすんだ!」と言われましたが、こっちの懐事情なんて知らないだろうから、適当にごまかしてやり過ごしました。
どうも「子供が生まれた(小さい)→男は仕事を一生懸命頑張るもの→沢山稼いで家族を楽にさせるのが主(男)たるもの」みたいな考えが根強いですねぇ。
そこには育児や家事を夫婦で共同でする、という視点は存在しないというか。主夫やセミリタイアなんて価値観は到底理解不能なんでしょう。
子供の成長を日々感じる貴重さに比べたら、仕事での達成感や満足感なんてたいしたことなかったなー、と思います。

No title

働いていることが普通の世の中だった世代には、もうその固定観念は変わらないのかなと。だから、固定観念の範疇街である無職を殊更に心配しているのでしょう。逆に、遠い遠い未来、ベーシックインカムの世となり働くこと自体が珍しい、労働が趣味の世界となったとき、有職者を奇異の目で見るのが普通になっているかもしれませんね。

立派な娘に育てるのが仕事だ!とか言ってみます?^^

Re: No title

>AS様
やっぱりその価値観ですよねえ。
会社の人たちは子供ができたからもうコキ使っても大丈夫みたいな、そんなニュアンスすらありますよね。
仕事なんかより育児のほうがよっぽど大事で面白いです。

Re: No title

>煙々さん
もう70歳超えてる人間の固定観念は変わらないですね。
ベーシックインカム、ほんとにあるんですかね、もちろん僕は無職なのでありがたい話ですが。。。
今は主夫業で仕事みたいなもんですね。

親が教えられるのは前世代的なことだけ

「親が教えられるのは前世代的なことだけ」
今日学んだ言葉です。

Youtubeのホリエモンチャンネルからですが、
少し件は違いますが、子供にどのような指導をすればいいのか?という質問でした。
ホリエモンの答えは「子供に任せたほうがいいですよ。親の出る幕ではありません」 笑

親は子供は何も出来ないと思っている、と。
でも、そのアドバイスは前世代的な産業構造の中で培われてきたスキルの域を出ない、と。

実はラジオのテレホン相談を効くのが好きなのですが、こういう相談はすごく多いです。
答えは決まって、ほっとけ 笑
余計なお世話なんですよね。
でも経験則からほって置けないのでしょうねえ・・・。

お子さんが大きくなったときに招き猫さんはどんな指導をするのかな^^;

Re: 親が教えられるのは前世代的なことだけ

>清水っ子さん
これは我が意を得たりと言う感じです。
まさに僕も親が子供に進路や人生そのもので教えられることはないと思っていました。
老害にならないように気を付けますよ。
また記事でも書いてみます。

喫茶店って・・・

喫茶店経営、という発想がそもそも駄目ですよね 冷笑

今時だと、コンビニ経営でしょうか。
良さそうに見えるんですけど、あれって、店舗経営者がフランチャイズにとっては最大のお客様なんですよね。出店費用で儲かるし、その店がうまく行けばロイヤリティでガッポガッポ。。ロイヤリティ抜かれてもまだ儲かってればいいですけど、フランチャイズは合計で儲かればいいので、平気で近所にまたお店を作ります。その店舗にとっては売上減でたまらないですけど、知ったことではないのですよね。合計で儲かればいいので。もし潰れても出店費用は店長持ち・・・うわースーパーブラック企業!

良さそうに見えて安易に手を出して、むしろ貯金が全部なくなるみたいな。なにそれやらないほうがマシだったね・・・みたいな 汗

やらないほうがいい仕事ってたくさんあるんですよね。でも前世代的な人たちはそれがわからない。労働は尊いと言って、マイナスな労働をしてしまう・・・。でもそれって誰かに操られてないかな・・・?

Re: 喫茶店って・・・

>yamamotoさん
はい、まさにそうです。
この人たちは、何かやらないといけない、という意識にとらわれてリスクも何も分かってないです。
そこまで言うなら開業資金出してくれるの、という話ですが、もちろんそこまで考えてません。
誰かに操られているんでしょうねえ。。。
でもそんなことを言ってもアレなんで、ハイハイと適当に流しています。
コンビニはほんとよくやりますよね。

No title

退職時、実母「本当に働かないの?」でしたが、母は父病死時に小学生を3人抱え
癌を患うまで働きに働いた人なので反論はなかなか難しい、まあ最近では
無職orパートである娘は、都合良く利用できる事に気づき始めたようですがw
まあ、お母さま的に我が子も心配だけど、孫の将来はもっと心配なんでしょうね

私自身、母には資産状況も説明してはあるのですが、招き猫家とは真逆で
「子供が居ないのが、逆に心配なんじゃない」と、時折言われてはおります
ちなみに、普段はお金の事は全く言わない母が最近無茶苦茶食らいつたのが
パート先(旧職場)健保加入で、入院部屋代が一親等は無料の件だったりします
「年取ると医療費で一番高いのは部屋代」と、我が母ながらしっかりしてますw

Re: No title

>シャチ丸さん
母一人で3人子育てか、、、大変でしたでしょうね。

そう、差額ベッド代がすごいんですよね、なのでこれを煽っての医療保険加入が保険業界的にはセオリーですね。
高級ホテルなみですよ。

No title

やはり、みんなそうなんですね
セミリタイヤを理解してもらえるのは難しいですよね

Re: No title

>ピナミルクさん
一時期、しっかりと話をして理解してもらおうとしたこともあったんですが、最終的に無理と判断しました。
結局話が堂々巡りになって、で、いつ働くの?となるからです。
諦めも肝心ですね。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク