マルちゃん正麺(味噌味)の感想

(2016-10-23)
マルちゃん正麺を初めて食す
マルちゃん正麺(塩味)の感想

に続いて第三弾、今回は味噌味だ。
画像はネットから拝借
1308_seimen_miso.gif

いつものウエルシア20日のTポイント1.5倍デーで購入、今回は割り引いてなかったので、普通に400円近くした。
それでも1.5倍デーの33%オフをすると、270円弱なのでそこらのスーパーの特売並みに安い。

昨日はサッカーを見にいって、友人たちと飲んでいい感じに帰ったので、まさにラーメンタイミング。
飲んだ後のラーメンって美味いしね。

食べた印象は、、、うーん、普通の味噌ラーメンであるw
袋から出したスープの素がかなりドロっとしていて絞り出すのがちょっと面倒。
相変わらず普通に美味かったが、特に印象には残らず。
今のところ僕の評価は
塩>醤油>味噌
である。

味噌が不味いということではなく、味噌味の場合、他との差が付きにくい。
それはおそらくインスタントラーメンの味噌はどれもかなり濃いからだ。
マルちゃん正麺は麺がウリだと思うので、これだけスープが勝ってしまったらその良さが相対的に薄くなるのではと思う。
こういう濃い味噌味で食べるならもっと激安のヘロヘロ麺のラーメンでもいいと思うのである。

そういえばこの日、サッカー友人と飲んだ時に、最近のインスタントラーメンの進化がめざましいという話が出た。
店舗のラーメンはもう食べなくなった、という人もいたよ。
今、ラーメンって外で食べたら800円-1,000円くらいするしね。
そこまでカネを出したわりには不味いな、というのに当たることが多く、いつしか外では食べなくなり、インスタントに落ち着いたそうである。
インスタントラーメンのほうが費用対効果で満足度が高いみたい。

こういう人が増えたらますますデフレになっちゃうけどね。

次回はまた、別な味のリポートをしたい。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どの味噌ラーメンを食べたって味噌ラーメンは味噌ラーメンです。

節約生活にはとにかく安いのが一番です。

僕もインスタントラーメンの費用対効果は抜群にいいと思います。

No title

今日、私もマルちゃん正麺味噌味を食べました。
個人的にはインスタントラーメンで十分です。インスタントではないけれど、値上がりする前の幸楽苑の醤油ラーメン(確か280円位だったような)が好きでした。とてもシンプルで逆に美味しかった。
ご指摘の通り値段の割にはというのが多い気がしますね。

Re: No title

>のんびり屋さん
味噌に関しては激安品でいい気がしました。
ただ、これまでの経緯で書いているのですが、あえてちょっと高い贅沢品を味わおうという趣旨でやっていることなので、
塩や醤油はこれからはマルちゃんという高級品?を買おうと思ってます。

Re: No title

>ビックマック大好きさん
本当においしいなら1千円出してもいいんですが、そういうのって少ないんですよね。
店舗の激安ラーメンだとそれこそインスタントでいいやになってしまいます。

No title

ウエルシアの20日はこれまで2回に1回は正麺かラ王を割り引いてたんだけど、今回は初の2回連続割引なしで購入見送りとなりました。ポイント消費したいくせに、ケチだなと自分で感じる部分ですねw

Re: No title

>プライアさん
僕は逆に今回が初めて割り引いてなかった価格でした。来月はどうなるんだろう。
ポイント消費したいのに割高と思ってしまうと躊躇しますね。
このウエルシアの買い物でも他のスーパーとの価格を必ずチェックして33%オフでしっかり安くなるのかは注意してます。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人(予定)

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク