独身だったら大分の国東に行きたい

(2017-07-26)
ちょっと古い記事だが、
大分県国東市、ソニー工場が撤退した後の物件がとんでもない価格に・・・(画像あり)

ネット界隈では有名な話だろうが、あらためていいなあと思った。

家賃サイトで検索すると今でもこのくらいの値段である。
市場原理が働ければカネの無い若者やリタイア者が集まりそうなものだが、そうはなってないようだ。
この家賃でも人が集まらないということだろうね。

この手のところに行ってもまず仕事は無いだろうから、やはり世捨て人のような人間じゃないと行けないのかもね。

僕が早期リタイアして独身だったらまずはここに行くな。
東京の家賃がワンルームで6万として、ここが1万なら差額は5万。
年間60万浮くから5年住めば300万は差がでる。
引っ越し代やらクルマ代(中古の軽くらいでOK)を考えても十分モトが取れる。

こんなとこいっても数年で飽きるよ、という人もいるだろうが、飽きたらまた東京に戻ったっていいし、全然別の地方都市にいったっていい。
賃貸はそこが気楽だからいい。

しかもこの立地って実は大分空港が近いから案外ラクに東京方面にも出られるのよね、LCC使えばコストもそんなかからない。
ということは海外旅行だって意外と行きやすいということだ、成田にすぐ出られるからね。
ググったら近隣にスーパーは1-2件はありそうだし、コンビニも大手は何件かある。
買い物についてはamazonなどネットを使えばいいというのもあるし、実はそう不便でもないだろう。
娯楽ももちろんネット中心で引きこもって映画やスポーツなどを観そう、、、って、今と変わらないじゃないか。
別府や由布院などの温泉もクルマでさっと行けそう。

日本は製造業が撤退して海外移転が止まらないからこういう所って探せば全国的にあるのかもしれない。
なんせ基本的には人口減少して、あらゆるものが東京に集中してしまっているのだし。

もはや海外外こもりよりも、国内で美味しい立地を探したほうがずっとローコスト生活ができる時代。
こういうところに拠点を置きながら海外はたまに旅行で、というライフスタイルが良さそうだ。

僕は結婚して子供もできるのでそう簡単には動けないが、独身で身軽な人はこういう選択肢もあるね。
リタイアに必要な資産額ハードルもぐっと低くなるのでは。

試しに奥さんにこのネタを振ってみたらあまりいい顔はしなかった。
老後の一人行動としての楽しみにとっておくか。
やりたいことはあまり先送りすべきではないのだけどね。。。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>とんでもない価格
確かに安い;貯金が心もとなくなって、しかも働きたくなくて、実家にも戻れず、背に腹は代えられないとなったらこういう所かな。
どんな田舎なのだろうとグーグルマップで見たけど、普通に住めそうなレベル。スーパーマーケットの閉店が怖いけど。

>世捨て人
物価の安い外国で過ごすより、国内の方が健康に過ごせそう。あとは人の目をもろともしない強靭な精神か。

>製造業が撤退
近所に中規模の工場が閉鎖した場所に住んでいます;稼動していたら空き部屋は出なかったろうし、ここには移り住んでいなかったと思います。
幸い駅に近いのでスラム化することもなく、住民は穏やかだし良い所を選んだと満足しています。

No title

ほんとこういうのやってみたいけど、結婚してると無理な事ってあるもんね。

Re: No title

>masaさん
貯金が十分あるうちから行くのも手ですよw、そしたら将来に渡って財政が安定しますね。
ググってみると意外と住めそうですよね。
もしスーパーが無くなったらネットスーパーで食材まとめ買いでしょうね。
国内の方が健康面は安心ですね、たぶん。
おお、それはいい立地を見つけましたね、これからは少子化で人口は減るし、そういう美味しい場所を探すのも楽しそうです。

Re: No title

>クロスパールさん
将来どうですか?、僕は子育てが終わったら敢行してもいいなと思ってます。

No title

実現性は難しいけど、リタイア仲間を集めてきてアパートのうち一室をみんなの共有遊び部屋としたら、プライベートも確立できるシェアハウスみたいな感じで面白そうです。車も2台くらいをアパート一棟でシェアすれば生活費をさらに抑えられますね。

Re: No title

>クラビさん
それは楽しそうですね。
ネット社会だから意外と実現しそう。
自動運転車が実現すればさらに可能性高まる。

No title

将来的にはいいですね!
クラビさんの案も良さそう。

そういえば、こういう話って一度オフ会でも出た気がします。

Re: No title

>クロスパールさん
早期リタイア者が集まって村を形成すれば田舎的なへんなしがらみもなくて良さそうですね。
マジで将来的にありそうな気がしてきた。
以前にも同様の話をしてましたか。

No title

半額シールが貼られていると2つ買っちゃう人が通りますよ~。
この値段なら2部屋、3部屋借りても十分に安いですね。
1つ倉庫部屋。1つリビング。1つ寝室。
のような。

まぁ冗談はさておき、大分というと別府温泉ですかね?いやいや、湯布院かな?
どちらにしても、大分は有名な温泉がありますから、温泉街をいろいろと違う宿に泊まりつつおいしいものを舌鼓・・・。あ、本文と関係なくなってしまいました^^;;

Re: No title

>煙々さん
あんまり複数借りると水道光熱費の基本料金が無駄になりますけどね。
ん、契約しないという手もあるのかな。
由布院も別府もそんなに遠くなさそうです。
1-2年湯治をするって人にもいいかも。

No title

隣接県在住なので何度か出掛けた地域です
そんな、、、生活がし難い場所には思えませんよ
 田舎ではありますが、、
定年後に越してのんびり暮らしてる知人います
こちらにも家があるのですが帰るのは定期的に病院診察日だけですよ
山アリ、海アリ、温泉も日帰りだし
気候が温暖でぶどう、みかん柿が豊富でおいしい
両子山なんかドライブしたら感動しますよ
阿蘇までのドライブも最高
温泉も至る所にあり穴場いっぱい
紅葉名所も多く 露天風呂からの眺めは絶景ですよ
九重高原でのキャンプ
露天風呂も眺め最高 広さもスケールが桁違いですよ
リタイアされてるのだから一年でも住まれたら如何ですか
最初は寂しくても一年後はまだ住みたい気持ちになるかも?な所です
長い人生のほんの数年 貴重な体験だと思いますよ
まるで市の観光課職員みたいですね(笑)

リタイヤ

Re: No title

>あつこさん
コメントありがとうございます。
なんと実際に行かれたことがありましたか。
そして、、、なんという素晴らしい、それでは今すぐでも行くべきところですね!
ただ子供が産まれる予定で今すぐは無理でした、記事に書いたように独身ならすぐにでも行くのですが。。。
不思議なのはそれだけいい場所でこの家賃でなぜ人が集まらないのかということです。
市場原理が働けばもっと来ても良さそうなもんですけどね、、、皆動きたくないのかな。

No title

来た事がない人が地図をみて田舎過ぎて楽しくない、働く場所がないと
判断するのでしょうね

家賃安いから、、と変な人は越してこないと思います
このような方達は都会が好きだと想像します
定年後のんびりには最適でしょうね
子育てで精神的には健康的かもしれないけど
教育程度は都会には敵わないからこれも敬遠する一因でもあるでしょうか
将来、違った地域に住んでみようか、、と考えた時、
是非 国東半島も思い出した下さいね
何度か訪れてゆったりした気分で家路に着くから宣伝しました
お寺の多い印象あります 石仏も有名です 
確か南こうせつさんの郷里で、実家はお寺さんですよ

Re: No title

>あつこさん
やはり不安は田舎過ぎてしがらみがあるとか不便すぎるとか、いろいろ想像するんでしょうね。
実は住みやすいなら問題はないです。
これは確実に候補になったなあ。
たしかに学校などの選択肢はぐっと無くなりますね、やはり独身向けですね。
今すぐの定住は厳しくても一度は旅行で下見にいっておこうと思います。

独身、親の面倒も見る必要がない、という状況ならこのようなところの方が表面では圧倒的にいいですね。
我が家は仕事と子供の教育の関係もあり今はまだ都会暮らしが必要です。。。

Re: タイトルなし

>まさあつさん
はい、僕も子供ができるので非現実的で、独身ならという妄想ですね。
子育てが終わって親もこの世から居なくなったらむしろできそうです。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク