半強制労働システムの日本は不幸な労働者を大量生産している

(2017-06-07)
大学生3年生の時にほぼ全員が当然のように就職活動をし、4年生はその準備期間で、卒業と同時に働き始める。
僕の時はそうだった、今でもおそらく似たようなものだろう。

が、これは日本だけの特殊事情だ。
大学新卒の一括採用をしてる国なんて他ではほとんど聞いたことがない。
海外で知り合った友人には卒業後特になにもせず1-2年はふらついたり、インターンシップでバイトしながらそこで働くかどうか検討中みたいなのが一杯いた。
カネは貧乏でもなんとかなるし、卒業と同時に4月から絶対働かないといけないという日本の雰囲気のほうが異常なのでは。
日本の大学は勉強する場ではなく、事実上、就職予備校となっている。
なのでとりあえず期限前には不本意な業種でも職種でもなんでもいいからとにかく就職することになる。

働き始めて以降も、あれはダメ、これもダメ、転職はダメ、昇進や昇給は会社次第でひたすら命令に従属するだけの日々。
そうこうするうちに結婚を強制され、家を住宅ローンで購入することも強制され、手足はがんじがらめに。
これでは自分が中世の奴隷か何かと勘違いするのも当然だろう。
不幸感はどんどん増していく。

日本人の労働に対する忠誠心の低さは最近の統計でよく出ているそうだ。
なんでもOECD加盟国の間でも最低クラスだとか。
つまり日本人は労働が大嫌い。

それは上記で書いたように、半強制的に労働者育成システムに乗せられ、本人の希望などは無視してとにかく労働市場に放り込み、そのまま60歳、65歳まで酷使して干上がらせる仕組みにあるのではないか。

だから小学校中学校の教育は古臭くカビの生えた伝統的価値観を刷り込み、組織に無批判に従属することを教えるためにある。
答えは権力者側が用意して既にあり、生徒が新しく考えるものではない。

製造業中心に発展した日本ならではの発想なのかもしれない。
工場に大量に労働者を送り込む時代ならこれで上手く機能していたのだ。
幸い成長の果実があるから長期雇用と右肩上がりの給与を渡すことができるので、奴隷と言いつつも我慢はできた。

しかし高度成長はとうの昔に終わったのである。
この半強制労働者育成システムをまだ維持しながら、それでいて30代40代でリストラという無茶な状況だ、そりゃ不満もたまるだろう。

この日本においては当人が喜んで働いている人はほんの一握りしかいない。

この状況に反旗を翻す若者は引きこもりになったり、働いたら負け、と言い出したりする。
実はごもっとも、ということになる。

働くことが楽しいこと、わくわくすること、社会に貢献するだとか、そういったイメージを持たせたいなら、この不幸な労働者を大量生産する日本のシステムを今の時代にあわせて変えるべきだ。

といっても政治家や役人などは動くはずもないから、これは庶民の力で下から運動で変えていくことになる。
大学を卒業しても無理に働く必要なんかない。やりたい事が無いならしばらくフラフラしなさい。
いったん就職しても、くだらない、やりたくない、辛いと思ったらさっさと辞めましょう。
皆が転職を繰り返してそれが当たり前の状況にしてしまえばいい。
やはり一旦入社した正社員のポジションを失うわけには・・・などと頑張るのは経営者や既得権益者の思うつぼである。

こうしてものすごく流動性の高い労働市場を構築すればいい。

奴隷感覚の不幸な労働者はかなり減ることになるだろう。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

転職しない事ってそんなに美徳?!(泣)

招き猫の右手さん、まさにその通りですが、特に感じるのは未だにこの国では転職に対して寛容でない事ですかな。(汗)
こんな時代でもやはり‥「一度入った会社はそう簡単に辞めるものではないぞ!」「何でそんなに続かないんや?辛抱足りんな~」みたいな事を言う輩(基本は年配者や人事課出身かな)結構いてます。
私もかつて転職活動中に似た様な事を何度か言われました。(泣)

こちらは、これまで4回転職してまして一応は知人等には「転職しまくってきたよ~」とは言っているものの実は内心そうでもないかな~とも思っているのですよね。

とりあえず退職願を書いたけど結局考え直して破棄したりとか申し出たけど受理されずに引き留められたりとか‥で、まだ4回程度に留めているというのが本音です。

No title

働いたら負けなんていうのは別として。

流動性だけでなく、どんな仕事があるのかというのを知らないというのも問題の別な側面だと思いますよ。

No title

日本で飢え死にするってことはほとんどないわけだから、特に若者独身者はどんどん転職を繰り返してほしいね。そうすれば何かが変わるかもしれない。

うちの若者も不満はあるみたいだけど、しぶしぶ会社に従っている。結局できないのかなとも思ったりする。

私は働くことは楽しいと思っているけど、そういう環境はやっぱり自分で自分の周りだけでも作りだしていくしかないんだと思う。

Re: 転職しない事ってそんなに美徳?!(泣)

>リトルドッグさん
転職に寛容でない人はいますね。
臨機応変に対応してきただけだし、好きなことをコロコロ変えても何の問題もないのに。
僕も4回転職しましたが、もっとたくさんしてもよかったと思ってます。

Re: No title

>Colorless Freedomさん
知識が無いというのは恐ろしいものです。
インターネットの時代なので調べればすぐ分かるから、これからは行動するものとしないものの差が開きそうです。

Re: No title

>クロスパールさん
年齢が若い場合はなおさらチャンスは多く、失敗した場合のリカバリーも容易なのでどんどんやってほしいですね。
世の中を変えるのは上からではなく、下の人間が自ら変わる時だと思ってます。

仰るとおりです。

仰るとおり!です。

日本は新卒入社して朝から晩まで会社にいて、会社だけの付き合いしか築けないですよね。仮に転職しようものなら、無職期間を作ったら不利だと言われます。ハロワの回し者?みたいです。

こんなんだったら、『死んでやっと自由の身になれた』みたいな、冗談の様な国ですよね。

「転職できない。」って、サラリーマンって鬱状態の人が多いんだと思います。だから、未来をネガティヴにしか考えられないのかなあ、と。

私も退職するまで、お先真っ暗な精神状態でしたから。

No title

公務員の世界なんかまさにこの典型ですよ。

入庁してから定年まで辞めることなく、高卒で入った人なんかは最長で42年も働き、ようやくおさらばだと思ったら、今度は再任用となってまた65歳まで働くという…。結局他所で働くのが怖いのでしょうね。

本当に役所の正職員は中々辞める人はいませんよ。ワタクシ自身も周りから変な目で見られましたから。

もっと社会全体が転職に寛容にならないといけないと感じます。

解決策は?

ご意見に99%賛成です。

ただ、解決策は、
>政治家や役人などは動くはずもないから、これは庶民の力で下から運動で変えていくことになる

でしょうか?

現慣習下で、個々人が転職を繰り返すのは、よほどの資質がない限り、リスキーです。

むしろ僕は、経営者や株主が、どのような雇用基準をもつべきかについて、古い発想からの転換を迫られているように思えてなりません。

これに関しては、今の政治家や役人に期待はできません。
でも、僕らの一票によって、政治家を総取っ替えすることは不可能ではありません。
雇用の流動性を得るのに必要なのは、たとえば退職金税制の見直し。

政治家に動いてもらうしかありません。
彼らを動かすのは、金か票です。
少数の若者が転職を繰り返しても、ムーブメントにはなりません。
NHKのアホな番組で、好き勝手に切り捨てられるのがオチです。

・・・なんて思ったのですが。
一杯入っているので、偉そうなわりに、確信なしです(笑)。

毎度、刺激的な記事に感謝です!
あ、脛の具合はどうですか?
調子が悪ければ、元皮膚科医の私めにご相談ください!

Re: 仰るとおりです。

>みやびさん
転職をしただけでもうダメだって、ほんと行動を制限された奴隷そのものです。
自分の行動の結果には明るいものがあるはずだと思えないのは、そのような心理状態にさせられているんでしょうね。
これで誰がトクをするかといったら、やはり安い賃金で労働者を長く使える経営者ですかね。

Re: No title

>6割主夫さん
公務員はまさにそうですか。
しかしいくら公務員が安定しているといっても僕だったら40年も同じ組織にいるなんて気が狂いそうです。。。
辞めたのが正解だと思いますよ。心の健康が一番大事です。

Re: 解決策は?

>内山 直さん
政治家にしろ役人にしろ、現状現実が変わって来てからしょうがなく重い腰をあげて行動するものだと思います、特に日本は。
彼らは社会を変えてトクなことってほとんどないから余程の清廉な国士みたいなやる気のある人が登場しないと無理かなと。

脛はこないだの傷がようやく癒えて、かさぶたが無くなってきました。。。
もう自転車の後ろが怖いですね・・

No title

同意です。
でも、これって国が終身雇用で正社員の地位を保護しているから、
会社がなるべくハズレを引かないように、減点方式になっているんですよね。
あと、良い会社に入ればあとは毎日惰性で通っていれば安心なので、
そういうのほほんとした地位が好きな人間も相当数居る感じはします。
ほとんどの根本原因は、正社員の法的な地位の廃止で解決するとおもいますが。

ところで、「古臭くカビの生えた」教育をお子さんに受けさせることはどう思います?
もし自分に子供ができたら思考停止になるような義務教育を受けさせるのはちょっとなあと感じたりします。

Re: No title

>namake_taioさん
終身雇用や年功序列は有名無実化しているのでいずれ自然消滅するかなと思います。
逆に正社員を厚く保護しすぎると企業側は人を雇えなくなりますね。

子供への教育は家庭内で個別にやるしかないですね。
混乱するかもしれませんが、学校で教えていることは建前であったり1側面でしかないと、事実は別のところにあったりする、と個別に教えるしかないのかな。

No title

おっしゃる通りですが自分の子供に大学を出た後にすぐに働くてもいいよと親として言えるかどうかですね。
そう言える為には自分の力では変えられない日本の仕事社会の仕組みの枠に入らなくても仕事がある程度自由に選択できる特別な能力を親として教育を通じてつけさせてあげる必要があると私は考えます。子供は親を選べませんし、親の主義主張だけでリスクのある(リワードもあるが)道を選択させるのは無責任かもしれませんね。

No title

あぁ。
これは、もう全て同意ですね。

破綻した制度を維持するために、消耗させせられて、中高年になれば、リストラ対象。
それでなくても過労死の可能性大。
運良く、定年まで生き延びても、生活する金が無い。

もう、本当に自由も金も健康もない。

No title

おお、今回も吠えてます^^
読んでいて、とても楽しいです。

日本の就職状況、子供たちも、驚いています。
「4年生から就職のために会社回りなんてしている大学生なんていないよ。」
と。
おかげで、私の子供は日本の就職活動に苦労しましたよ^^;


学生みんなが、よーいドンで初めてとか
学生を大量に集めて、説明して、なんてことあまり無いらしい。
ましてや、最初の就職失敗すると、一生に響くなんてことは無い。
多くの点で特殊です。

まぁ、この制度、すでに制度疲労が進んでますし、少子高齢化が進んで、昔ながらの産業は急激にその地位が脅かされ追い抜かされ、新たな産業も育たない、社会保障費は際限なく増大して、国民はますます我儘になる、世界の中でどんどん取り残され辺境の地と化しつつある、そんな日本は世界から孤立しながら経済成長し社会制度を維持できるような状況に無いので、厭でも変化するでしょう。

ホントはねぇ、労働制度自体を立案管理するとか、新たな労働価値を創造し信じさせるとか、新たな生き方しめすとか、イメージや情報で人心制御するとかのほうが、実入りが圧倒的に良いし、支配性や継続性があるから、そっち目指したほうが面白いんだけど、そのあたりは完全に海外に負けてしまって、はじめから勝負にならないですwww

結局下請けみたいな、実践的肉体労働や対人サービス産業ばかりが残ってしまいます。
ホントやつらはビジネスうまいなと思いますよ。
やっぱ、真面目な下士官がやっとなんでしょう。

Re: No title

>YYYさん
親としてはできるだけのことはしますが、たぶん、この制度、これからの世代が大人になるころにはとうに崩壊して無くなってると思いますよ。新卒一括採用なんて継続できるとも思えないから。その前に労働者側で潰してしまうのが理想と思って書きましたが。

Re: No title

>見知らぬ男さん
新卒一括採用なんて実質破たんしてますね。
この制度に乗っかって適当に生きてきた人たちも、もう制度が守ってくれないことを自覚すべきでしょう。
自分の身は自分で守る時代ですね。

Re: No title

>いろいろでセカンドライフさん
日本の特殊性はいつまでも守れるものじゃないですから、変わらざるを得ないですね。
嫌でも変化の時は来るでしょうね。
日本は細って落ちるとこまで落ちそうですね。

No title

転職すると余程能力か運かコネのある人じゃないと前職の環境(主に給与面)より悪くなるのも良くないところじゃないかと思います。
あとは退職金の制度が新卒から定年まで勤めることが前提の金額設定になっている会社が多いことも転職に二の足を踏む原因かと。

役人はともかく政治家の方は直接出向いて訴えかける人が増えれば動くと思います。
彼らは票に結びつくと思えば動く人種ですから。
ただ現実には私同様に、そんな面倒くさい事をする人があまりいないので動いてくれないのでしょうね。

Re: No title

>働きたくないさん
退職金は401Kになって持ち運び可能になってくれば自然と変わりそうです。
元々転職がいっぱいあるアメリカの制度ですしね。
それにしても日本人は全く行動しないのですね。

今回もごもっともと思いながら拝見しました。
一斉に就職活動をするのもそうですし、これまでの自分の人生を振り返っても他の人と異なることをすることに対する周囲の?社会の?負のパワーが大きかったと感じます。
顧問に萎縮してるだけで楽しくない部活も途中で辞めましたが、もっと早くやめて入ればよかったと思いました。また、転職も2度ほどしましたが転職するたびに給料は上がり労働時間は短縮されてますしもっと早く前の会社を辞めてれば良かったと思います。

Re: タイトルなし

>まさあつさん
他人と違うことをする恐怖が強い社会ですね、だから皆右を見ながら同じことをする。
部活も組織従属を教えるための活動と思えば納得いきますね、途中で辞めてはいけないというのも似てる。
僕も転職は何度かしましたが、給料は最後上がりました。
転職しても事態が悪くなるとは限らないのでもっと前向きに考えるべきですね。

No title

これやと言うのを見つけるまで転職しまくったらええと思います。そのうちいいのにめぐり合います。私はそうでしたがその分覚えことが多いけど。

Re: No title

>たんちんさん
もっともっと転職が一般的になったらいいなと思います。
良いのを見つけるまでトライアンドエラーですね。

No title

>就職予備校
もったいないですねー。せっかく学費を払っているのに有効活用されなんて。4大卒というブランドだけが欲しいって事なんでしょうか。

>ひたすら命令
副業を禁じたり、サービス残業を強要するとかがすぐ思いつきます。電通の高橋さんの事件が象徴的でした。24歳、あの美貌で;

>がんじがらめ
この辺は「金持ち父さん 貧乏父さん」にラットレースと称して書かれてますね。影響を受けました。

>小学校中学校の教育
これは憂慮すべき大問題なんですけどね。じゃ自分の家庭で教育する!?となると、そうもいかなくて歯がゆいところです。

Re: No title

>masaさん
4大卒のブランドが欲しいだけでしょうね、またそれが生きる時代でもあった。
副業禁止も本来おかしな話ですね、やりたい人はどんだけ働いてもいい。
家庭での教育をどうするか、これから考えないとなあ。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク