男がカネ次第なのは自分で自分の首をしめている結果

(2017-05-07)
男が結婚できるできないはカネ次第

長くなったので分けました。

さて、男の結婚がカネ次第だとすると、これは何がいけないのでしょうか。
いや、そもそもいけないことなのでしょうか。
まったくもって問題ありません。
カネを稼ぐ男=優秀、とするなら優秀なオスにメスが集まるのは自然の摂理であり、むしろ正しい流れです。
競争原理が働いてます。優秀なオスの遺伝子ほど残りやすくなります。
だから僕はまったく問題ないと考えています。

年収が上がれば上がるほど相手が見つかる、これは残酷な事実です。
また海外との比較をするとこの傾向は日本でより強いようです。

結婚がカネ次第なんて許せない、と感じる男性もいるでしょうが、ちょっと待ってください。
この状況は実は男が招いている面もあるのです。

日本の価値観が保守的なのは周知の事実です。
未だに家庭は女が守るもの、とか、家で料理などの家事をしてほしい、とか、結婚したら仕事をやめてほしい、とか
こういうことを言ってる男っていませんか?
声高に言わなくてもあきらかにそういうそぶりだったり態度ににじみ出ていたりしても同じことです。

であれば、
女性が結婚相手に年収や資産などを要求するのは当たり前です。
だって結婚したら仕事やめないといけないんでしょ、キャリアを捨てろっていうんでしょ。
女だから家事をほぼ全部やれ、とか言うんでしょ。
育児も全部女性ですか?
だったら稼げよ、クソが!
と言われても仕方がありません。
まさに特大ブーメランですね、自分で自分の首をしめている結果です。

僕が現代の日本女性だとしても同じこと言うでしょうね。

だからこの保守的価値観の強い日本社会で、男が発想を変えて料理洗濯掃除でも何でもするよ、という風に変わらなければ、
男は年収が高いほど結婚はしやすい、という状況は少しも変わりません。

日本の男の家事参加率が異常に低いことも分かってます。
若い人にもっと結婚を、というなら男の発想や態度をもっと変える必要があります。

逆にいえば料理掃除洗濯なんでもする男になれば、俺の年収は関係ないから、ということも可能です。
女性に堂々と共働きを要求できるし、経済的には間違いなくラクになるでしょう。
結婚も割とすぐにできるでしょう。

ただ前回も言ったように、僕は結婚制度自体がこれからの社会にはどうでもいいことだと思っていますけどね。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

記事を見てそうだ、そうだ!と何度もうなずきました。
いち女性として深く共感しました。

なんでしょうね、この保守的な考え方は。
自分の周囲では30代以上の男性でこういう考えを持つ人が多い印象を受けます。
(あくまで個人的な感想です)

女性は無料で家事や育児、介護をしてくれるのではありません。
→それをしてくれるはあなたのお母さんだけです。

女性に家事・育児・介護を求めるならば、それに見合った報酬を払わねばなりません。
→ だったら稼げよ、クソが! ですね(笑)

残念ながら一人暮らし経験のある男性でもいざ結婚すると、女性に家事育児介護の全てを求めてくる男性がいます(僕も時々手伝うよ、というのですね)

ところで、未だにこういう保守的な考えが残っている理由の一つに、女性が稼いで同等の給与を得ると男性のプライドが傷つくから、男性の見栄があるからというのがあるのかと思ったのですが、招き猫さんはどう思われますか?







Re: No title

>通りすがりの人さん
コメントありがとうございます。
ええ、30代以上はもちろん年齢が上がるほどこの傾向は強いですね。
せめて一人暮らし経験の長い男を捕まえるべきだと思いますが、結婚したとたんにやらなくなるならたまったものじゃないですね。
そこはやはり事前によく話し合うべきなんでしょうね。
仕方なくイヤでもやっているのか、苦もなくむしろ楽しんでやっているかどうかで見分けはつくでしょう、僕はもちろん後者なので、今でも炊事はほとんど僕がやっています。

それはいわゆる下方婚というやつですね、男の方が立場が上でなくてはならない、だから収入にしろステータスにしろ女性は自分より下でなくてはならないという考え方、、、ほんとにバカな男達ですよね。
それで傷つくプライドなんてクソ以下です、しかもそのプライドのために自分が頑張って稼ぐならまだしも収入が低い女性を探すとか相手に辞めてもらうって、あなたの結婚相手探しはゴミ拾いですかと言いたくなります。
僕だったらちゃんとおカネを稼ぐ価値の高い女性を探しますね、僕は家事は半分かそれ以上やりますので、どうぞ頑張って稼いでください、というスタンスです。

No title

お金と結婚の記事、非常におもしろいです。

自分は、結婚するかしないかは、当事者の好きにすればいいとは思ってます。

ただ、なぜ結婚したい男性女性が多くいるのか、理由がよくわかりません。
好きな人といっしょに暮らしたければ同棲すればすみます。
炊事・洗濯・料理は、高性能な家電製品がほとんどやってくれます。
信用されやすい等の世間体や、子供にとっては両親が結婚している状況が望ましい、というのはあるかもしれませんが、
今後の世界でそんな価値観が続くとは思えません。

結婚したいと言ってる人たちは、ほんとに結婚のメリットデメリットを比較衡量した上で、結婚することが自分の人生の幸福の量を増やすことにつながると思ってるんでしょうか。

保守的な男性の考えはあまいと思います。

Re: No title

>フミオさん
はい、当事者の好きなようにすればいいと思います、しろ、とか、するな、とか大きなお世話はいりませんね。
同棲で事足りますね。
まさに世間体とか常識とかそういうものが支配しているんでしょう、いずれ無くなるでしょうが。
結局損得勘定のほうがよほど強い動機になるので今の若い男女は結婚しないわけです、分かりやすいです。
保守的な男はどんどん時代に取り残されていくでしょうね。

No title

おお、さらに過激に^^

オスとしては、グローバルではヒエラルキーが最低の日本男性。
その上に、家事やらないんですから。
金が無くなったら、即、詰みですねwwww

ブサイク、スタイル悪い、力ない、低身長、足短い、金が無い、家事やらない
ウン、ダメですね^^

Re: No title

>いろいろでセカンドライフさん
ほんとカネが無くなったら即詰みのタイプは多いです、それでいて男尊女卑を引きずっているんだからどうしようもない。
何か一つくらいは長所無いとねw
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供無し

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク