子育てで不幸感は増すか

(2017-09-11)
先日ネットの記事で
子どもを作った夫婦の不幸感は高く、子無し夫婦のほうが人生の満足度が高い
という話を読んだ。
理由は子供ができるとプライベートの時間が無くなり、趣味や娯楽ができなくなり、夫婦の関係も悪化するからだそうだ。

これは一理あるな。

今はすごい幸せだが、僕ら夫婦もこれからどんどん不幸感が増してくる可能性はある。

ただし、今のところ僕にそんな気配はくなく、しばらく20年くらい子供中心で全然問題ないという心境である。

これはなぜなんだろうと振り返ってみると過去にこんな記事を書いていた。
やり切ることが大事
昨年の9月に書いてるから今回の体外受精をするはるか前であり、僕はもう子無し人生と思って書いているので、この事態を想定していたわけではない。

そう、僕はある程度遊びについてはやり切った感があるのだ。
完璧とは言えないが、ある程度やった。
だから今更旅行に行きたいとか、飲みに行きたいとか、とにかく羽目を外して遊びたいとか。
そういう欲求はゼロではないものの、もはや強くは無いのである。
リタイア後に旅行に行こうかな、という記事は何回か書いたがそれは子供がいないし、自由にふるまえてヒマもあるからやろうかなという程度で渇望というほどじゃない。

趣味と言えばアメフト観戦や競馬観戦があるが、これも何を差し置いても何が何でもというほどでもなくなり、
たまたま見られる試合を観ればいいや、という感じ。
NFLなんてこの10年ほどさんざん見たしね。
これらの娯楽は子育ての合間でそれなりに観れるし、それで十分。

自分は遊びを「やり切った」ので、今更子育てで時間が取られて遊びが娯楽ができない、という不満はほとんど起きそうにない。

これからは子育てそのものが僕の娯楽である。

やはり遊びは若い時にさんざんやり切っておくに限る。

子育てによる不幸感を少しでも回避するには、
もう子育て以外の娯楽はさほど興味が無い
という心境になるくらい、やり切った状態になることをオススメするね。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私、「子育てで不幸感」は、感じたこと無いです。
「子育てで幸福感」ばかりです。

夫婦の時間が無くなる、これは当たり前ですね。
子供との時間が増えるんだから。

私、遊び(何が遊びか良くわからんけど^^)はほとんどしませんでした。
と言うより、私、一般的に皆さんが言われる遊びと言うものが何が楽しいのか良くわからんのですよ、はっきり言って。
何しろ、友人(友人と言うものもいないけど)と一緒にいることが結構苦痛だったし、スポーツ嫌いだし、旅行なんてイヤだし、みんなと騒ぐのしんどいだけだし、静かに一人でいるのが最も楽しい。

そんな自分が、妻や子供といること、それ自体が面白くて楽しく満たされる。
妻や子供たちが楽しい、という遊びをして、私はその遊びそのものは楽しいのかどうかわからんけど、妻や子供たちが楽しんでいるのがとても愉快で楽しい。
こんな経験がとても面白かった。

今は子供たち大人になって、幼い時とは異なる刺激や楽しみを与えてくれる。
一生楽しめそうです。
ホント、子供たちがいて良かったと思います。

No title

子育てと幸不幸の関係性はまったくないと思うけどな。
まあ子供が嫌いで育てたくないのに、できてしまったという状況なら不幸といえるかもしれないけど。

Re: No title

>いろいろでセカンドライフさん
子供ができると不幸になるというのが今は定説のようです。
もっとも一人が好きだったり、遊びの類に飽きてしまっていればさほど気にならないですね。
私もせいぜい楽しめるようにしていきます。

Re: No title

>クロスパールさん
なんでも大規模な調査でそのような結果が出てるらしいです。
作るつもりもないのに出来てしまったら余計に不幸でしょうね。

なんかの本で、1人の人生で80年は飽きると読みました。
30、40からは子供中心の人生の方が飽きずに、人生を送れるかもしれません。

まぁ、正解は無いんでしょうけどね。

私も4月生まれの子を持つ父親です。
ブログいつも楽しみに読んでます!

よろしくお願いします(^.^)

Re: タイトルなし

>ズミさん
コメントありがとうございます。
子供がいたほうが飽きることはない、というか飽きるヒマもないですね、これは。。。
これからも気づいたことがあれば適当にコメントしてください。
よろしくお願いします。

多分逆でしょう

こんばんは。

「子どもを作った夫婦の不幸感は高く、子無し夫婦のほうが人生の満足度が高い」⇒ネット上の一投稿者が自分の感想を述べているだけでしょう。より多くの人に調査すれば、多分逆の結果が出ると思います。

No title

やり切ったからこれからは必要ないみたいな悲しい書き方してんじゃねーよ。

いくら忙しいったって、子育てしながらフルタイムで働く一般のリーマンみたいに、自分の時間を持てなくなるんじゃねーじゃんかよ。だから不幸になるはずねーだろうがよ。

取り乱して変な話し方になっちまったよw

No title

私は何かのデータで子育ては幸福感が高いというのを見たことあります
自分は間接的に子育てに関わってますが、幸福感はありますね
もちろんつらいこともありますが不幸というのは違うかなと
子どもにお金や時間を使いますが、お金で買えない価値があるwは事実です
子育て楽しんでくださいね

Re: 多分逆でしょう

>パルタ7さん
そうなんですかねえ、私がネットで見たのは一感想というより調査結果みたいな話だったので。
まあ私もその元調査をつぶさに見たわけではないので何とも言えません。

Re: No title

>プライアさん
あれ、取り乱した?w
まあ私の場合はリーマンでなおかつ子育てしてる人に比べればはるかに時間はありますね、長期では離れられないけど。

Re: No title

>とまさん
そういうデータもあるんですか。
真逆ですね、どっちが正しいんだろう。
今のところ楽しめてますね。
話ができるようになったらもっと楽しいかも。

No title

うちは三人いてますが、一人で良かったような気がします。仕事も適当にやって気楽にしたらよかったなあ。家事は嫁に押し付けておりましたから見事に懐かずですねえ。あかんおっさんの典型例でした。

Re: No title

>たんちんさん
これから孫の世話で取り戻しましょう。

No title

幸不幸の振り幅が大きいと思ってます。

去年の今頃、子が0歳児で、夫が泣き声にイライラしたり、泣いてても抱き上げない、家事もしない、夜起きないのに土日の昼間も3時間昼寝してる時期は、毎週末実家に帰ろう、今度こそ帰ろうと呪文のように唱えてました。
まさしく夫婦の不幸感高めでした。

4月から復職して、子どもと一緒に夜爆睡するようになると、夫がかなり協力的に、また別人のように子を可愛がるようになって、毎日クタクタだけどハッピーです。
どうも夫的には、育休で家にいる=育児しんどくても体力的には楽じゃんという意識が抜けなかったようです。
嫁は外で働いて家事もしている=不公平だから育児参加しなきゃと自然に変化しました。

私は断然、育休中のほうが息苦しくて、ちゃんと育児できているのかという焦燥感があったのですけどね。
産後~2,3年の離婚率は非常に高いと、シングルマザーに関する調査記事で読んだことがあるので、軌道修正できた我々夫婦はラッキーでした。
今後どうなるかはわかりませんけど。

Re: No title

>阿波座マダムさん
たしかに!、ふり幅が大きそうですね。ある意味人生のレバレッジ投資です。
家事育児に全く不参加の男性ってのも未だに居るみたいですよね・・・
男の場合乳幼児の扱いがむずかしく、ある程度育ってからじゃないと手が出しづらいのかもしれませんね、言い訳になりそうですが。
家で苦労してる妻を知らないのは離婚の原因になっていくでしょうね。
僕も今後どうなるかわかりませんから注意していきます。

No title

自分の場合は、遊びや娯楽に至っては
一般的な人に比べてもかなり少ない方だと思います。

正直全然やり切っていませんが
遊びまくりたいとか、そういう気持ちって30代後半まではありましたが
今は、ほとんど思わなくなってきました。
これって、やり切ったというより年齢的なものなのかも?

今は、変化を楽しむより、平穏な生活の方を好むのかも?
欲を追ったりするよりも
めんどくさいという気持ちが出る方が大きいかな(^_^;)

Re: No title

>柔さん
うん、年齢的にそもそも激しく遊びたいという欲求が落ちてきたかもしれませんね。
人生は平穏ではなく必ず波があると思っているので、なんでも受け止めて適当にやり過ごしていこうと考えています。

No title

ちょっとその記事は眉唾ですね。
私は子供は愚か、結婚もできなかった口ですが、
その記事は、そういう経験ができなかったやっかみだと思いますね。
自分は普通に結婚して普通に子供持ちたかったです。
普通・・・という言葉が自分を追い詰めますね。イカンイカン・・・。
つくづく男という生き物は幸福から程遠い生き物ですね。
幸福だと虚勢を張る人はいても、ほんとにそう感じている人は10%もいないのではないでしょうか。
あ、その記事って多分書き手は男でしょうねえ・・・。
逆に女性の場合はこどもを産んで不幸だなんて言う人のほうが少ないのでしょう。
ある統計では女性に生まれただけで幸福を感じるのだそうです。

Re: No title

>清水っ子さん
隣の芝は青く、、の意味もあるから、結婚した人間は独身をうらやみ、結婚してない人は結婚がいいと思うのかもしれません。
女性に産まれただけで幸福ですか、、、今の時代ならそれはあるかも。

遊びの定義は人それぞれでしょうけど、僕も同じようなことが言えるように思っています。
今は仕事と子育てだけの生活ですが、他にしたいこともないためか、特段のストレスもなく快適に暮らせています。子供の成長を見られることがとても楽しいですし、これからも楽しみです

Re: タイトルなし

>まさあつさん
子育て自体が娯楽と思えたらこれでいいと感じますよね。
リタイアして特に強くやりたいことがあったわけでもなく、いいヒマつぶしでもあります。
成長を見守りましょう。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク