初めてのリゾートバイト体験記(悪かった点)

(2017-06-13)
初めてのリゾートバイト体験記(良かった点)
昨日の記事の続きです。

ここからは悪かった点を挙げます。

・とにかく仕事がキツい
働いてカネをもらうのだから当たりまえですが、1日中立ち仕事なので体力的にはキツいです。
レストランは頻繁に上げ下げをするので重いものをもって歩きまくりです。
考えようによってはカネをもらって運動できるとも言えるので、そういう人にはお勧めです。
僕は1月にぎっくり腰をやっているので腰がキリキリ痛むのが怖かったです、やはりこの手の仕事は長期ではやりたくないですね。
フロント業務など重たいものを持たない仕事ならややラクかもしれません。
レストランなので裏方では生ごみにも接しまくりなので異臭にも常に付き合います。

・人間関係が悪い
レストランはお客さんにはニコニコいらっしゃいませの笑顔満載のイメージがあるでしょうが、内実は結構ひどかったです。
従業員同士喧嘩もしょっちゅうあるし、新人の相手などしてられるかとばかりに無視、ぞんざいな扱いは当たり前です。
正社員や古参のアルバイトで一種の村社会を形成しており、新人は入り込めない状況です。
複数人から色んな指示を受けて誰のいう事を聞いていいかわからずとか、理不尽な流れで僕も何度か怒られました。
人間関係でメンタルを病んだ人にはできないでしょう。
中にはいい職場もあるでしょうが、色んな経験者の話を聞いている以上、どこにいってもこんな状況の可能性が高いです。
今の正社員が辛いからといって安易にリゾバには逃げないほうがいいです、もっとひどい可能性があります。

・変則勤務
良かった点のシエスタの裏返しになりますが、朝は6時代に集合して勤務、昼前には解放され、そこから何時間もの休憩をはさんで夜は17-18時あたりからの勤務となります。
このリズムが体にあうかどうかです、僕は割とすぐ対応できましたけど。
夜遅く働いて、翌日も早朝勤務になるので、仕事が終わってから一杯というわけにもいかないです。
僕は酒に弱いのでもちろん夜に飲むことはありませんでした。
かといって昼の長期休憩の間に飲むかといったら酒が完全に抜けるほどの時間もないのでそれもできないです。
つまり余程酒に強い人でなければ労働日に飲酒をすることはなく、休みの日だけに飲むことになるでしょう。
もちろんリゾバによっては朝から昼にかけてずっと働いて夜はまるまる休みというパターンもあるでしょうけどね。

・時給が安い
衣食住がほぼタダなので実質的には悪くないのですが、時給はかなり安いです。
時給1千円を超えるものはほとんどないでしょう。現地で知り合ったバイト仲間によると北海道や沖縄などの遠方になると700円台も珍しくないそうです。
交通費は出るものの現地までの移動時間で時給は発生しないのでその時間も無駄ということになります。
それでもカネを使うことがほとんどないので、長期で滞在すればかなり貯めることはできるでしょうね。

・娯楽が無い
当たり前ですが、温泉街や行楽地は東京のような繁華街はないし、図書館なんかもあるわけはないです。
そもそもリゾート地のホテルや旅館は最寄りの街までのアクセスもかなり悪いと思うので遊びに行く気もおきない場所が多いでしょう。
なので長期の場合はWIFIルータやノートバソコンを持っていくことをお勧めします、娯楽はネットのみ。
手持ちのWIFIがその場所で入るかどうかは事前に要チェックです。スマホでのテザリングでもいいですね。
今回は社員寮でWIFIが無かったのでかろうじて入る4Gでスマホを接続していました。

・寮がボロい
これもどこにいってもたいていはそうでしょう。
お客さん用の部屋じゃないんだから、労働者の居住施設なんかカネはかけないし手抜きもいいところです。
東南アジアの安宿を渡り歩ける人なら大丈夫ですが、それでも遊びではなく、労働者としての滞在なので人によっては気分が滅入ることでしょう。
かつての昭和のタコ部屋労働者の気分はこんな感じなのかなと思いました。
狭くて汚い、とにかく労働で疲れた人が部屋に着きざま倒れて眠る場所だと思えばいいです。

・食生活が不安
食事代がかからないのはいいですが、無料か格安の社員食堂を利用するので食べ物が偏りそうです。
僕は普段自炊をしているので野菜を生で大量に食べるのですが、こういった社食は僕に言わせれば外食同然の内容です。
野菜不足は間違いないでしょう。
安いだけに食材もどんなものを使っているか分からないです。
食の健康面を気にしている人には無理ですね。
でも普段から毎日安い外食してるのでそこは気にしない、という人ならいいかもしれません。

悪い点はこんなところです。
次回の記事ではその他感想を書いて今回のリゾバ体験記を終わりにします。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

貴重な情報ありがとうございます^^

基本、私には絶対無理と理解できました。

今の方がはるかにましのようです。

やるなら若い時が良さそう。
これができるなら、他の仕事も耐えられる、という感じで。

Re: No title

>いろいろでセカンドライフさん
絶対かどうかは分かりませんが、意外とハードルは高かったですね。
慣れればハマる可能性もあるので、もし興味があったら一回くらいはどうでしょうか。

ウムム~(泣)

招き猫の右手さん、実に貴重な体験をされましたね。
リゾートバイトというと旅行気分でお金も稼ぐ‥というのが巷で言われていますが、やはり何事も体験してみないとその実態は分からないという事でしょうか。(汗)
う~む、記事の内容通りならば、これまで幾つかの職場で色んな体験をしてきた私ですが、短期ならばともかく長期やる自信はない‥ですね。(泣)

Re: ウムム~(泣)

>リトルドッグさん
ええ、貴重な経験になったと思います。
やりもしないでああだこうだという人がいますが、僕はやはりまずはやってみる派です、それからああだこうだ言いたい。
まだこの一件しか経験していないわけですが、バイト仲間の話を聞くかぎり、ああいうとこが多そうだなと。
仕事内容が体力勝負なのは間違いないので、その点はイヤですね。

No title

やはり良い点より悪い点の情報が分かることがありがたいです。

やはり人間関係は難しいですね、短期だからまだマシですがそれでも人間関係があまり悪くない職場がいいですよね。

貴重な情報ありがとうございます。

将来的に僕もするかもしれないので助かります。

ちょっとメインにしていくのは厳しいかもしれませんね。

Re: No title

>のんびり屋さん
おそらくどこの人間関係も似たり寄ったりはありえます、たまにいいところがあってもそれは珍しいのかも。
もしするにしてもこれだけが収入源ということではなく、多様な収入源の一つ、という位置づけがいいでしょうね。
よほどハマったら腰を落ち着けてリゾバで食っていくような生き方がいいのでしょう。

さすが招き猫の右手さん、素晴らしい記事です。
いやー、私もセミリタイアしたらバイト候補の1つと考えてましたが、完全に選択肢から消えました。
間違いなく速攻バックれますね。

貴重な証言ありがとうございました。

Re: タイトルなし

>カズさん
まあ僕の体験もたまたま最初の一つなので様相が違うものもあるでしょうけど、飲食店の仕事のハードさは一緒でしょうね。
試しに一回やってみてもいいとは思いますよ。

No title

ところで採用に至るまでの手続きとしては、面接とかあるのでしょうか。
もしくは日雇い派遣の例外(配偶者の収入とか)を使った派遣ですか?
まあ自分には絶対できなさそうな仕事なんで聞く意味あるのかと言われれば・・・なんですがw

Re: No title

>クラビさん
採用というか、登録があります。都心の事務所にいって登録してそこから正式応募となります。
もちろん電話とかでもいいらしいです、僕の場合はたまたま都心にいってもいい用事ができたので直接行きました。
基本的には人手不足で誰でもOKなので面接というようなハードルは無いですね。
まさに日雇い派遣の例外を使った派遣ですね。

非常に参考になります

非常に参考になります、ありがとうございます。
自分には無理だなぁ...
不便だし、自由が利かなさそうですね。
これ一例だけがすべてではないにしても...
なんとなく、自分には無理そうだなとわかりました。

Re: 非常に参考になります

>スイス鉄道のようにさん
自由はないですね、閉じ込められた労働者って感じです。
1度やってみるのも面白いと思いますよ。

No title

快適さを求めて人が集まる場所を提供するのは楽な仕事じゃないってことなんですね。私としては立ちっぱなしがつらそうですね。

Re: No title

>働きたくないさん
ラクじゃないですね、けっこう疲れました。
ただ単に立ってるだけならまだマシですが、ものを持ったり下げたりするのでその度に腰を曲げるからそこがキツかったです。

No title

招き猫の右手 様

体験リポートをありがとうございます。

リゾートバイトは結構、色々と難しいのですね。

私自身、リゾートバイトの経験が無いので、とても参考になりました。

Re: No title

>年金太郎さん
コメントありがとうございます。
ここ一件だけで全ての判断はできませんが、一つの参考例としてください。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク