初めてのリゾートバイト体験記(良かった点)

(2017-06-12)
この週末、金土日と3日間、初めてリゾートバイト行ってきました。
リゾートバイトは以前からしてみたかったのですが、なかなかチャンスが無く、
子供が産まれる前に一回行っておこうと思いつつ、それでいて妊婦を放ったらかして1-2か月行くのはあり得ないと奥さんから釘をさされていたのですが、たまたま短期のものを見つけて今回トライしたというわけです。

ブログ開設2周年
僕が初めてリゾートバイトに言及したのはこの記事でしたね、ようやく悲願成就というわけです。

本当は北海道や沖縄に行ってみたかったのですが、こういう事情であまり遠方には行けず、短期で首都圏から行ける比較的近場の観光地のホテルとなりました、そのレストランでのホール接客担当です。

長くなったので良かった点、悪かった点、その他感想で3回に分けて書きます。
今回は良かった点を並べてみます。

・(衣)食住、水道光熱費がタダ
これは予想通りです。
(衣)をカッコにしたのは、制服は貸与されるものの、普段着は当然持参する必要があるのでそこは自腹ということになります。
もっとも既に所有しているものを持っていくわけだから新たにカネをかけたわけではないです。
食については、アルバイトも社食を利用でき、タダで利用できることです、なので滞在中に食費を掛けたことはありませんでした。
社食のレベルは昔の学生食堂なみで上質とは言い難いですが、食べられないことはありません、腹を満たすだけなら十分と思います。
住居についても社員寮のようなところに滞在できるので当然タダです。
ただし良質で綺麗な環境というわけにはいかず、そこは格安の大部屋状態です。
僕のように東南アジアなどで安宿を渡り歩いてきたタイプなら全く問題ないですが、潔癖症のような人だと難しいでしょう。
年末年始やGWなどの繁忙期ではなかったので複数名ぶんのベッドがある部屋を一人で個室状態で使ってました。
繁忙期にはこれが満杯になるそうです。今回の僕のように繁忙期をずらしていけばラクに一部屋占有できる可能性はありますね。
独り者なら賃貸の契約をせず、こういったリゾートバイトを渡り歩く生活も理論的には可能でしょう。
水道光熱費も全く取られなかったので賃貸契約をせずにリゾバを渡り歩けば生活コストは激安になります。

・通勤時間が圧倒的に短い
社員寮から勤務地のレストランまで歩いて数分なので当然ながら満員電車に揺られることもありません。
通勤電車嫌いの僕としてはこれはポイント高いです。

・カネを全く使わない
東京などから向かう場合、現地までの往復交通費も出ます。ただし立て替えが多いので一時的には払う必要がありますが。
現地についたら仕事以外は特にやることがありません。
娯楽もほとんどないので全くカネを使わないです。
給料は安いですが、カネが貯まると思います。
3日間滞在してカネを出したのは後述する水、温泉代、くらいで1千円もいきませんでした。

・水が美味い
これは現地の水が美味しいという意味ではありません。
1日中立ち仕事でヘトヘトになるので、夜、仕事が終わったあとに自販機で買って飲むミネラルウォーターがめちゃくちゃ美味かったです。五臓六腑に染み渡る、とはこのことです。こんなに水が美味しいと思ったのは何年振りでしょうか。
仕事あがりならビールでもかっくらえばいいのでは、と思うかもしれませんが、翌日も早朝から仕事があり、酔っ払って遅刻はしたくないので3日目の最終日まで酒は飲みませんでした。

・格安で利用できる設備がある
僕が働いたところは温泉があり、社員アルバイトは格安で利用できました。通常のユーザーの利用料の半額以下でした。
どのリゾバにも大抵はこういった特典はあるようです。
とはいえ僕は余りカネを使いたくはなかったので、この温泉を利用したのは最終日だけにしました。
それ以外は社員寮の簡易なシャワーやお風呂で済ませました。

・シエスタが気持ちいい。
つまり昼寝です。
ホテルのレストランは朝と夜にシフトを組まれることが多く、早朝働いて、夜にまた働くといった感じです。
ということは数時間のかなり長い昼休憩があります。
特にやることもないので寮に戻って昼寝してました。
この昼寝が最高に気持ち良かったです。

・自分の旅行や移動とからめるとさらにオトク
例えばですが、自分の実家方面のホテルや旅館でリゾバを探せば帰省の交通費がある程度浮くことになります、小銭稼ぎついでに帰省するという考え方もできます。勤務終了後、そのまま実家に帰ればいいのですから。勤務終了後はただちに帰宅して領収書を提出しないと行けない場合は出来ないですが、実際にはそこはユルいようで、リゾバ終了後にそこをスタート地点として自分の旅行をしてる人も結構いるみたいです。ただし自宅にまっすぐ帰らないわけですから自分の私用の旅行をしてから帰る途中とかに怪我等をしても通勤災害の適用は微妙になるでしょうね。そこは自己責任になるのでしょう。

良かった点は以上です、
次の記事では悪かった点を書きます。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

派遣やリゾバって簡単に見つかりやすいのはやはり都内だからでしょうか?
リゾバは楽しそうな面と繁盛記には死ぬほどしんどそうなイメージがあります。

Re: No title

>クロスパールさん
逆に都内でしか働いたことがないので地方でどのくらい仕事が得やすいかが分からないです。
少なくとも都内ではいくらでもあります。
今回のリゾバは繁忙期をずらしていったのでそれでこの忙しさだから繁忙期ならもっと大変なんだと思います。

No title

社会人になってから友人が年末の休み期間にスキー場でバイトしましたが、二度としないと行ってました。タダでスキーする計画だったらしいが。

Re: No title

>たんちんさん
はは、なんとなく分かります。
でもタダでスキーはできるだろうし、目的があるなら我慢は出来そうですけどね。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供無し

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク