実家にいるとさっそく働け働けとうるさい

(2016-07-22)
実家に帰って二日目。

今日もさっそく、もう仕事はしないのか、としつこいくらいに言われた。

いやだから、とりあえずは働かなくていいくらいカネを作ったんで、という話をしても聞く耳はないね。
そのときはうんうんとうなづいている風でも、また数分後には
で、いつから働くんだ、といい始める感じなので。

まさかボケたんじゃないだろうかと思うくらい人の話は聞いてない。

働かないと社会との接点がどうたらこうたら、だから接点なんかいくらでもあるってのに話しても理解はしないからな。

こないだの奥さんの実家とはえらい違いだ。

こうなるともう帰るのが嫌になってくるな。

スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お疲れ様です m(*・ω・*)m

さすがに10年も経つと、
もう言われなくなりますよ。
(´∇`;)アハハッ

Re: No title

>mushoku2006さん
うーん、そうなのかなあ。。。

No title

お疲れ様です。
心配なんですね、きっと。親は将来面倒をみてほしいと心のどこかで思っているという意味で利害関係人ともいえるので。
でも、普通なかなか分かってくれないと思いますです。

Re: No title

>ビックマック大好きさん
そうなのかなあ、ただ僕は長男でもないのでそこまで思われているかなあ。でもいざとなったら僕の役割になりそうですが。

No title

お、実家レポートありがとうございます。ずいぶん奥様の実家とは違いますね。。でもそれが普通なんでしょうかね。ウチの実家もずいぶん言われました。やはり親の世代では、男は一生働いて家族を食わすものという意識が強いです。でも、私の歳(40代後半)のこともあり、再就職出来ず(1年ほど)諦めたようです。。

Re: No title

>ぽてさん
固定観念がうざいですね。
はやくあきらめの境地に立たせることが重要ですね。

No title

一般的な親ならそう言うと思いますよ。
たぶん今言うってことはその価値観から離れるのは至難の業でしょう。

Re: No title

>クロスパールさん
ちょっとどうしようもないですねえ。理解はあきらめるしかないな。

執筆活動

実家だとまるで遠慮もないでしょうし
奥さんの親族からもどう思われているのか
とか気にしているのかもしれないですね

親世代だと、働かない=怠け者、居候、役立たず

そんな連想が固着してしまっているから
説得は大抵 無駄に終わってしまいます

ただただ、安心させてあげるために

毎日 仕事の執筆活動(ブログ)で忙しく充実している

と伝えてあげては如何でしょうか

No title

見捨てられたら何も言われませんから。

縁起でもない話で申し訳ないのですが、親が亡くなられた後で、自分自身が言う事を少しやっとけば良かったかな、そういう後悔がなければ問題ないでしょう。私は、思うところが結構ありましたし、ふと親を思い出した時、あのときああしておけばと今でも思うこともありますから。

※まぁ、実家に帰るたび、ずっと言われるとさすがに^^;

Re: 執筆活動

>消費しないピノキオさん
説得は無駄ですねえ、適当に働いていることにしましょうか。

Re: No title

>煙々さん
自分の思ったとおりに生きるだけですね。
実家に帰るのは年1回くらいでもいいかな。

No title

うちの親も仕事を辞めて3年近くなった今でも時々「いい仕事は無いのか?」的なことは言いますからね。

義理の息子よりは実の子の方が言いやすいし、言いたくもなるのでしょう。

でも時間が経つにつれて頻度は減っていくと思いますので、しばらくは我慢ですね。

Re: No title

>観楓さん
しばらく我慢かあ。。。3年かあ。。。

No title

こんにちは。
「アフィリエイターに転職した」なんて話すのはどうでしょう。

あるいはぼかして「在宅でインターネット関連の仕事」とか。
ダメですかね^^;

Re: No title

>Yuminさん
うんなるほど。
いずれにしても無理に無職を説得するより、何かしら働いているんだよ、というポーズをとるほうがラクなような気がしてきました。

No title

お母さんは心配なんでしょうね、分かるような気もします。まあ、子供は何歳になっても子供、難しいですねえ。

今日はお疲れ様でした。

Re: No title

>たんちんさん
難しいですね。
今日はわざわざ7ありがとうございました。

No title

おそらく説得するというのは無理でしょうね・・・
私は、特に父親とは出来る限り関わらないようにしています^^;
退職して2年過ぎて、頻度は減りましたが、
2、3カ月に一度は思い出したように言ってきますよ^^;
そういう世代なので私たちの価値観を理解させるのは至難の業だと思います。
お互いたぶん折れることはないでしょうからずっと平行線だと思いますよw
説得はあきらめて、うまくかわして行くしかないですね。
自分の息子が、そういう立場になったならば
実の親なら言いたくなるのも仕方ないのでしょうし
うまくつきあって行くしかないですね。

Re: No title

>freeflyfisherさん
うーん、なるほどお。
やはり放っておくしかない、という意見の方が多いですね。
ではそうしようかな、できるだけかかわらないようにして、最低限だけ付き合うと。

No title

しばらくは、いや、ずっと、働かないのか?って言い続けるかも・・・

女性なら主婦で通るけど、
主夫は、日本社会では、市民権ありません~

Re: No title

>祝詞婆さん
ずっと言われるのかなあ。もうあまりかえりたくないですね

No title

うちも帰るとうるさく言われますね。
あと何年我慢すればいいのかはちょっと気がかりです。

Re: No title

>砂希さん
あー、やっぱり言われますか。
何年というか、しばらくずっとなのかもしれませんねえ。
説得ではなく、上手く回避する術を身に着けようかな。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供無し

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク