金持ち父さん貧乏父さん

(2014-05-11)
今更ながらこの本を読んだ。


金持ち父さん貧乏父さん金持ち父さん貧乏父さん
(2000/11/09)
ロバート キヨサキ、シャロン・レクター(公認会計士) 他

商品詳細を見る


随分前の本なので、どうかなと思ったけど、
書いてあることはなかなか今でも通用することは一杯あると思う。

結局金儲けをするのはアイデアと行動力が必要で、それは今も変わらない。

著者は不動産投資を自分の実例としてあげているけど、著者も言うとおりこれはたまたまの事例であって、何も不動産投資を奨励するものではない。
またアメリカは不動産市場が常に需要があるのに対して日本の場合は人口減少社会に突入しているので、日本で居住用不動産投資はやる気にはなれない。

常に何が利益を上げるのか、価値があるのか、アンテナを張る努力はしつづけようと思う。

少し驚いたのは、古いとはいえ2000年くらい当時のアメリカが以外と保守的な人が多くて、定期預金しかしないとか、臆病で投資に否定的だとか、いい大学にいっていい会社にいっていい給料をもらうのがいいとか、そんな人が多いように描かれていることだった。
少しアメリカのほうが先を行っているが、彼我の差はそれほど大きくは無いのかもしれない。

一番難しくて重要なのは自分を律してコントロールすること。
感情をコントロールし、恐怖に勝つ。
それができれば金持ちになれる。

単にパッケージの投信を買うだけではダメとあったが、ここはモロに自分のことであった。
もう少し個別株の売買にも乗り出すか、という気にはなった。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

上手に書かれた著書

金持ち父さん 貧乏父さん
私も好きな本です、おっしゃるとおり不動産投資はあくまで一例で
投資に関する考え方が上手にまとめられていると思いました

No title

>消費しないピノキオさん
ほんとによくまとめられていますね。
これから資産形成をしようという人は若いうちに読んだ方がいいですね。

シリーズで読みました

4年ぐらい前に、夢中になりシリーズで読みました。読み物としても楽しめました。

No title

>たんちんさん
たしかに普通の読み物としても面白かったです。
この手の訳本にありがちな、強引な直訳で読みづらいということもなく、さらっと読めました。
シリーズで色々と続編が出ているみたいですね。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク