昔の同僚が突然逝く

(2017-07-15)
同僚と言っても学生時代のアルバイトの同僚なのだが、
先日亡くなったと別なアルバイト仲間から連絡があった。

僕とそう変わらない年齢だからまだ40代半ばくらい。

突然気分が悪くなって倒れて、そのまま2日後くらいに亡くなったそうだ。
脳血管疾患系だろう。

ウチに子供が出来そうだということで近いうちに訪問して飲もうと思っていただけにびっくり。

最近こういう話をちらほら聞くようになった。

平均寿命が70数歳とか、80とか、いろいろ言ってもそれは平均であって自分が絶対そこまで生きられるわけではない。

早く体をいたわって、好きな事をしたほうがいい。
サラリーマンが楽しくてしたくてしたくてしょうがない事なら死ぬ直前までそれで構わないが、そういう人は少ないだろう。
幸いこの人はサラリーマンはさっさとやめて自営をやっていたからそこそこ満足してたかもしれない。

もし薄れゆく意識の中で、あー、満員電車とかつまらない会議とか夏のスーツで汗だくとか、そんなことばかりの人生だったなあ、なんて思ってたら後悔だけの人生になってしまう。

リタイアしようが、働こうが、自分の思い通りに生きてることが一番だと思うな。

自分もいつ逝くか分からないがその瞬間に後悔しないように今を生きているよ。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

御意の通り‥(泣)

私の前職のK専務も亡くなった日=退職日でした。(汗)
当時もう70代で当人的には辞めたがっていた様ですが、社長が「あんたが居なくなったら心細いんだよ~」みたいな感じで引き留めていたらしい。(泣)
確か最後の方は会社のトイレで吐血までしていました。


とにもかくにも後悔ない様に生きたいものです。

No title

親が脳梗塞で亡くなっているので、大いに自分も可能性があります;健康面で努力はしているのですが、どうしても遺伝的な因子は残るみたいです。

長寿を目指すより、健康寿命を伸ばしたいですね。同じことかな…

最近、司法書士の方と会ったのですが、補聴器を付けてて、車の運転危ないんじゃないの!?というくらいの80歳くらいのおじいちゃんだったのですが、すごく元気でしたよ。

多分、仕事が好きなんでしょうね。かなりボケが入っちゃっていて依頼する気は失せましたけど;元気は分けて貰いました

そうですよね

正社員で働いていた時の部長(役員)が、老人ホームの入所金夫婦で4000万貯める為に嫌だけど働いていると言ってました。

もうすぐ60才なのに、本末転倒だなと思いました。老後の年金生活をまるで楽園の様に話していましたが、それまでに死んじゃったり、身体や頭が動かなくなったりと、考えないのかいつも不思議に思ってました。

No title

僕も数年前にかつての同僚が亡くなりました。
ショックでしたね。
リタイアまであといくらなんて考えていたって
突然何があるかわかりません。
後悔はしたくないですね。

切ない

こんばんは。
身近な人が亡くなると切なくてやりきれません。私も、昨年は元会社の同期が、今年は中学時代からの親友が亡くなり、かなり落ち込みました。特に親よりも先に亡くなる逆縁は、周囲にすごいショックを与えます。親は堪りません。

人間なんていつ死ぬかわからないので、やはり生きてるうちに好きな事をした方がいいですよね。取り敢えずアーリーリタイアは好きにさせてもらいましたので、後悔はありませんね。

Re: 御意の通り‥(泣)

>リトルドッグさん
無くなった日が退職日だなんて、、、よほど仕事が好きな人ならそれも本望ですが、ちょっと厳しいですね。
吐血してまで働く意味なんて無いですよ。。。
後悔しないように行きましょう。

Re: No title

>masaさん
どんなに努力しても最期は運もありますからね。
健康寿命を延ばす、そのとおりです、元気に生きるのに意味があるし。
80過ぎても仕事を頑張って生き甲斐になってるならそれは素晴らしいことですね。

Re: そうですよね

>みやびさん
60間近なのに大金を払うためにさらに働くのもどうかと思いますね。。。
老人ホームなんていかずに、適当に生きてそのまま逝くのが理想ですね。

Re: No title

>ゼロさん
身近な人にこういうことがあると考えるきっかけになりますね。
我々は後悔しないように今を楽しく生きるようにしましょう。

Re: 切ない

>パルタ7さん
はい、だれしも早く逝く可能性があるということですね。
僕も早期リタイアして今は好きなことをやっているので後悔はほとんどなく、なかなかいい人生をやっていると思います。

大概のサラリーマンは後悔しながら死ぬ運命です。

大概の日本人は晩婚化のおかげで、50代で住宅ローンと教育費を抱えて、サラリーマンを辞めたくても辞められない人がほとんどでしょう。
学生も奨学金というローンを背負って社会に出るので、働き続けるしかありません。

70歳まで働く人生がほぼ確定しています。

国としてみれば、労働力不足を補わなくてはならないので、70歳まで働いてくれれば万々歳。
ついでに、70歳前後で過労死してくれれば年金払わなくていいので尚、よしというところではないでしょうか。

悲しいけど、大概のサラリーマンは後悔しながら死ぬ運命だと思います。

Re: 大概のサラリーマンは後悔しながら死ぬ運命です。

>見知らぬ男さん
住宅ローンはキツイですよね。。。
しかもザルのような家計で右から左に浸かっていれば当然貯蓄はたまりません。
70まで働いてもらって国を支えてもらうしかないのか。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供無し

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク