働くべきか働かざるべきか、それが問題だ

(2017-01-05)
To work or not to work.that is the question...

すいません、言ってみたかっただけです。

それにしてもこのハムレットの原文は英語で読むとさっぱりわかりません。
いや、日本語で読んでもわかりませんな。。。

昨年はリタイア後のゆったり感を楽しみ、休息十分、たまには働くか、と年末からバイトをしたが、
やはり自分はリタイアを決め込んだ身。

このまま働き続けてよいものか、とたまに考えるわけであります。

To be or not to beは現状のままでいいのか、それともあたらしい状態になるべきなのか、という意味のような気がしています。
つまり今の状態をやめて新たなことをしていいのかと。
その場合、リスクは伴うしロスがあるかもしれないし、答えは無いかもしれないけど、それでもやるのかと。

この問いに対して、To beを選択する人がいつまでたっても辞められない人の典型なのでしょう。

僕は新しもの好きな冒険野郎なので、適当にnot to beを選んで行動していきます。

労働の意味もいろいろあるなと思いますね。
生きるために労働するのは苦でしかない。

自分の都合のまま、自分が楽しんで働くぶんには心地いい面もある。
仕事が趣味だという人の気持ちも分からないではありません。

遊んでいたらいつのまにかカネになっていた、というのが理想です。
ブログもそんなツールの一つですね。

to change or not to changeでもいいと思います。
変化を嫌わず、新しいことを楽しんでいくのが自分の生き方です。

2017年もこんな感じです。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

哲学的、to changeが好き

仕事=趣味な人生

私の周囲にはいませんが、そういう者は本当に幸せですね。
尤も趣味と実益を兼ねるとなると、どうしても特殊な仕事になります。
サラリーマンで仕事が三度の飯より好きだと公言する者は、なかなか居ないでしょうし、そんな事言うと胡散臭く思われるがち。(泣)
でも、歌とか芝居とか芸術とか発明とかだと、仕事=趣味発言も普通にありそうだし認知もされやすい‥
それで食えるかどうかは別ですが。(汗)
でも、どちらが幸せかは言うまでもないですよね。


Re: No title

>たんちんさん
たまにはよくわからないことを考えてみるのもいいものです。

Re: 仕事=趣味な人生

>リトルドッグさん
ええ、好きな事してそれがカネになったらそれが一番ですね。
世の大半のサラリーマンはそうではないのですが。

No title

「To Be or Not to Be」
40年ぐらい前に、相川欣也さんがプロミスのテレビCMでハムレットに扮して
やっていました^^良く見ていたんですよ。
今ググったら有りました。
https://www.youtube.com/watch?v=K5brNV2AH9E
懐かしかった。

多くの人は「 Not to Be」を望みながらも
「To Be 」という、これまでの途を踏襲してしまうんでしょうね。

「Not to Be」は、困難な途に感じるのかもしれません

Re: No title

>いろいろでセカンドライフさん
へえ、そんなCMがあったんですね、記憶にないです。小さかったからかな。
困難ととらえるのではなく、希望とか目標ってとらえると変化は楽しいはずなんですけどね。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供無し

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク