65歳からの5年間で2千万も使うわけない

(2017-06-24)
公的年金制度は今現在65歳から支給となっている。
が、こんなものは当然ながらどんどん後ずらしになっていくし、既に70歳にしようかな、なんて布石も政府は打ち始めているよね。
だから今40代の僕らは支給開始はまず70歳と思っておいたほうがいいし、まだまだ時間があることを考えるとさらにもう一段階のずらしがあって、想定は75歳くらいでもいいと思う。

となるともうもらえないも同然だけどねw

さて、こないだ飲んだ知人が、65歳からの支給が70にずれることをけっこうビビっていて、
その5年間、どう暮らしたらいいんだー、って嘆いてた。

貯金を取り崩せばいいんじゃないの、と言ったところ、

いや、5年って長いぞ、2千万はいるはずだ、と・・・

え、5年で2千万?

てことは年間400万か、やはり一般人の金銭感覚とはこういうものか。

この人は独身だ。

僕なんて夫婦二人で年間200万で生活してるから一人あたりは100万円程度。
5年間、一人なら500万でいいでしょう、と言いかけたが、
最近、一般人との金銭感覚の違いを再認識していたところなので、そういったことは言わず、ふんふんと頷いておいた。

老後不安の煽りが効いてるな。

このまま老後破産、孤独死、などと一般人をどんどん洗脳して、75でも80でも働かざるを得ない社会を実現してくれ。
そうすれば今の社会保険制度も安泰だ。

こちらはローコスト生活でさっさとセミリタイアしてるけどね。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

自分の生活費を正確に把握しているサラリーマンは少ないです。
この人も多分把握していないだけだと思います。

年収600万でも独身なら手取り450万程度です。
貯金もしているでしょうから、実際は400万も使っていない人が大半でしょう。

Re: No title

>なすびさん
はい、特に家計を人任せにしてる男の場合はよくありますが、
独身者で一人で生活してる人ならも少し現実的なところに気づいててもよさそうなもんです。
実際にはずっと安く済むでしょうね。

No title

ローコーストに勝るものなしだと思います。最後はみんなローコーストになるんですけどねえ、煽りきてますなあz

Re: No title

>たんちんさん
独身なら年間200万もあれば十分だし、節約ブロガーレベルなら100万以下も一杯いますよね。
そういった想像は付かないんだろうなあ。

No title

実際のところリタイアが視野に入っていない人でリタイア後の生活資金なんて
なんとなくー程度の認識どころか、貰える年金も把握していないのがほとんどかと
まあ、逆に言えばセミリタイア界隈の方々が日本人離れし過ぎてるのではw


Re: No title

>シャチ丸さん
まあ確かに逃げ切るまであといくら必要とか、一般人はそんなことしないですもんね。
僕は大雑把なほうですが、それでも一般人レベルからしたら相当慎重に計算してる方になるんでしょうね。

No title

年2回ほど100万のオレオレ詐欺被害を織り込んでるんですよ

Re: No title

>働きたくないさん
それは慎重な試算ですね、詐欺グループも将来が明るいです。。。

他の方も書かれていますが、実際の支出を把握している人は案外多くないんでしょうね。よほど豪遊でもしない限りは65歳からの5年間で2,000万円も使うことはないでしょうね。少なくとも僕には想像できない金額です。

Re: タイトルなし

>まさあつさん
はい、2千万はちょっと大きすぎると思います。
支出を把握してないと実態以上にビビってしまう好例ですね。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供無し

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク