日本人の奴隷性能の高さに驚く

(2016-09-04)
最近バイトをしているわけだけど、
日本人ってやっぱり勤勉なんだなーって思うことが一杯ある。

たとえば、仕事をしていて、管理監督者がそこにいなくても与えられた仕事を黙々とこなしているわけ。
やっていることはモノを入れたり、何かを記入したり、貼ったり、と単純なことなんだけど、
その場にいるアルバイト皆で協力もしちゃったりして、これらをかなり効率的に終わらせるのよね。
しかも正社員は自分の仕事で忙しいから指示を出した後はいちいちアルバイトには付き合ってられないから、そこにはいない。
監視者なんて誰も居ないのにだよ。

以前、ギリシャに行ったことがあるんだけど、その時、現地の人間は、「上司がいなければサボるのは当たり前だろ」的なことを言ってたのを思い出す。
パソコンがあるオフィスでは上司が居なくなった途端にyoutube見たり、遊びのファイルを開いたりするんだって、しかもほぼ全員が。

日本人は管理監督者なんていなくても真面目に働くんだな。

さらにすごいのは言われた仕事が終わったとき、自ら率先して管理者のところに行き、
先ほどの作業は終わりましたと告げ、次にやるべき仕事はなんですか?と自分から聞くんだよ。

で、言われた監理者が、ああ、それならこれをやってもらおうか、と何か仕事を持ってくる。
もし何もいわずにおけば、10-20分ボーっとできたかもしれないのに。
ヒマそうな僕らを見つけたときに管理者がやってきて、次は何をしてもらおうかなって考えるのがギリシャの流れかなとw
いや別にギリシャをDisってませんよ、たまたま思いだしただけ。

いるだけで給料のもらえる時給制なんだからさ。
こんな熱心に働く必要はないんだよな。

でも上記に書いたことは実は僕もやっちゃってる。
人がやっているのに驚きもしたが、自分もそう行動しているのにさらにビックリしたわけ。
恐ろしいな、この刷り込み。
僕だって奴隷養成システムである義務教育を受けている。
小学校中学校ではひたすら思考停止を叩きこまれ、教師には絶対服従、理不尽なルールや決まりがあっても異議を唱えてはいけない、というのを経験しているからね。
教師がみてないところでもタスクをこなして率先してやって当たり前、これをしていれば称賛されるし、していなければ祭り上げられる。
本当に義務教育の小学校中学校ってのは奴隷養成学校だと思うよ。

日本はこの奴隷育成システムが高度に発達していて、それでこんな理想的な?社会を作り出したんだと思う。

仕事をしていないとなんかヒマだなと思ってバイトを始めたが今後はシフトはほどほどにいれ、リハビリ的にやろうと思う。
だって毎日仕事を入れたら毎日真剣に働いちゃうんだもん、結構疲れるよ。
奴隷根性がまだまだ染みついている僕に、一切の労働をなくすのは急だし、逆にバリバリ働くなんて気はもうないから、この奴隷根性を少し満足させてあげるために週に2-3日ほどちょっと働く。

そして少しずつフェードアウトするように仕事を減らしていってもいいな。

自分自身に潜むこの奴隷根性に上手に付き合っていこうと思っている。

スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

僕は終了申告は微妙に調整していました。
確実に次の仕事を廻されるのがわかっていたし、
要領の悪いやつはやらずにすんでいるのが癪だったので。

適度に実績は作っても、こいつできる!なんて思われないように
していくのがベストだと思います。

No title

骨の髄まで染み付いてますので諦めてますけど、義務教育に問題があったんか、なるほどなあ。

高齢者になると日本人もギリシャ化するかも、公務員はギリシャがぽいですz

No title

う~ん、今回の例をして、奴隷と表現するのは、いかがなものかなと。
社畜という表現のがあってそう。

奴隷というものを正確に私も把握しているわけでもありませんが、ちょっと違うと思いましたため。

No title

周りの人にもよるでしょうね。
あまりにも周りがダラダラしてたら自分だけ頑張るというのは難しいでしょうね。

Re: No title

>ゼロさん
そのあたりの要領の良さも必要なんですかねえ。
そこそこの頑張りをするように調整していきます。

Re: No title

>たんちんさん
良い面と悪い面があるでしょうけどね。
日本がこの窮屈なシステムで発展したのも事実ですが、個人的にはこの洗脳を解いてラクに生きようと思っています。
公務員の構図は同じですね。

Re: No title

>煙々さん
ああ、そこは深く考えずに言葉を使ったので、社畜と読み替えてもらっても構いません。

Re: No title

>砂希さん
今回のバイトはたまたま勤勉な人がそろっていたのかもしれないですね。

No title

やっぱりサボることへの後ろめたさというのがあります。
真面目な自分が悲しくなってしまいますけど。

それに何らかの作業をしていないと時間がなかなか経たないんですよね。

以前、職場で暇でどうしようもない時にサボっていたのですが時間が経たなくて逆に苦痛でした。

Re: No title

>あけびさん
ヒマで苦痛ってのはありますね、これが自宅ならいくらでも時間をつぶすものはあるんですが、職場となるとスマホみてるわけにもいかないし、やはり仕事を探してしまうのかな。

No title

確かに国家の方針として、監督を必要とせず自分の持ち場を守って自分で考えて働く人間を作ろうとした傾向はありますね。明治以降はそうでないと近代戦を戦えなかったし、戦後は経済戦争を戦うために必要だったと。

一民族一言語で同調圧力の強い社会だから余計に教育しやすいです。ギリシャと日本ではサボるのが当たり前の社会とサボらないのが当たり前の社会で面白いですね。

Re: No title

>さいもんさん
やはり国策的にそういう人間を作ってきたと思いますね。
同調圧力の強さは半端ないですね。

No title

東北の大地震の時に、お店に散乱してしまっている商品を拾って
レジでお金を払って会計を済ませている光景が、外国メディアでは
信じられないと報道されていましたが
私はあの時、日本人は目に見えない真心を両手に持っているのですよ。
もし、そう言った物を略奪するには手に持っている真心を捨てなきゃ出来ないのですよ。
そして、その真心を取り戻したいと思ってもなかなか戻って来ない物です。
と、解説をしたいと思っていました。

今回の仕事に接する姿勢とは少し違うかも知れませんが、私は日本人で居ることを
良かったと思っています。

No title

解る〜!すごく解ります。ギリシャ人の気持ちがw

自分は、日本生まれの先祖代々日本人なのですが、何故かマインドは、ギリシャ人側です。

どうしても、日本人の無意味に頑張っちゃうイズムが理解出来ないのですよねぇ。

招き猫さんも朱に交わってあちら側に行かないように程々にね(^_−)−☆

Re: No title

>フリーマンさん
そういえば外国の大地震の光景と比較して語っているのもありましたね。
そのあたりも日本人の性格なのか叩き込まれたものなのか。
狭い島国でコントロールしやすいわけですが、いい方向に出るとそういうことになりますね。

Re: No title

>山中 一人さん
僕もどちらかというとギリシャ人側のつもりだったんですけど、今回は意外でした。
先週の金曜日なんて時間内になんとしても終わらせようとかなり頑張ってしまいました。
むしろギリシャ側に調整していきたい気分です。

No title

なんだかんだ理屈つけてるけど貯金が少ないから働かないとならないんでしょ?
それってフリーターであってセミリタイアとは言わないよね?

Re: No title

>よさん
はいそうですよ、他の記事で生活費もちょっとは欲しいからバイトするって書いてますが。
セミリタイアの定義はいろいろあるようなので調べてみてはいかがですか。

No title

>サボるのは当たり前
これですよ、経済破綻するくらいの国の言葉として聞きたかった。労働=苦役と考えるヨーロッパ人ならではの発想です。第二次世界大戦後、ソビエトに"奴隷"として懲役させられた日本兵が造ったナヴォイ劇場を思い出させました。

>ほぼ全員
やっぱり国民性でしょうねー。公共事業代わりに採用された公務員だからかな。職場にすら来ない幽霊職員も多かったと聞きます。『国家破産”の街アテネを旅して』
http://www.tachibana-akira.com/2011/06/2793

>次にやるべき仕事
うっ、囚人の鏡!?刑期を短縮してあげたいです。おっと、それが早期リタイヤにつながるなら別に否定するものではないですね。私は工場の仕事の時は、早くノルマを終わらせて仮眠していました。

>いるだけで給料のもらえる
昨今の人手不足も相まって、若手中心の現場の劣化が激しいです。ここ2年の間に客とバイトの力関係が逆転したと感じます。

Re: No title

>masaさん
特にギリシャはそういうイメージありますね、実際に友人がそう言ってたのがなんとも。。。
日本人は労働刑期をしっかり終えるために勤勉に働くようになってるのかな。。。
人手不足は今後のセミリタイアにはかなり有利に働きそうなので個人的に喜ばしいことだと思ってます。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク