年会費無料クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険について

(2016-10-18)
来年2月ごろに海外旅行を予定している。
ここ十数年、旅行に行く際に保険を掛けたことがないのだが、クレジットカードに付いているので良しとしていた。
結局保険を使ったことは一回も無いのだが。

年会費無料のクレジットカードの海外旅行保険は自動付帯ではなく利用付帯がほとんどなので注意が必要。
自動付帯はカードを持っているだけで無条件で常に保険がついていて、利用付帯はそのカードで公共交通機関などの支払いをして初めて保険適用になるというもの。
年会費無料のクレジットカードはたいてい後者の利用付帯である。

公共交通機関とは航空機の他、電車、バスなども含まれるので、航空券はもちろん、成田までの電車賃やバス代をカードで買ってもOK。

自分が持っているカードの保険を調べたらなんとyahoojapanカードはこの海外旅行傷害保険がついてない。
利用付帯とかでもなく、とにかくついてない。
このカードはそのかわりショッピングガード保険が無料でついているようである。
これは事前に調べて良かった、これから航空券の決済にyahoojapanカードだけは使わないようにしよう。

自分の保有するカードでは楽天カードかリクルートカードを使うことになりそうだ。
その比較表を作ってみた
insurancebycards2.png

こうしてみると楽天カードのほうがやや内容が良い。
障害治療、疾病治療、救援者費用がそれぞれ倍だ。
なお、合算の項目を作ったのは海外旅行傷害保険は2つを合算できるから。
規約には「2つ以上の保険に入っている場合は按分して・・・」とある。
もちろん按分はするのだろうが、結局合算はできるわけで、そこは問題なさそう。

ただし、死亡後遺障害だけは合算が出来ないようで、大きいほうが優先される。
この場合どちらも2,000万なので2,000万の数字でそのまま置いている。

と、ここから導き出される結論として、
・航空券の購入をリクルートカードで
・成田までの交通費を楽天カードで

という使い方が自分にとっては一番良さそうだ。
どちらも公共交通機関なので保険の利用付帯条件にあたり、両方の海外旅行傷害保険が適用となる。
ポイント還元率はリクルートカードのほうが1.2%と大きいので比較的金額の大きい航空券をリクルートカードで決済する。
死亡後遺障害以外は合算できるのでかなりお得になるね。

問題は同行者の奥さんの保険だが、このためにわざわざリクルートカードを作らせたり、航空券の購入を二人でそれぞれやるのは非現実的だしそこまではしなくてもいいだろう。
楽天カードは持っているようなので、成田までの電車賃かバス代をカードで払ってもらい、楽天の利用付帯だけつけてもらうようにしよう。

今後の海外旅行保険はこんな感じで行くか。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

確かYahoo! JAPANカードの保険は月額料金制の別売になっていたような気がします。

カードを作った直後はやたらと加入勧誘メールが来ていたような。

しかし月額料金を払ってまで使うものでもないですよね。

Re: No title

>観楓さん
yahoo!japanカードはこの点に関しては全く使えないカードでしたね。
別売りがあったんですか、要らないなあ。
でも楽天カードは海外キャッシングが強制リボになるなどあちらも非道な仕様があるので、一長一短ですね。。

No title

漢方スタイルカードとエポスカード年会費無料が確か自動付帯で、エポスカードはA8セルフバックから申し込めるはずです。

私はリクルート、漢方、エポスカードを活用してます。

Re: No title

>たんちんさん
おお、さすがですね、詳しいです。
エポスは聞いたこともあるんですが、なんかこれ以上カード持つともう管理が大変そうで、今のところはパスします。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人(予定)

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク