本当にやりたいことを見つけたら他人のことはどうでもよくなる

(2016-10-29)
本当にやりたいことを見つけなさい。
とはよく言うが、この本当にやりたいことなんてそうそう見つかるもんじゃない。

ましてや本当にやりたいことがサラリーマンなどでは無いはずだ。
皆が本当にやりたいことを探し始めたらサラリーマン社畜をやる人がいなくなって社会は混乱しそうだね。
それでもサラリーマンの中には自分はやりたい仕事をやっていてプライドもあるという人が結構いるが、
たぶん自分に嘘をついてると思う。
もちろん一握りの人でそういう人はいるし、その人はかなり幸せだと思うけどね。

おそらく大抵の人はサラリーマンなんてやりたくもないはず。
結婚したとか子供を養うとかで、しょうがなくやっているわけで、
でも毎日しょうがなくやっているなんて認めたくないから、仕事にやりがいがある、なんて自分に言い聞かせている人が多いよね。

小学生のころの文集などの将来の夢とか、そこに何を書いてるか見たらわかるはず。
ほとんどの人は、「そうりだいじんになってにほんをよくする」「うちゅうひこうしになってちきゅうをいっしゅう」「さっかーせんしゅでわーるどかっぷでとくてんおう」とか書いてるわけでしょ。
日本中あるいは世界中のヒーローに。
で、大人になっていくに従ってそれらの夢は非現実的で自分にそこまで才能がないことを知っていき、
妥協に妥協を重ねて、ようやくどっかの会社のサラリーマンという人生に落ち着いているわけだ。
今の状況が昔から本心から望んだ状況であるはずがない。
いしゃ、べんごし、しゃちょう、ならまだ望み通りいってるほうかな。

小学生の文集で、「さらりーまんになって、まんいんでんしゃにのって、かいぎに出て、はんこもらって、ざんぎょうして、どうりょうといっぱいやって、じゅうたくろーんをかえして」とか書いてる奴いる?

だからこれらの一般的サラリーマンは本心では不満足な人生を送っている可能性が高い。

でも働くだけの人生だと諦めるんじゃなくて、少しでも節約して投資もして、この不満足な人生から早く抜け出したいと思って実行しているのが早期リタイア界の人たちだ。

僕はたいしてやりたいことも無かったが、本当にやりたいことがいつからか早期リタイアになったので、今の自分にはそこそこ満足。

いわゆる社畜というのではなく猛烈に働いている人でも面白い人はいる。
そういう人は純粋に仕事を楽しんでいる人で、多くは雇われではなくて経営者だね。
この人たちはリスクを負いながら自分のやりたいようにやっているし、そりゃ飲んでいても話が面白いし楽しい。
こちらがリタイアしたといっても拒絶反応なく受け入れてくれるのもこういった人に多い。
お前の人生なんだから好きにしたらいいじゃん、というわけだ。
自分自身が好きに仕事しまくって生きているから、その部分では実はつながっているんだよね。
僕が働けと言われるのが嫌いなのと同様に、彼らも働くなリタイアしろと言われるのはイヤだろう。
お互い好きにやっていて、相手に価値観を強制しないから全然問題ないのだ。

そりゃダメだよ、仕事しないでどうするんだ、男は働かないと、と説教してくるタイプはいわゆる雇われの社畜タイプに多い。
自分が嫌々の人生を過ごして、毎日やりたくもない会議だの残業だのをやっているから、自由に生きてるこちらを見ると腹が立ってくるのだろう。
だからこの手の働けアピールは半分嫉妬なんじゃないかと思ってる。

猛烈に働こうが、蓄財して早期リタイアしようが、
自分が本当にやりたいことをやっている人間は他人のことなどどうでもよくなり、自分自身に満足した良い人生になるのである。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「まんいんでんしゃにのって」のくだり、最高でした


とはいえ、自分の子供が将来の夢に

「そうきりたいあ」とか「こやぐらし」とか

書かれても、困ってしまいますw

親なんていい加減なもんですね

No title

ご意見に賛同。

ウォーレンバフェットのように、仕事が楽しみで、オフィスまでついスキップしてしまう人って少ないと思う。

自分が居心地のよいポジションにはまることが大切な気がします。

Re: No title

>消費しないピノキオさん
そこらへんは、大人になって苦しさも味わって経験してから希望するようになるんですかね。
最初から目指す子供はなかなかいないでしょうね。

Re: No title

>ビックマック大好きさん
バフェットはそこまで仕事が好きなんですね、それはそれでうらやましい限りです。
人生は好きなことをやっているのが一番。

ゾンビ型社畜

社畜であることはある程度しかたないことだと思います。
そういうふうになる下敷きが日本の学校教育の中に確実にあるからです。
しかし、後輩に社畜たることを強制する先輩、と言うのがよくいるのです。
このことを何処かで「ゾンビ型社畜」といっていて、なるほど!と膝を打ちました。
私が一つ目の会社をやめたときにはまだ社畜という言葉がなく、
何だこの人は???と思っていましたが、当時「ゾンビ型社畜」という言葉を聞いたらスッキリしたでしょうね 笑

また、親とか教師というのはとても困った存在で、
「夢を持って」とか言いながら、ほんとうに夢を持とうとする子供の夢を潰すことに必死になっていたりします。
その帳尻合わせがほとんどの子供が「公務員になりたい」と言い出していることに象徴していると思います。あれもだもこれもだめ。公務員になりたいといえば満足なんでしょ?ってことですよね。
多くが公務員になれば社会が回らないことは明白です。生産性0ですからね。
子どもたちは大人のダブルバインドに呆れているのでは。

他人の目を気にするのをやめる、ことから第二の人生が始まるような気が致します。

Re: ゾンビ型社畜

>清水っ子さん
はい、全くその通りだと思います。
子供が将来の夢に、こうむいん、と書くようになったらもうおしまいでしょう。
ゾンビ型の社畜は他の人間にも噛みついてゾンビにしたがるんですかね、タチが悪いですね。
他人の目がどうこうより、自分がいかに満足して自分の人生を送っているかが重要ですね。

No title

自分の人生、生き方に心から満足してると、他人(パートナーや配偶者も含む)の生き方をその人の選択として理解し尊重できるようになると思います。
そういう意味において、私も「他人のことはどうでもいい」です。

Re: No title

>nanaさん
自分のことで頭一杯だし、楽しいし、人の事はどうでもよくなるんですよね。
あなたが楽しいならそれでいいよ、と寛容になります。
寛容じゃない人はきっと何かと戦っているんでしょうねw

No title

人間社会のしがらみの中で生きてると、
やりたいことをやるって、簡単なようで、簡単じゃない。
特に若い頃は、家族を含め周囲の人の反対を押し切ってまで、
自分のやりたいことをやっていいのか・・・ってね。

この年齢になって、ようやく、少しだけどやりたいように、
やれるようになりました。

Re: No title

>祝詞婆さん
まあそれはありますね、最初からしがらみ一切なく自分の人生作れる人もそうそう居ない。
だから皆途中で気づくんでしょうね。
僕も本当にやりたいようにやるのはこれからです。

子供の頃、小学校で‥

私の場合、当時の担任に将来の夢を聞かれて「芸能人!(少しどや顔で)」と答えたら「もっと真面目に答えなさい」みたいな事を言われましたね。
「えっ、でも夢なんだよね?!夢を聞いてきたんだよね?」と思ったりしました。
基本的にお堅い職業の回答を求められていたという訳なんですよね。(泣)
学校の先生、サラリーマン(大企業)、商社マン、銀行員、役人‥とかですかなァ。(汗)
当時はどれも全く興味無かったですねぇ。
あっ、今もですかな。(苦笑)

Re: 子供の頃、小学校で‥

>リトルドッグさん
うん、まさにそういうことなんですよね。
学校が生徒の自由を奪ってる、社畜になるように誘導してる。
これが日本の教育システムですね。

No title

僕はやりたいことがみつけられずにサラリーマンって書いちゃいましたね。
でもそれが本当にではなかったなあ。
先日、甥の文集を見ましたがサラリーマンが何気に多く、
どういう心境なのか気になりましたね。

Re: No title

>ゼロさん
そう書かせるような夢の無い教育をしてる学校も多いですからね。
その甥っこも実際はどうなんだと聞いてみたいですね。

No title

「さらりーまんになって、
の部分面白いです。

経営者になると書いてたんですけどねぇ・・・

Re: No title

>センチさん
けいえいしゃ、ならかなり思い通りにいってるほうかな。
早期リタイア者もけいえいしゃみたいなもんなんで、そこを目指しましょう。

No title

ははっ(笑

まぁ、普通そうでしょうね~。
私自身は、やりたいことを大学前に見つけて、それに向かって動き、そして就職しましたからね。たぶん、異端者だ(笑

大変なときもあっても楽しみつつやっている社畜も、もう慣れたものです。
逆に、楽しいからこそ、リタイアできないという弊害が出てきているな~っと。ま、社畜ですから^^

Re: No title

>煙々さん
それはかなり幸せな生き方でしょう。
多くの人はなんとなく周囲に流されるまま就職して今に至る、でしょうから。
仕事が楽しいならそのまま辞めないほうがいいと思います。

No title

>社会は混乱
やりたくないことをやってくれる人がいないと、世の中が成立しない気がします。だから逃げ切り世代の高齢者は、若者の待遇改善なんて心の中ではしなくていいと考えていると思います。貧乏続きなら嫌でも働かざるを得ないですからね。

>自分に嘘
そう思いたい、思わないとやっている事が無意味になってしまうという理屈もあると思います。大体、雇われの身で自分の裁量で好きなことには限界があります。

>やりたいこと
あ、ひとつ疑問が解けました。世界一周なんてのもポピュラーですね。

>雇われではなくて経営者
いましたよ、過去にモーレツ社長が…朝の訓示からして長い;『上場する』と『即やれ』が口癖でしたね。最期は増資募集しまくって、上場どころか、出資者を裏切って倒産しましたw

>価値観を強制しない
強制するのが、学校なり文科省なのでしょうね。いい加減、ベルトコンベアーの作業員を育成するがごとくの"矯正"は止めようという感じです。

>説教してくる
義理の兄弟にいます…生まれ育った環境も、経歴も真逆といっていいので、当然考え方も真っ向にぶつかります;あとは当人の葬式くらいか、関わるとしたら。

>他人のこと
他国の事が気がかりです。こっちは平和に過ごしたいのに、ミサイル発射、領土の侵略、解決済みの問題を蒸し返したりと、日本の衰退につけ込んで牙を剥いてきます。最悪、住めなくなったら海外に行きます。

Re: No title

>masaさん
自分の同世代ふくめやりたくもないことをずっとやってくれて感謝してもいいですね。
教育システムはむしろ考えることを奪うためにあるのでしょう。
説教する人間とは距離をおいて適当がいいですね。
隣の問題児国家たちはどうにもならないですね、民度が低いんでしょう、成熟した個人や民主主義が無い。
日本はタカられるだけですが、状況がひどくなったら僕も海外は考えてます。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク