旅の記録20151213-2 学生バイト時代の友人と再会、田舎でのリタイアは厳しそう

(2015-12-16)
学生のときは東京の居酒屋でバイトをしていた。
僕が働いていた居酒屋での厨房バイトは最初は洗い場で皿洗い、その仕事に慣れてきたら焼き場にいって焼き鳥や魚を焼くようになり、最後は揚げ物担当、というのがパターンで、僕は焼き場までやっていた。
この時の先輩と飲んできた。
先輩といっても学年は同じ、バイトとしての先輩。最初は敬語で話していたが普通に話すようになった。

甲子園ボウルを観たあと、難波で落ち合って、肝どん、という店で飲んだ。
店は彼ではなく僕が見つけた。今は地元民でなくてもネットでいくらでも検索できるからいいね。

なんと生ビールが100円。
つまみは300円均一居酒屋のほうが安いと思うので、ばくばく食べる人にはむかないけど、
つまみは少量、ビールをばかばか飲む、という人にはいい店だね。
彼はけっこう飲むが、大して食べるわけでもなく、ここならたいして勘定はいかない。

彼は実家に帰って家業を継ぎながら自分の仕事をしている。
その実家が関西のかなりのど田舎で、自分でもそのど田舎ネタをよくしていた。
最寄り駅の電車は1時間に一本くらい、路線バスがかろうじてある。梅田難波などの都会に出たら終電は9時台、というくらいのところだ。

田舎だけあって家賃は安い。彼の場合は実家で親と一緒なので毎月4万程度入れてるだけ。
ただし、ど田舎ならではの出費があって、車は絶対必須だし、
町内の消防団や自警団の集まりとか、どこかで誰かが亡くなったらその通夜葬式の手伝いとか、地域で助け合いながら生活しているので、
私は知りません、というわけにはいかないとか。
その地域関連出費が馬鹿にならないので、家賃の安さを考慮しても東京より割高につくだろうということ。
もしローコスト生活をしたいからといってその地域ルールを守らないとどうなるか。
まさに村八分、いや村十分というくらいのレベルで完全無視のいじめやその他嫌がらせにあい、生きていくことは出来ないだろうという。

僕は将来はいろいろなところを転々としたいのだが、ど田舎は避けるべきなのかな。
旅行での短期滞在なら関係ないが住むとなると田舎の障壁はかなり高そうだ。
都会に疲れた、田舎暮らしをしたい、といって安易に田舎暮らしを始めたがる人が居るが、この点はかなり注意したほうがよさそうである。

飲みが終わって彼と別れたあと、ふらふらしていると肉まん屋をみつけた。
IMG_20151213_192645.jpg
仕事をしていたときは出張のとき、新大阪でたまに買っていたな、これが本店なのかな。
2個かって食べてみた、飲んだあとのシメである。

大変満足。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

田舎だと公共の救済措置の代わりに民間の互助会任せになっているところがありますね。
それらもコストと考えると田舎が良いとはあまり考えられないですね。

Re: No title

>砂希さん
実際大変そうでした。もしかしたら将来は出るかな、とも言ってましたし、子供にも将来無理に実家に帰ってくる必要は無い、と思っているそうです。

田舎暮らしはねぇ・・・

こんばんは。
その学生時代のバイトの先輩は、なかなか含蓄のある話をして下さったようですね。最近、東京一極集中を解消するべく、IターンやUターンが奨励され、地方自治体の方も人口維持のため、様々な定住者受け入れ策を用意しているようです。

しかしながら、仰るように都会暮らしに疲れたから何となく田舎暮らしを希望するのは、少し安易な風潮だと思います。特に大都市出身の人は、田舎暮らしは窮屈かつ退屈過ぎて、長く続かないでしょう。やはり色んな面での生活の便利さは田舎では望むべくもありません。

個人的には東京は住む所とは思いませんが、だからと言って田舎も勘弁です。地方の大都市(政令指定都市など)近辺の市町村が一番暮らしやすいと思いますね。

Re: 田舎暮らしはねぇ・・・

>パルタ7さん
安易に田舎に行かないほうがいいですね。
今の僕は東京といっても郊外ですから、かなりいい環境です。家賃は東京にしては安く、徒歩自転車でほとんどの用事がすんでたまに都心に出るにしても電車で住みます。それでいて田舎のような因習はありませんからこれは結構暮らしやすい環境です。

何と‥

難波ですか。
もしかするとすれ違っていたかもしれませんね。

20日の阪神競馬場の件、了解しました。
はっきりしましたら、遅くとも前日までにはメール致します。


お会いした時は‥どうか御手柔らかに。
いえいえ、宜しくお願いします。

Re: 何と‥

>リトルドッグさん
はい、お待ちしています。
難波近いんですかね。
こちらこそ宜しくお願いします。

No title

ども。田舎移住者です。(笑)

> 車は絶対必須だし、
> 町内の消防団や自警団の集まりとか、どこかで誰かが亡くなったらその通夜葬式の手伝いとか、地域で助け合いながら生活しているので、
> 私は知りません、というわけにはいかないとか。

これは本当ですね。

でも、消防団は移住者だとほとんどスカウトされません。だいたい40代になると引退なので。

助け合いは必要で、これは自分も恩恵を受けるのでお互い様という感じです。

なので、あまり人間関係を窮屈にしたくなければ、付き合いのユルい別荘地や地方都市が狙い目だと思いますね。

地域ルールは守らなければいけませんが、変えるのは有りです。
僕はいくつか変えちゃいました。
それに、文句を言う人もいるし、よくぞ変えてくれたと言う人もいます。
なので、そんなにガチガチに考えなくても良いと思います。(^^)

Re: No title

>正吉さん
どもです。
実感のこもった意見ですね。
消防団は40までなんですか。
なるほど、新しい移住者でルールを変えてしまうのもアリですね。
あるいは移住者だけで新しい町を作ってしまうのもできるかなと思います。

No title

田舎の機能の破たんした限界集落で暮らすなら村八分も村十分もどうでもいいのですが・・
唯、その場合、社会システムは維持できていないので(笑い)


それでも生きていける選択肢がある、イイ国ですね、日本は

Re: No title

>いろいろでセカンドライフさん
ほんとに立ち行かなくなったら田舎も閉鎖的なことは言ってる場合じゃないですからね。
そのうち変わるのかもしれません。

No title

都会に疲れた、田舎暮らしをしたいと考えてます。(^^;

田舎といっても本格的な田舎じゃなくて、東京の郊外や地方都市の周辺で
家庭菜園ができるくらいの庭があって、犬と猫を飼えればいいなーと。
一口に田舎といっても、結構幅がありますよね。

No title

田舎暮らしをしておるモノです。

田舎のネットリした人間関係や社会は、
好きじゃないです。 マジにウザいです。

山の中、一人寂しく自由に暮らしているから
いいんだけど、田舎の人間関係には、近寄らないようにしてます。

Re: No title

>小黒とらさん
そうですね、ここで言う田舎というのはそこまでの話じゃないと思います。
村落、集落的なところですね。
東京の郊外くらいならむしろ暮らしやすい環境もあるでしょうね。

Re: No title

>祝詞婆さん
当事者からそう言われるとやはり厳しい環境なんでしょうね。
でもかかわらずに上手くやっているのはすごいですね。

紹介

言霊百神
おほもと

Re: 紹介

>コトタマさん
んんー、すいません、意味が分からないです。。。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク