みんな自転車乗ろうぜ

(2017-01-12)
自転車はやはり素晴らしいなと思います。
歩くよりはずっと早いし、それでいて化石燃料等は使わない。
一説によるとエネルギー効率は自動車の5倍くらいあってあらゆる乗り物や移動手段の中でダントツに効率がいいそうです。

廃棄物という意味では製造段階で多少は出るものの、使用時にはほとんど出ません。
自転車こいでる人間が屁をこくくらいでしょうか。
製造段階の廃棄物にしても自動車よりはずっと少なさそうです。
自動車はエンジン、ブレーキ等にオイル交換がかなり必要だし、洗車なんてあんなにしてたら水道も使いまくりです。
廃車になったものの処理も自動車のほうがはるかに手間もコストもかかるでしょう。
自動車に比べたら自転車がはるかにエコなのは間違いないと思います。
自分は意識高くてエコに気を使っているから、、、という人がスーパーに持参の袋を持っていっても、そのスーパーにクルマで買い物にいってたら、おいおいアホか、という話になります。

また健康面でも国民の運動不足が問題になっているなか、移動を自転車にすればある程度の運動になります。
エネルギー効率がいいだけにかなりの距離を乗らないと運動にはなりませんが、逆にいうと家から数キロ内くらいのスーパーなら自転車でいったほうが運動になるということです。
田舎の人間のほうが糖尿病などの発症率が高いのは自動車に依存して歩く等の運動を全くしないからだとも言われます。

雨の日はどうするんだという話ですが、雨の日くらいは家にこもってもいいんじゃないでしょうか、あるいはどうしても出かける必要があるなら自転車用のレインコートを持つ。

最近話題になっている高齢者の誤運転事故も自転車ならある程度減少するでしょう。
免許はそもそもいらないし、自転車なら仮に事故を起こしても本人が死ぬか、せいぜい1人を巻き込むくらいです。
クルマのように数人巻き添えにするなんて自転車では往年のジェッキー・チェンばりのよほどのアクロバットじゃないとできませんから。

道路の渋滞についても自動車よりずっと幅が狭いので、一人で運転する車が減れば渋滞解消にもなるでしょう。

よほどのど田舎とか、都市間の移動とか、ある程度長距離移動だけを鉄道やバスにして、都市内の移動は自転車中心にすればいいのに。

行動範囲が何十キロもあるという米国のような環境ならこれまた仕方がないですが、日本の場合都市部なら大抵自転車で済むくらいの範囲になんでもあるでしょう。

維持費もクルマよりは圧倒的に安く、カネが浮きます。節約にもなるし、節約家でない人も他の消費に振り向けられます。

上記にあげたようにほとんどデメリットは無いように思います。
デメリットといえば大きくて重たいものは運べなくなりますが、それは運送を頼めばいいだけです、街を走るクルマはほぼそこだけに集約されることになります。

もっとも健康増進やエコその他の理由で自動車を手放して自転車にしましょう、なんてことは自動車業界から広告をもらっている既存メディアは口が裂けても言えないでしょうから、これは気づいた人から順次やっていくということになるでしょうね。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ワタクシは大の自転車派ですよ。週に最低でも4日は乗っています。
そもそも車の運転が嫌いなので、移動は基本自転車ばかりです。小回りは利くし、いつでも気軽に利用でき、維持費がほとんどかからないし、ある程度の荷物も前かごと後ろかごに入れて移動できるし、まさにいうことなしです。
もちろん事故を起こさないよう安全運転も心がけていますし、信号もきちんと守っています。

Re: No title

>6割主夫さん
いいですねー、自転車ばんばん活用していきましょう。
安全運転も大事ですね。
僕も車の運転は好きじゃない、というかもう20年くらいしてないので今更は運転したくないですね。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供無し

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク