自動翻訳がまだ難しいと思う理由

(2016-11-05)
最近NFLの記事をESPNで読みながらツイートであげている。
誰のためでもなく自分の英語の勉強のためであるが、これがなかなかはかどる。
好きな分野はいくら読んでも疲れないね。

最近は自動翻訳ソフトが出てきて、それがなかなかの精度だという。
音声認識もかなりのレベルになっているとか。
そのうち、翻訳機がものすごく優秀になって通訳も翻訳家もいらなくなるそうだね。
そうなったら今の自分の英語の勉強も無駄で、翻訳機を使えばよかった、というだけのことになるな。
でもそれはまだまだ起きないなと思っている。起きてもかなり将来の話だろう。

国際会議などの重要な場では今でも人の通訳がついてるし、やはり細かいところは人間でないと訳せない、言語とは非常に奥深いものだ。
センサーの精度が良ければ自動的に走れる車とはワケが違う。言語が機械に置き換わるのはまだまだ先。

学生の時、英語の授業で印象に残っている一件がある。
当時、ミネラルウォーターのCMで田舎の川べりで先生役の女性と生徒役の女性が遊んでいて、生徒が先生に
「先生、キスしたことありますか?」
と尋ねるシーンがあった。

その時の授業ではこのシーンをとりあげ、教師は生徒の一人に、これがアメリカだったらどういう表現になるかと訳させた。
その生徒(今も僕の友達)は、
Have you ever kissed?
と訳した。
うん、何の問題もない、単語もあってるし、文法的にも問題ないよね。
僕もそう思ったし、その教室の多くの生徒もそう思っただろう。

でもその教師はニヤリと笑って、Have you ever kissedを黒板に書いた。
そうだよな、やっぱりそう訳すよな、でもこれは僕の期待通りの間違いだ
と言ったんだよ。
なかなか嫌らしいやり方だなとは思うが、解説を聞いてなるほど、と思った。

以下は教師の説明
-------------------------------------------------------
アメリカならどう訳すかって聞いたろ、アメリカってNYなどの都市部を除いてすごい保守的なところだよ、CMでは片田舎の学校の設定で女生徒が女性教師に聞いてるわけだ。
田舎の保守的な価値観、女性は男性からのアプローチを待つ生き物という常識、それが当然前提になければいけない。
この場合、女性は「キスする」ものではなく、「キスされる」ものだ。
だから正解は
Have you ever "been" kissed?
だろう。
Have you ever kissed?ってどんだけ男勝りの積極的生き物なんだよ。
NYのキャリアウーマンでスーツ着て、男同様の積極性があってもなかなかない状況だぞ。
-------------------------------------------
と「been」を黒板に書き足したんだよね。
受け身にしたわけだ。

うーん、なるほど、これはまいった、と思った。そして面白い、と思った。
beenがあるないで、これだけ意味が違ってくるんだね。
このことからも分かるように、訳というのはそんな単純なものじゃない。
2言語の単語や表現のデータベースを持っておいて、単にマッチングさせて似た表現を持って来ればいいんでしょう、ということじゃない。
その社会、文化などの膨大な背景があって、この状況なら、こう訳さなければいけないという、とてもとても曖昧で奥深いものなのだ。
2つの言語は文化背景が全く違う言語だから、片方にあって片方に無い表現もある。
そして言外の意味もある、いわゆる行間を読むとか、前後関係を使っても意味が違ってくる。
また会話なら、文字上はその意味でも、声のトーンや、表情をみたら皮肉で言ってるだけなので実は意味は逆になる、とか。
言語とか会話とはそんなことだらけなのだ。
とてもても曖昧でいい加減で、ものすごく人間臭い。
これが機械にはまだまだ難しいところだろう。
あらゆるものが自動化されたりコンピュータに置き換わっても言語、コミュニケーション分野が完璧に近くなるのはおそらくかなり後のほう。
これからあらゆる職業が自動化されて職を失っていくなかで意外と営業職が残るという話もある、それは営業が人と会話をし、言外の意味をくみとったり、胸先三寸とか、阿吽の呼吸とか、コミュニケーション分野だからだ。

もちろんテクノロジーはあらゆるものを超えていくので、自動翻訳もいずれはかなり完璧に近いものができるでしょう。
でもそれはまだまだ先だと思っている。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

現状じゃあ機械は人間の微妙なニュアンスを表現することはできないでしょうね。
でも通じないってわけではないので、それなりに活用用途はあると思う。

Re: No title

>クロスパールさん
現状では物事の説明書とか、裏の意味も皮肉も何もないただ説明してるだけの文書からでしょうね。
人と人との会話とかを自動で訳するのはまだまだハードルが高すぎます。

No title

粋な先生ですね。
英語の試験であれば正解な気もするし、向こうに行っても実際通じてしまうと思うし。

Re: No title

>ビックマック大好きさん
ええ、なかなかいい話だったと思います。
言葉って面白いなと思いました。

No title

>通訳も翻訳家もいらなくなる
英語を勉強しているので関心のあるところです。でも別にプロを目指しているわけじゃないので、個人的な旅行とか会話が楽しめればいいなくらいで。今は良い暇つぶしになっています。

>人間でないと訳せない
Google翻訳を利用していますが、やはり訳が変。AIをもっと活用できないのかなと思います。

>される」もの
生まれたと訳すときもI was born.であり、I born.という表現はないそうです。

TVで若い外国人のカップルが屋台で何か買っているのを見たのですが、男の方がスマホに何かをしゃべって、それを店の人に聞かせているシーンがありました。あれは自動翻訳なのでしょうね。タイ語は馴染みがないから頼ってしまうかも;

Re: No title

>masaさん
完全に自動翻訳できるのはまだまだ先ですよ。
旅行や軽い会話程度なら勉強したほうが早いでしょうね。
僕は翻訳ソフトを使ったことがなく、世間が完璧になったぞと言い始めたら使おうかと思ってますw

タイ語は文字がややこしそうですね。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク