夫婦そろって自由人

(2016-10-11)
リタイアブログ村にはたくさんのブログが存在するが、このご時世独身がそもそも多い中で、
早期リタイアなどという酔狂なことをするのは圧倒的に独身が多いはず。
調べてはいないがリタイアブログ村もたぶん独身のほうが多いだろう。

そんな中、僕は既婚者で、ウチは夫婦そろってセミリタイアしてる。
いつかセミリタイアしようね、という打ち合わせがあったわけではなく、そもそも二人とも考え方が自由人だった。
逆に言えば二人ともサラリーマン向きではない性格。
奥さんのほうが2年ほど早く一足早く会社を辞めて自分の好きなことで稼ぐ自営業に移っていたので、僕が辞める時もスムースだった。
正直、辞められると家計収入として苦しいとは思っていただろうけど、自分が先にリタイアしているので面と向かって反対するわけにもいかず、だっただろう。

二人とも、特に僕は、まあなんとかなるという楽観主義である。
一人で1億以上持ってても不安だ不安だとリタイアできない人もいるのだから、その人たちから見たら5千万もないのに夫婦二人でリタイアしているのはキチガイじみてるだろう。

そして不安が先に走るタイプは1億あろうが10億あろうがリタイアできない。
当初のリタイア目標額を達成しても、そのたびに、これで大丈夫か、リスクの計算をもう少しシビアにしたら、と再計算しては心配性が先に立つので、おそらくいつまでもできないだろう。
そういう人はそれでいい、無理にリタイアして不安にさいなまれるくらいなら働いていたほうがよほどいい。
そもそも自由人向きの性格じゃないと言える。
自由とはそれと引き換えに安定要素を手放し、不安定要素をもらうことだからだ。

極端な話、資産なんて1千万くらいしかない人でもリタイアしているひとはしてる。
それをリタイアと呼ぶかどうかは別にして。
こういう人は僕よりもさらに自由人的性格が強いと言えるだろう。

自由を求めてリタイアするか、安定を求めて社畜を選ぶか、どちらにしても自分の好きなように人生を歩めればそれが一番だ。
その自分の好きなように歩むという意味で結婚はかなりのリスクを伴う。
もし相手が超安定志向の人間だったらリタイアなんてさせてもらえないからだ。
ここは宗教が違うくらいの溝があるだろう。
そういう意味では銀行員とか公務員とか、そういう堅い仕事の人は注意したほうがいい、相手はあなたそのものではなく、「銀行員や公務員であるあなた」が好きで結婚したんだからねw。
こういう人が早期リタイアなどと口走れば立派な離婚原因になるかもしれない。

リタイア願望者が結婚するなら、こういった事は必ず確認した上でしたほうがいいね。

スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

僕は間違いなく

「自由を求めてリタイアする」

を選択します。もう迷いはありません。

貧乏生活をしていれば1000万円の資産程度でもセミリタイアはできますからね。

僕もいつか必ずセミリタイアしてやります。

Re: No title

>のんびり屋さん
いいですね、どんどん突っ走ってください。
一人ならどうとでもなるし余裕ですからね。
貧乏生活はすっかり慣れたというか、これが貧乏という意識すら無くなります。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供無し

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク