二度リタイアした気分

(2016-06-04)
職業訓練校を卒業して、6/1から再び家に常駐する生活をしているわけだが、

・朝は目が覚めたときがおきる時。
・特に何かをやる必要がない。
・家に一日中居られる。
・腹が減ったときが何かを食べるとき
・電車に乗る必要がない。

これらのことがいかに素晴らしいかは、昨年9月にリタイアしたときにも味わったわけだが、
今回職業訓練校で3ヶ月ほど適度に縛られていたせいで、今現在またこの開放感を味わっている。
いやあ自由って素晴らしい、、、といってもその自由は当たり前になったとたんにどうでもよくなるのだ。

この開放感をまた味わうためには、
また適度に働くなり、何か時間的に縛られることをして、また辞める、というのを繰り返すのがいいのだろうか。

今後のセミリタイアのあり方をいろいろと考える日々である。。。

スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

うむむ‥

そうですね。
ずっと半永久的にその職場に拘束されると思うとしんどく感じますが、定期的となると気持ちは大分違いますからね。
実際にどんな苦痛な職場でも辞めるのが決まるとそれだけで妙に気が楽になったものです。
が、この国では未だに転職をマイナスにしか見ない企業も少なくないのも現実で特に昭和気質のオヤジが採用担当をしている様な会社では私の様に転職を重ねている者はまず敬遠されます。面接で説教垂れられた事も何度かありました。(汗)
いや~、それでもね、何度も踏み留まってはいるんですけどね。
もし、決意即実行していたら、最早履歴書には収まりませんよ。(苦笑)
そういう事で仕事はしたい時のみするというセミリタイアスタイルが一番理想的かもしれませんね。





Re: うむむ‥

>リトルドッグさん
辞めると決めただけでかなりラクになりますね。
それだけ終わりの無い状態こそがつらいということなんでしょう。
もう履歴書が重要視されるような仕事はしないと思うので、適当に働いて、また辞めるという感じになるでしょうね。

No title

どんなに恵まれていてもそれが日常になるとだんだん不満を感じていくものだから、たまには不便を経験して現状の優位性を思い出すのもいいかもしれません。

Re: No title

>砂希さん
そうそう、たまにはそういう思いをすると楽しくなるようです。
いずれにしても自分の人生だから好きなようにコントロールしていきます。

週2日の労働

私も3月に職訓校のリフォーム科を卒業し、週2日、同級生宅のリフォームの手伝いをしています。
緊張しますが、仕事の達成感はあり、毎週2連休と3連休を味わえ、お金ももらえるので、今のところお徳感があります。

Re: 週2日の労働

>sanouさん
卒業後さっそく仕事ですか、やりますね。
自分のペースで働けてなおかつ達成感とお金ももらえるなんて最高ですね。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供無し

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク