使い道の無い割引券

(2016-02-24)
先日、薬局ウエルシアで買い物したときに割引券をもらった。
ガストのミックスグリル599円(通常749円のところを)

また別な日にはスーパーのマルエツで買い物したら吉野家の牛丼50円引き券をもらった。

いずれもレシートから打ち出されるペラペラの割り引き券で大抵は存在も忘れるやつ。

実際これらの使い道がない。
リタイアしたらほぼ家にいて自炊率が100%近いからなあ。

わざわざ行こうにも近所にこれらの店は無いし。

3月から職業訓練校に通うので、町に出るわけだから、そこで昼飯で使えるかもね。
探してみよう。
いや、でも昼飯もおにぎりとか持って行くだろうしなw

こりゃダメだ。

こんなのもらうくらいなら10円でもいいから現金値引きして欲しいなあ。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

その手の割引券を使うことはほとんどなく直ぐに捨てています。ウエルシアではもらってないなあ、吉野家優待券が二枚残っているので5月末日までに使わんとパーになってしまいますわ

Re: No title

>たんちんさん
まず使わないですね。僕の場合は一応財布に入れるんですが、かなり後日になって期限切れを発見して捨てるパターンです。
吉野家のは5月末までならまだまだ余裕でしょう。

No title

この手の割引券ってほとんど使うことないよね。
割引券はどの商品でも100円引きとかの方がいいな。

お久しぶりです

こんにちは!
お久しぶりです...
招き猫の右手さんは、「ケーズ電気」派なんですね。
現金値引きのCMで有名な...
割引券はたしかにそうで、私もフルには仕えてないです。
でも、最近魅力的だったのは、リンガーハットの餃子無料券ですかね。
他に何か注文すると、餃子一品無料になるやつ。
レシートの下のほうに、くっついていました。

No title

次回割引は殆ど使う機会が無いですね。
一定の価格以上買えばとかの条件もあったりするともう無理です。

No title

この手の割引券は、旅行する時にタイミングが合えば使うこともあります。
朝食のないゲストハウスが多いので、吉野家で朝定食が定番です(笑)

吉野家は残業食でもつかいます。
株主優待券+ジェフグルメ+50円割引券のコンボだと470円のおつりももらえるので…。
優待券は親からタダでもらったものですが、金券ショップで買ってもトータル280円くらいで食べられる計算になります。

Re: No title

>クロスパールさん
ほぼ使うことがないですね。たまたまタイミングがあったはずのときでも存在を忘れています。

Re: お久しぶりです

>スイス鉄道のようにさん
ケーズ電気は使ったことがないですが、たしかに現金値引きのほうがいいです。
リンガーハットもなんだかありましたね。
いずれにしても外食は滅多にしないのでもらってもまず使うこともなく終わります。

Re: No title

>砂希さん
1000円以上が条件となるともう厳しいですね。

Re: No title

>snufkinさん
国内旅行だったらタイミング合えば使えそうですね、ただ財布の中の存在を忘れないようにしないと。
優待券とジェフグルメカードは併用できるのですか。

No title

この手の割引券って、ホントに割引なんでしょうかね。

割引券に弱い私は、騙されているような気がしつつ、
必要ない物を買ったり、食べたくないけど食べたり、、、

情けないです・・・

Re: No title

>祝詞婆さん
たぶん本当に割引なはずです。
踊らされないように賢く使いたいものですね、必要ないなら使わないのも手です。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク