男が結婚できるできないはカネ次第

(2017-05-06)
書き始めたら長くなったので3回に分けてやります。

これは事実でしょう。

男が結婚できるかできないかはカネで決まります。
みもふたもないのですが、仕方が無いですね。

ただ僕は、お前も結婚しろとか、結婚もしないやつは認めない、という旧態依然で結婚絶対主義者の老害じゃありません。
むしろ結婚なんてどうでもいい制度だと思ってます、こんなもの100年後には無くなっているでしょう。
だから気にすることはありません。
しかし現状では未だに結婚したいと言ってる人が周囲に多いんですよね。
そして自分が結婚してない、できない理由を顔に求める男がいる。

いわゆる、自分はブサだから駄目だとか、ただしイケメンに限る、というやつですね。

こういう人は自分が結婚できない理由がカネ(収入、資産など)にあるとは思いたがらない。
自分の顔のせいにしたがる。
理由は簡単です。
顔の問題ならこれは生まれた時から決まる先天的なもので自分の努力の範囲を超えている。
つまりあきらめがつきやすいし、他人のせい(この場合は遺伝子とか親とか)にできる。
モテるための努力をする必要もなくなる。

しかしカネだとどうでしょうか。
医者や弁護士などの高給取りは明らかに結婚できている。
これは統計上からもはっきりしています。
こういった高給取りになるには若いころからの激しい受験競争を勝ち抜いたり、大学に入ってからも国家試験に邁進したり。
苦労の末、その道を得た人が多いです。
また超一流起業の出世タイプもそうです、努力してます。
スポーツ選手も人並み外れた努力をしています。

この人たちはモテ、結婚ができ、そうじゃない努力不足で低収入にあえぐ男は結婚できない。

これは残酷な事実であり、モテない理由を他のせいにできないという意味で二重に過酷な事実であります。

だからせめて自分がモテないのは顔のせいだ、イケメンはもてるんだ、という逃げ場所を探すんですね。

しかしこれは生産的じゃないです。
現状の日本で男が結婚したいなら今すぐ高給取りになる道を模索するべきです。
手段は犯罪以外ならなんでもいいです。
とにかくカネを稼げば女は寄ってくるのです。
でもみんな努力が嫌なんでしょうね、だから顔という努力外にあるものを理由にしたがるのです。

上記にあげた医者弁護士スポーツ選手エリートサラリーマンにイケメンが多いですか?
中には居ますが、そんなに多くはないですよね。
そこにあるのは高給取りという事実だけです。
できることならこれらの人の奥さんをずらっと並べてみると分かると思います。
一部例外?はあったとしても、基本的には綺麗だな、若いときは綺麗だったろうな、という人ばかりでしょう。
彼らは選び放題だったんだろうなということが分かるでしょう。
分かりやすい例ならトランプみたいな薄毛中年のおっさんでもモデルをとっかえひっかえできるってことです。

これら高給取りの職業別や、もっと露骨に年収を軸にして収入が上がれば上がるほど男の婚姻率は上がるというデータは色んな統計で出ています。

極論ですが、イケメンや心の綺麗な男であっても、ホームレスなどは女性には結婚相手どころか最初から話す対象にすらなりません。
でもいますよね、ホームレスにイケメンも心の綺麗な人も。
だから顔でもハートでもないんですよ。

ようはカネです。

というわけで、僕の身近にもし結婚したいという男がいたらとにかくカネを稼ぐことをお勧めしています。

スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

一理ありますね

単にイケメン、ビジュルアル重視ならば、一般人よりも芸能人(売れていない者も含む)が一番でしょう。
私の知人に東京で役者している者います。
浅草のマルベル堂でブロマイド撮影をした当時は「絶対に売れる!」と太鼓判を押されたぐらいのイケメンでした。
当然、当時はモテまくったと思いますよ。
が、未だに独身です。
理由は‥やはり収入の問題でしょうね。(泣)
然も若い時、唯一の売りだったルックスも精神面の荒れや加齢により変貌してきております。(当人には間違っても言えません)

ところで「お金なんかなくても何とかなるから、早よ結婚せいよ~」と非常に無責任発言する者もいてます。(老害に多い)
私も独身の頃はよく言われてました。
当時は、ホントに割に合わないぐらいの薄給だったので、「ここに勤めてる間は無理だ!」と反発してました。
で、結婚して子供いないと今度はそっちの方を突いてくる輩(やはり老害)いますからねぇ。(泣)

Re: 一理ありますね

>リトルドッグさん
うんうん、まさにそうですよね。
女性がカオ重視なら俳優志望のイケメンなんてバンバン結婚できるはずが、そうではないのだから。

老害はほんと困りますね、自分の旧態依然の価値観で時代も変わっているのに押し付けてくるし、それが間違ってないと思ってるだけにやっかいなバカです。
反論してもキレ出すのも多いし、適当に流すのが一番なんでしょうね。

No title

結婚とは「男の金と女の顔(若さ含む)の等価交換」という記事を見たことがあります。

己のDNAを残すために、オスはメスに卵子のフレッシュさを求め、メスはオスに食料(現代では金銭)調達能力に秀でた異性を望むのでしょう。

男の芸能人が10以上歳の離れた若い女と、付き合ってるだの結婚だの不倫だのでワイドショーを賑わせていますが、逆のパターン(女が名が売れてで年上)はほぼ無いですからね。

No title

結婚に関しては全くそのとおりだと思います。ただ、恋愛や恋愛結婚となると、一定レベルの容姿は必要だと思ってます。マー君レベルの経済力や強さがあれば別ですが。全く選ばれない立場の自分でさえも、極端に容姿の低い女性は視界に入らないですから、逆もまた然りでしょう。

自分も退職前は職業(安定性も含めた総合評価)・資産ともに地元では平均以上はありましたので、ATM契約としての結婚の機会はありましたけど、そんな結婚に魅力を全く感じなかったので早期リタイア1本に目標を絞ってました。でも恋愛できる立場の容姿・コミュ力があればどうだっかなあ。

もうセミリタイアしてるので、自分の好きなことを追求して生きて行くのみですが。

そうなんですよね。

売れない俳優、または俳優志望のイケメンの既婚率って本当に低いですよ。(泣)
やはり女性側もその辺はしっかりしているのか、結婚相手となると経済力ある方を求めるのかもしれませんね。(汗)
実際に女性の方が男性よりも現実的とは聞きますから。
そして貴殿が申す様に高収入が見込まれる
医者、弁護士、税理士、エリートサラリーマン等の既婚率は非常に高い。(イケメン率はそうでもない?!)
この方々は、寧ろ独身である事が珍しがられるぐらいで前職の顧問税理士なんて独身というだけでゲイ疑惑まで出てましたから。(真偽のほどは不明)
これが、低収入独身者だったら、単にお金がないから~で済む話が。
お金あって独身だと、そんな見方をされる?!


Re: No title

>ズンドコベロンチョさん
なるほど、その表現はまさにその通りですね。
芸能ネタからも、この話は妥当性がありそうですね、ほんと男はいくら年食っててもカネさえあればなんとでもできるし、ゴシップネタはそれを物語っていますね。

Re: No title

>クラビさん
恋愛と結婚はまた別物なんでしょうね。
そういう意味では恋愛段階ではイケメンと交際し、結婚段階となると今度は収入資産で判断する、という女性が最強ですねw
リタイアしたらあとは自分の好きなことを追求するのがいいですね。

Re: そうなんですよね。

>リトルドッグさん
おっしゃる通り、イケメン俳優でも売れてなければ結婚できないわけで、やはり一番重要視されるのはカネだということなんでしょうね。
しかし結婚しないからってあれこれ勝手な詮索をされるのはたまったものではないでしょうね。

No title

酷ですがカネがすべての決定権を握っているのが現状です。
私も結婚制度にはどうでもいいのですが、なぜか結婚したい男女は一定数いますよね。
結婚したい男女に共通しているのは、お金を増やしたいと考えているけど何もしない人たちと非常によく似ていると思います。

Re: No title

>クロスパールさん
カネがかなり重要な要素なのは間違いないですよね。
結婚にしろ何にしろ、何かやりたいことや目標があるのに何の努力もしない人っていますよね、そういう人に結果がついてくることはあるわけもなく、ただ時間だけが過ぎている感じです。

No title

うーん、少なくとも婚活市場だとお金があっても結婚しやすいとは限らない気がします。

収入が多い方が結婚までたどりつく可能性は上がるとは思いますが、年齢が35前後までくると男も厳しくなってると感じましたね。

私は34歳から1年ぐらいかなり婚活頑張りましたが、年収が高い事で有利になったと思えるようなケースは感じませんでした。(今は熱が冷めてしまって婚活してませんw)

年収が高いにこしたことはないですが、それ以外のウェイトが自分の想像以上に大きいのではないかと、個人的体感では感じました。

あくまで婚活市場の話且つ、個人的な感想ですが・・・。

No title

ズンドコベロンチョさんも書かれていますが、私も似たようなことを聞いたことがあります。
評価できるものの総量が概ね同じなら。年齢、容姿、お金、学歴、勤務先等々。
億を超えた資産があり、結婚したいと思って結婚できないのは、何か大きなマイナス面があるのかもしれません。

Re: No title

>ぽぽさん
うん、もちろん個別の話では色んな経験談はあると思いますよ、全員が100%の話ではないです。
ただこの記事で語っているのは全体的傾向の話ですので、統計的に年収が上がるほど婚姻率が上がるのは事実ですから。

Re: No title

>煙々さん
億を超えた資産があれば結婚には絶対的に有利なはずですね、しかもなおかつ結婚願望がある人でそれでできないのは確かに何か大きなマイナスがあるのでしょうw

No title

おお、そのものずばりな記事ですね^^

自由主義資本主義の日本の場合は、結婚には金、が最も大きな要因でしょうね。もちろん、資産規模がどのぐらいか、仕事の中身は、外見は、なんてことにも左右されますけど。あともちろん、結婚したいのかどうなのか、というのも大きいけど。

一夫一婦制や婚姻の強制力が強くかつ、自由主義資本主義で、医療や社会保障が娯楽が発展し安定した社会では、ある程度以上の資産がある場合、結婚の利点はあまりないように思います(より濃い血縁者に資産引き継ぎたいと考えるなら別だし、妻にオシメ変えてもらえる、なんて幻想抱いて結婚する人今どきいないでしょ^^、金あるなら施設に放り込んだほうが合理的)。
何しろ、他にもっと楽しいことが多すぎる。

性差別が強く婚姻の強制力が少ない未発達の社会なら、資本力(権力とか武力でもよいけど)と結婚は極めて強烈に結びついていると思います。

もし将来、長期安定した不安の少ない平等社会が訪れれば
異性間の結びつきは、娯楽の一つになるでしょうから(すでにそうなりつつありますね、なにしろ、異性間のお話は巨大なマーケットですから^^)
その時は、外見とか性格が重要になるでしょうねww
乱婚化ということかな、まぁ、婚姻なんて化石になるでしょうけど

これ書いてて、さえないおっさんの私は、なんだか、情けなくなりました><

Re: No title

>いろいろでセカンドライフさん
うん、結婚とか異性がくっつくのは趣味とかになっていきますね。
かつて結婚システムによって支えられていたものは色んな制度で代替されそうです。

No title

まったくおっしゃる通りですね。

異論の余地はありません。

僕のように結婚する気がない男でもセミリタイア生活を送るためにお金が必要なのですから。

Re: No title

>のんびり屋さん
この世はなんにしてもカネですね。
そこを直視できない人は、それが結婚にしろリタイアにしろなんにせよ問題解決することはなく、ただ愚痴を言うだけの人生になるわけです。
現実を認識してしっかり努力すればいいわけです。

No title

そうだね~
ズバリ、お金が全てですw
若い頃は、将来株価が上がるかギャンブルできるし、
こりゃダメだと損切りもできるけど、
この年齢になればもう元気ありません。
結果が見えてますね。
お金がない男は、パスです! シビアですw

Re: No title

>祝詞婆さん
そうですよね。
カネが無い男は相手にされません、これが現実だと思います。

No title

カネといっても、年収ですかね?それとも資産額?年収を重視しそうな予感。

Re: No title

>しいたけをさん
年収も資産もでしょうが、分かりやすいのは年収でしょうね。
でも本当に有利なのは資産を持っていて低所得だと思うんですけど、それは早期リタイア者でもない限り理解されにくいですね。

No title

当たり前すぎる話ですが、この辺は動物のつがいを作る場合の判定基準と変わりませんね。

たとえば、顔の良し悪しで好き嫌いといった感情が揺さぶられるのは、感覚をつかさどる臓器が集中しているのが顔だからで、顔が左右ずれなくパーツが整っているということは遺伝的に優秀であることの裏づけでもあるからです。
原始の時代から若さや顔のよさ、お金を持っていることに好意を持てた個体が生き残ったということなんでしょう。
この辺が影響して、特定の体の部位(例えば女性なら顔のほかにも胸や尻の大きさ)が子孫の出生の容易さや生存率に関わるので注目されがちだったりしますね。

さて、リタイア願望のある人が高給の時に結婚して、急にリタイアしたら妻の側の目論見のズレが出て調整が難航しそうです。
招き猫の右手さんはその点は順調そうですが。

Re: No title

>namake_taioさん
そうですねえ、左右対称は美の基準というのはどこかで聞いたことがあります。
全て理にかなったことなんですね。

リタイア願望は先にいっておかないとそろばん勘定でしっかり結婚相手を決めたつもりの女性にキレられますね。
その点、元からしっかりサラリーマンでは無かった僕はやりやすかったです。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク