今の時代、家を買うのはやっぱり怖いな

(2017-04-07)
先日は旧友二人と会ってきた。

二人とも家を買っているが、この10数年の間にかなり環境が変わったという。
一番は価格。
当然ながら同様の地域の価格がどんどん下がり、気がついたら同条件の新築で1千万くらい値下がりをしてるという。
この10年賃貸でやり過ごして今買っても金銭的に同じだったのだ。
しかも今現時点で同様の新築が手に入るわけだからそのぶんだけ遅らせたほうが良かったと言える。

もうひとつは時代の変化による装備の陳腐化。
20年近く前に購入した友人はインターネット時代を考慮して、ということで各部屋にモジュラージャックを装備したそうだ。
しかしそこから時代は流れ、、、もはや電話回線でのダイヤルアップなど誰もしてない。
一回も使ってない部屋もけっこうあると。
これも技術革新によるどうしようもない側面なのだが家を購入する際のリスクと言える。
家を買うときは数千万単位の出費になるのでこのくらいの追加費用は軽くみてやってしまう。
今後も同様にいらない装備が一杯でてくるだろう。10年後20年後のことなんて誰にも分からない。

また子供ができる前提で部屋数を確保したが、結果的に子供ができなかったのでそれらの部屋は完全に空室になってしまっているらしい。
ならばAirbnbなんかで貸せばいいと思うのだがそれも怖くて嫌だという。
なんとも辛い状況だね。

高度経済成長下、人口増加基調なら住宅価格はどんどん値上がりするので無理してローンを組んででも買ったほうがいいが、今はその逆。都心の一部高級エリアを除いて基本的には居住用不動産の価格など日本全国で右肩下がりだ。
どんどん値下がりする環境であれば購入は先送りするか、最後まで賃貸という手も十分有効だ。

子供ができればちょっと広めに引っ越せばいいし、その子供が巣立ったらまた夫婦二人のキャパの部屋に移ればいい。
そしてどちらかが先に逝けば、残った一人はワンルームに移ればいいのだ。
最後のワンルームの期間がそこそこあれば金銭的にもこちらのほうが安くあがる可能性も十分ある。
その間、装備の陳腐化等も一切気にする必要も無い、自分の持ち物じゃないし。
もちろん地震などの自然災害や住環境の変化も関係ない、住めない、住みたくないエリアになっても引っ越せばいいだけ。
人口減少基調にある日本では家など先に延ばせば延ばすほど安くなっている。
買うにしてもずっと後でいい。

購入か賃貸かは永遠のテーマというが、
現状の日本、ということなら賃貸にややぶがあるなと思う。

中古住宅で、競売で安く入手して、しかもその居住エリアが10年20年変化がなく、などのかなりの好条件じゃないと購入のほうが有利なことはもはや無いだろうと思う。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まったく同感ですね。
経済的方面、年々変わるライフスタイルを考えると若い時に家を買うということは特にメリットはないと感じます。しいて言うなら、やったぞみたいな精神的なものになるでしょうか。

Re: No title

>クロスパールさん
精神論ですかね。家を持ったら立派みたいな。
僕らはそういうのと無縁だからいいですね。

No title

ウチは安く買えたので10年でペイできます。あと5年ほど。

元々田舎なんで当面は大して変化なさそうだし売る気もないけど、それでもたまに不動産サイトで評価価格を見てしまうのは何故?w

Re: No title

>プライアさん
そうですね、あとは固定資産税とか修繕費とか持ってるがゆえにかかる費用とか手間とかがありますからね。
賃貸だったら周辺価格もそれほど気にならないですね、もっと安いならまた引っ越してもいいかというくらいで。

No title

あまったキャッシュがあれば買えばいいんだと思っています。
必要性を感じなければ賃貸でいい。特にこれから物件はあまる方向になると思えば特に。

1つだけあるとするなら、賃貸用の物件は壁が薄かったり、またあまり自分で弄れなかったりします。それに不満がなければ問題になることもなかろうとも。

どんな家でも、数日もすれば慣れてしまう人も少なくないかと。
そう思えば、家以外の何かを充実する方がコストの使い方としては適当かなとも。
金額が小さくないからなおさらかな。

※中古の優良物件が買えるなら、それがベターだとは思いますが。

Re: No title

>煙々さん
買うとしてもローンはばかばかしく、キャッシュでしょうね。
しかも中古の優良物件で自分がそこから一生離れない、また住環境もここなら悪くはならないという前提でしょうね。
なかなか狭き門だと思いますが該当があればもちろん買うのがいいと思いますね。
僕の場合はあちこち移動したいのでまず買わないかな。。。

No title

私の親世代は、ほとんどの人が家(一戸建てやマンション)持っているんですよ。
私も例外ではないけど。

その不動産を相続しなけりゃならないのに、
さらに自分の不動産持つのは、
もういらないでしょ^^

都心部で、極めて利便性が良くて、管理がしっかりしていて、妥当な価格なら、マンションでも一戸建てでも購入考えるけど、それ以外ではリスク高くて^^;

Re: No title

>いろいろでセカンドライフさん
そうですね、ウチの親も持ってますね、おそらくそれが合理的な選択だったんでしょうね。
その次の世代である我々はもう過去の常識で行動する必要はありません。
ほとんどの不動産はリスクが高いですね。。。

No title

こんにちは、はじめまして。

家を購入する時の決め手のひとつに子どもが出来てから(または少し大きくなってきてから)というのがある(あった?)そうですが、何故なのかずっと疑問でした。
子どもは家が持ち家だろうが賃貸だろうが気にしないと思いますし、子どもが巣立ったら使わない部屋はどうするのだろう、と。

私も招き猫さんと同じく賃貸派です。

でも、どうしても一軒家が欲しくなった時や、万が一歳を重ねて賃貸に住めなくなった時(そんなのあるかどうか分かりませんが)の為に、貯金・資産運用してある程度のお金を確保しておく必要はあるかなと考えています。
「一軒家買ったつもり貯金」とでも名づけてみたりして(^^)

Re: No title

>通りすがりの人さん
そうなんです、子供は住んでる家が賃貸が持ち家かなんて考えていませんし、むしろ大きくなったら引っ越すほうが楽しいし合理的です。
今は空室だらけで大家が困っている時代なので高齢だから貸さないなんてことはないそうです、是非どうぞ住んでください、みたいですよ。
家をかったつもりの資金をため、それを資本市場で回転させたほうが効率は良いように思いますね。

今の時代は災害のほかに隣人トラブルもあるのでいつでも逃げられる賃貸が賢いと思います。
せっかく建てた家の隣にキ○ガイやヤ○ザみたい人が住むようになったら目も当てられないです。

Re: タイトルなし

>あすなろさん
隣人トラブル怖いですねえ。
今の時代はコミュニケーションが無いだけに突然キレられて何をされるか分かりませんね。。。
賃貸はいつでも動けるのがいいですね。

No title

>1千万くらい値下がり
きゃー、1年間に100万ずつ目減りした勘定;私のクルマも買い取り価格が下がり続けていますが、マイホームの比じゃないですね。

>モジュラージャック
今では光回線やWiFiですから陳腐なのは否めないですね。頻繁にネット取引をしているトレーダーの中には非常用としてADSL回線も保持している人もいるそうです。

>子供ができる前提
これはフライングでしたね;別棟ならまだしも、2Fを簡単に他人に貸すわけにもいかないんでしょうね。

うちの親もそうでしたけど、重い病気や怪我をすると、施設や病院に生活の場を移すようになります。これから家を手放す世帯が続出するでしょう。

Re: No title

>masaさん
はい、自分の事情で引っ越すこともありえるし、居住用不動産が余り始めている今の日本の市場で無理に買う必要はないと思います。
手放さざるを得ない人から格安に買うか、格安に賃貸でしょうね。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク