婚姻率も雇用も気軽に切りまくることができたら上昇するよ

(2016-09-16)
日本は誰もが認める保守的な社会だ。
旧来型の常識を守り、それに疑問も持たず、かたくなに維持して変えようとしない。

結婚も同様に保守的な考え方が蔓延している。
結婚しなければいけないとか、したらこうならなければいけないとか、結婚とはこういうものだとか勝手に枠をはめてがんじがらめに。
そして、今の若者はそんな面倒なものならいらんわ、ということで非婚晩婚少子化まっしぐら。
結婚を厳格にとらえることが結婚を遠ざけているわけ。

もっと緩く考えてもいいんだけどな。
もちろん僕は結婚が第一の結婚主義者じゃない。
お前も早く結婚しろという結婚教カルトの老害は実社会でもさんざんバカにしてきたし、彼らを何度もキレさせた。
むしろ今でも結婚とかこんな制度どうでもいいと思っている。

結婚自体はどうでもいいのだが、かなりの割合で付き合っているパートナーもいないそうだ。
人生が完全に独り者。
僕は独身の気楽さが好きだったのでこれはわかるが、たまに会うくらいの彼女とかはいてもいいんじゃない?
でもそれをさせないのが先の保守的な社会なのよね。
付き合うこと自体ががまずおおごと、そして付き合う=結婚できるのかどうなのかを常に考えている。

もう頭の中が結婚結婚結婚、、、、みたいね。

だからかるく付き合って、合わなかったら別れるという選択肢がない、とても窮屈な考え方。
とりあえず付き合おうぜ、でいいのに。
付き合ってちょっと相手のことが分かってきたら、じゃあとりあえず同棲しようぜ、と進展すればいい。
でもすぐに付き合うなら結婚前提にみたいな重たい壁を持ち出して、じゃあいいわ、と相手を引かせる。

付き合うなんて、軽くお試ししてみて、ダメならやめりゃいいだけなのに。
なぜそう気軽に考えることができないのか。
一度付き合ったら別れるのが大変、やり直しは大変、切ることもできないって、なんかどっかで聞いたような。
と思って思い出したのは日本の雇用制度だ。
日本の労働法はかなり厳しく一度労働者を雇用したらなかなかクビにはできない。
労働者をものすごく保護していて、これは経営者からしたらたまらない。

だから下手に雇うことができない。
一度雇ってしまったら問題のある人間であっても別れることができないからだ。

そのせいで日本の雇用は非常に窮屈だ。そのせいで失業率も高いかもしれないし、ちょっとお試しで雇うことができない。
だから僕は正社員なんて制度はすべてやめてしまって、日本人全員が1年契約かそれ以下の短い雇用形態になればいいと思っている。
そうすれば雇用の流動化が起きて結局は雇用増につながる。クビになったってすぐに新しいところでの働き口がある。
でも今の法制度のなかでは企業は怖くて人など簡単には雇えないのだ。

話をもとに戻すと、最近の日本の非婚化もこんなイメージなんだなと思っている。
結婚があまりにもおおごとすぎて、重たすぎて、やり直しの効かない大変なことだと思ってるから、誰もやろうとしないって感じ。
ましてや一人でいても退屈しないくらい娯楽は充実しているし。

しかしそうしているうちに日本の離婚率もかなり上がってきているぽいから、いずれは考え方も変わるか?

付き合うとか結婚なんてやってみてダメならやめりゃいいだけ、というくらいの感覚になって初めて婚姻率が上がるだろうな。

その前に結婚制度自体が無くなるかな。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

確かに、恋人のいない若い人の言い分で、結婚したくても収入が低すぎて出来ないとかってよく聞きますが、付き合う=生涯の責任まで背負いこむというのは、まるで終身雇用制度そっくりですよね。

少しは、我々のように、結婚はしたけど、永遠のサラリーマン的安定まで保証した訳では無いからぐらいの開き直りが欲しいかもと思います。

付き合う=相手の人生まで背負うという価値観が古すぎる事になれば、今の過去最高を記録してる恋人いない率も少しは下がると思います。

Re: No title

>山中 一人さん
そうなんですよ、すぐに責任が、結婚には責任がってプレッシャをかけるもんだから若者がどんどん結婚から遠ざかってる。
そもそも今の時代に一方的に責任を背負って養うとかって何を考えているんだか。
良い時も悪い時も支えあう、むしろくっついたほうがラクかも、ダメだったらやめりゃいい、というくらいでないと誰もこの件について前向きにはならないでしょう。

No title

私は独身ですが、結婚より離婚の方が大変だと聞くのでそれで二の足を踏んでしまいます。
結婚して永遠に添い遂げなければいけないというのも重すぎますし。

でも独身でいることがラクで楽しくて、よほどのことがない限り今後結婚しようなんて思わない気がするんですけどね・・・。

No title

まいど!
この記事、嫁さんに見られたらキレられるんちゃうかと思いながら読んだよ。
結婚どころか最近は異性と付き合う事にすら興味が無いという変わり者が増えたな。
うちの従業員もいない歴=年齢(26歳)やけど探す気も無いらしい。
話しを聞いてると、どうも現実社会(ネット以外)だと他人とうまくコミュニケーションが取れないっぽい。一種の障害みたいな気がする。
余計なお節介やろうけど、歳取ったらどないすんねやろと心配になるよ。

Re: No title

>あけびさん
制度として重すぎますね。だからみんな敬遠するんですよ。
もういっそのこと結婚なんてシステムはやめてしまえばいいと思っています。
気に入ったもの同志が助け合う互助社会がいいな。

Re: No title

>JANさん
結婚するときにも当人には似たようなことを言ってますからねえ、特に何とも思わないかと。
最近の人が全く気にもしないのは異性だの結婚だのが面倒すぎてとうとうそこまでいってしまったかという事でしょう。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供無し

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク