子供時代を振り返ればその人のリタイア適性が分かる

(2016-09-24)
リタイアしてほぼ1年たっているが、特段問題はなく、それなりに過ごしている。
途中職業訓練校に通ったり、軽くバイト始めたりいろいろあったものの、けっこう楽しい。

リタイアしたらヒマを持て余す、とか承認欲求が満たされず大変だという人がいるので、そういうこともあるのかなと思っていたが僕の場合はほとんどない。

このあたりがリタイア適性というものだろう。

小さい頃から一人でぼうっとするのが好きだったし、空を見たり、山を見たり、それで空想したり。
一人でぼけっとしていることに何の違和感もない。

ぼけっとしていると立派な大人になれないよ、とか言う大人が居ても、
いや別に立派な大人なんかなろうとしてないし、とか内心思ってた。
それを口に出したらまたくどくど説教されるのは分かっていたからハイハイと聞き流していたけど。

同じ子供でも精力的に積極的に行動しようとしているのが結構いたな。
いつも何かをやろうとしているというか、目的意識が高いのよ。
もちろんそれは立派だと思うんだが、僕はついていけないというか、ボケっとのんびりしてればいいじゃんって逆に不思議なくらいだったし。

で、僕の腕を引っ張って、ほら頑張ろうよ、これをやろう、真剣にやろう、みたいに誘うんだけど僕はイマイチ気乗りせず。
かといって全く興味を示さないと相手の気分を害するだろうから、こちらも適当にノってあげる。

思えば僕の少年時代はそんな感じだったな。

とにかくゆっくりぼけっとできていればそれが一番快適だった。

大人になってサラリーマンになって働くようになって20年ほど忙しい人生だったけど、
今ようやく本来の自分に戻っているわけだ。
これが本当の自分なんだよ。

いわゆる承認欲求もそんなに高くない。
認められたいとか、あまりないね、ゼロでもないけど。

世間にはヒマなことがいけないと思っている人もいるけど、僕はヒマでいいし、今の僕ならNFLのことを調べたり週末は競馬をチェックしたり、あとは本を読んだりネットしたりでもう1日が終わるし、ヒマといってもめちゃくちゃ楽しんでいる。
もちろん家事もやってるしね。

ヒマな時間にいくらでもやることがあったり、何もないときはぼけっとする能力。

こういう性質を持ってる人じゃないといくら資産があってもリタイアはしないほうが良さそうだね。
そういう人は死ぬまで働いたほうがいいよ。
カネはたまるし、人から認められるし、自分が社会の役にたっている立派な人だと思えて安心するだろうからね。

小さいころにどんな子供だったかを振り返れば自分のリタイア適性が分かるのではないか。

僕はとてもリタイア適性が高かったのだ。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

リタイア適正高い

招き猫の右手さんは自己が確立しているし
依存している感じがまったくないし
世間の価値観と自分の価値観の乖離なんて
本当にどーでもいいと思っているだろうから
リタイア適正はとても高いと思います

リタイア適正高いに一票

Re: リタイア適正高い

>消費しないピノキオさん
まさに世間のことがどーでもいいというか、自分の事を考えたり遊んだりしてるだけで一杯ですね。
逆に周囲の人はよく他人とか世間のことを気にすることができるなという印象です。

No title

いいですね~

純粋に人生を楽しんでいるというのが記事を読んでいるだけで伝わります。

僕も一人でいる時が一番好きです。

早くセミリタイアしたいです。

Re: No title

>のんびり屋さん
仲間や友人も大事ですが、一人でいることもまた人生だし、貴重な時間ですよね。
そのあたりをすべて自分でコントロールできるのがリタイアですね。
ぜひ早く続いてください。

No title

>>ヒマな時間にいくらでもやることがあったり、

素朴な疑問なんですけど、
やることがあるのであれば、
ヒマではないのでは?


>>何もないときはぼけっとする能力。

私、コレがまったくないです。
というか、ぼけっとしているのが大嫌いです。


私自身のリタイア適性が高いのか?
よくわかりませんが、
もう10年以上完全リタイア生活が続いているので、
まずまず高いような気がします。
テヘヘッ (*゚ー゚)>

Re: No title

>mushoku2006さん
まあそうとも言えますねえ。
ここでいうやることっていうのは仕事のようにそれを必ずしないといけないとか、いついつまでにやらなきゃいけないタスクのようなものです。
そういうのは無いけど、家事とかやれるならやってもいいものがあるという感じで。


リタイア適正が高くて良かったですね。

No title

招き猫の右手さんは飄々としてるから元々、世間とは距離があるような感じ、外国人のいい意味のノーテンキな風ですね、その点私は色々気になるたちで苦労する。

Re: No title

>たんちんさん
面倒くさい世間とは最初から付き合ってない感じですね。

No title

こんにちは。
リタイア適正は考えたことありませんでした。
最近思うんですけど、サラリーマンの会社員人生は他人に色々決められてしまう人生なんだと思います。
本人が努力すれば行きたい部署に行けたりもしますが、でも左遷や昇格、転籍など最後は誰か他の人に決められてしまう。
60歳になって気づくのでなく、若いうちに気がつきたいものです。

Re: No title

>ビックマック大好きさん
はい、すべては他に翻弄される人生になってしまいますね、その対価として安定した給料や待遇があるわけですが。
自由に自分でコントロールする人生がいいなら早めに気づくべきですね。
60になってからじゃ体が動かないですしね。

No title

>ヒマを持て余す
これは住む場所によっても違ってくると思います。大都市なら無料で楽しめる場所が多いと、どこかで読んだ気がします。私は、郊外の大型ショッピング施設を気分転換の場所にしています。

>小さい頃
絵をよく描いていました。それも茶と黒が多いものを;プラモデル作りや、釣りも好きでした。でも今は、どれもマイブームが過ぎてしまった感じです…新たに何か見つけたいです。

>20年
十分過ぎますよ。私なんか年金受給に必要な期間さえクリアしていないのですから。技術職の友人は同期間のキャリアでもって転職しました。

>適正
確かに性格は大きく関係しますね。長男ではないというものあるかもしれない。何か気になる事を調べていて、いつの間にか日が暮れていたなんてしょっちゅうです。時間を無駄に過ごした気にならないから構いません。

Re: No title

>masaさん
ショッピングモールもカネを使わないで散歩だけならいい娯楽ですね。
そういえばプラモデルって過去に1-2回作ったことありましたが、ハマりませんでした。。。あえてやってみる手も。
年金の受給資格期間は10年に短縮されたんじゃなかったでしたっけ。たぶんクリアしてるのでは。
好きな事を調べて時間を忘れるなんて幸せなことですよね。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク