やはりサラリーマンって我慢業に思えた

(2016-07-27)
昨日、久しぶりにかつての同僚に会って話をしたのだが、
やはりサラリーマンは辛そうだなと思った。

基本的に出てくる話が辛い、苦しい、我慢のセット品。
愚痴というほどひどいものではないし、ユーモアも交えながら話すのだが、そこから楽しさの香りはあまり伝わってこない。
これでも前職はかなりマシなほうで、仕事は自由にやらせてくれる比較的いい会社だった。それでもこれだ。
前々職以前の同僚だともっとひどい、眉間にシワを寄せていかに自分が我慢をしているかの我慢大会が始まることも。

やっぱりサラリーマンって我慢することなんだな。
会社の都合で異動になったり、仕事が変わったり、取引先の横暴に振り回されたり、同僚に不満があったり。
でも全部受け入れて我慢してやり過ごすことが必要。
その代償として毎月の安定的な収入が発生する。

その安定が捨てられないからこの生活を60や65歳の定年まで続ける。
気がついたら体にガタがきていて、やりたいことをやろうにも体が満足に動かない。
まさに気力体力時間をすべて会社に捧げる人生である。

自分はそうはなりたくないので、若干見切り発車ではあるが早々にリタイアした。
ますます後悔は無くなった。

サラリーマンでとにかく仕事をしていて楽しくてしょうがないという人にはあまり出会ったことがない。
そういう人はたいてい起業をしている人で、自分の会社が成長するのはそりゃ楽しくてしょうがないだろう。
会社の利益は全部自分のものだし、経費処理で税金を節約することもできる。
少ない分け前をもらってなおかつ確実に源泉徴収で税金を搾り取られるサラリーマン奴隷とは大違いだ。
仕事の内容も自分で決められるし、余計な会議もなく、あっても自分の意見が通る。
だから仕事のやりがい云々を言うならサラリーマンなんかやめて会社を作るべきだと思うな。
サラリーマンは所詮は我慢奴隷である。

ただし自由の代償は安定的な収入がなくなることだ。
それについてはある程度カネを貯めたら後は節約ローコスト生活の徹底でなんとかなる。
そもそも節約を徹底していたからこそカネがたまるのでそれは無理なく継続できる。

今はサラリーマン特有の余計なストレスもなくネットしたり本を読んだりの毎日。
安定収入よりも自分の時間のほうがよっぽど大事だと思う今日この頃である。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

会社の人はたいてい愚痴や不満をいいますよね。言いたいのもわかるけど、それがでないように何かやってるん?と言いたいですね。

結局現状維持大好き人間の塊だと思います。

ちなみに私は仕事は嫌なこともありますが好きですよ!

Re: No title

>クロスパールさん
そう、まさに何もやってない人が多いです、愚痴りたいだけ。
そういうのは聞いてて苦痛なんですよね。
僕も仕事は好きでしたが、嫌なことが勝ってしまったので辞めましたw

No title

今でも時々、何か仕事したいなあって思うタイミングはありますね。
でも今や当たり前となりつつあるこの自由を代償にするなんてとんでもない話で、数秒後には驚くほど綺麗に消え失せます。

Re: No title

>プライアさん
何か自分のペースで都合のいいように働くならいいんですけどね。
束縛がきついものはいらないですな。

No title

まあ特殊な職じゃない限り社員は楽しくないでしょうね。
経営者なら楽しいかも。

転職活動をしていますが、やりがいなんて面接で言葉を
出すと、うそ臭いなあと心の中で思います。

Re: No title

>ゼロさん
はい、社員は大して面白くないと思います。
社員でやりがいってちょっとうそ臭い響きですよね。

No title

お疲れさまです。

起業をできない人はなんらかの組織に所属するしかないので、そうするとルールや規律、上司の指示等に従う必要がでてくる。

特に上司の指示等が理不尽な場面も多いことから、ぐっとこらえないとならないことも同様に増える。

でも、経済的な自由を確立できていれば、思想や発想、行動は自由なものになれるし、改善のためのある種強気の発言も可能になると思う。

やはり、本多静六博士の「経済の自立がなければ、精神の自立はありえない」なんだと思います。

No title

こんな辛いこと、大変なことやっているんだよ
とか
こんな凄いこと、誰にもできないことやっているんだよ
ということは、サラリーマンにとって今の自分の行動を正当化できる
大事なことなんでしょうね。
社会全体の意識も、サラリーマンの行動を補強する方向に動きますし。

私にとっては、なんとなく懐かしい感覚です。
もう、あのころに戻ることはイヤですけど。

Re: No title

>ビックマック大好きさん
本多静六さんという方はそんなことを言ってたんですか。そのとおりですね。

Re: No title

>いろいろでセカンドライフさん
僕も戻りたくはないですね。
たいたい、こんな大変なこと、といってもそれは誰にでもできるただ単に辛いことなだけが多いんですけどね。

上から下まで皆 我慢

ええ、組織で動いているので
役職の上下に大きな関係もなく
我慢を強いられるお仕事

夏の通勤 しんどいなぁ

Re: 上から下まで皆 我慢

>消費しないピノキオさん
我慢がメインですよね、通勤もそう。もう我慢はいいです。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク