貧乏人の味方サイゼリヤ

(2016-10-07)
サイゼリヤは、なぜ低価格を続けられるのか

久々に引用記事。

中のインタビュー記事を読むと、ようはキッチンを狭くしてそのコスト減であの低価格を維持しているらしい。
てことはこの厨房で働く人はぎっちぎちの狭い環境で働いているのかなあ。

僕もオフ会等で散々使いました。
この安さには感謝してます。

ミラノ風ドリアを頼んで、あとはドリンクバーで延々2-3時間しゃべるとか。
マグナムワイン1L頼んでポテトだけで延々駄弁るとか。
ちょっと申し訳ない使い方をしてきた。
良い子の皆さんはちゃんと高めのメニューも頼んであげてください。

もっとも一番安いのは家で自作だから、それには負けるんだけどね。
また自作のほうが豪華なものも自分好みの味のものも作れるし。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

昔のファミレスみたいに何度も水を注ぎに来るわけじゃないし、満席で別の客が待ってるなんて状況じゃない限り店は何も損しないんじゃない?このお店は粘っても不思議と罪悪感を感じさせず、またそれが落ち着ける理由なのかな。

No title

安いのはいいけど、料理は安かろう悪かろうですよね。
オフ会のように長時間スペース確保するにはうってつけの場所です。

場所によるかもしれないけど、店員がかなり不足している店舗もあるからそういった人件費も大きいと思います。

日本的な過剰サービスはいらんから低価格がいいよね!

Re: No title

>プライアさん
昔のファミレスってそうでしたっけ。もうしばらく行ってないので記憶がないです。
人件費を徹底的に削減しているんだな。

Re: No title

>クロスパールさん
まあ料理はお察しですよね。
駄弁るには最高です。
過剰サービスはいらないですね。

No title

ここに来てる方は同じハートを持ってると勝手に解釈してまして、そのせいか落ち着きます。出来るだけ利用して応援したい、先日も接待されたときに、ここを提案したら少しビックリされましたわ。

Re: No title

>たんちんさん
接待でサイゼリヤはビックリするでしょうね、でも同じ考えの人なら意気投合しそう。

No title

店舗が広いからこそかな~。客が待ちとなっていないから、こそだと。
でも、静かに本を読もうと時間つぶしのために入ると、五月蝿いのでもう無理(苦笑
女子高生やオバサンたちの集団はおしゃべりに。
男子高校生の集団は、ゲームしてた(笑
お子様連れの母親集団も時間に関係なくおしゃべりでした。

あまりオジサン達の集団みたことないですね。
どちらかというと、日高屋みたいな中華だと、オジサン集団による飲み会が。

住み分けされてますの~^^

Re: No title

>煙々さん
静けさを求めちゃいけないですね。
でも居酒屋に比べたら静かなほうだとは思いますが。
日高屋もずいぶん行ってないな、結局外食そのものをほとんどやめているので仕事での外出などが無ければほとんど外で食べることはないです。

No title

「ミラノ風ドリア」は安くておいしくて僕も大好きです。

というか安すぎですよね。

僕のような貧乏人にはありがたいことです。

あと、いつも僕のブログにコメント頂きありがとうございます。

招き猫の右手さんのようにすでにセミリタイアしている方のコメントは非常に勉強になり、参考になります。

これからも厳しいコメントお願いします。

Re: No title

>のんびり屋さん
安いですねえ。どうしても外で人と会うときの一番の選択肢ですね。
え、僕って厳しいコメントなんてしましたっけ?w
まあ適当に今後もよろしく。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供無し

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク