旅の記録20151213-1 甲子園ボウル

(2015-12-15)

IMG_20151213_153605.jpg

IMG_20151213_160324.jpg

この日は甲子園ボウルである。
日本の学生アメフト№1を決める試合。

アメフト好きなのに行ったことがなかった。
それもそのはず、毎年この時期の開催だから東京に住んでいたら来ることはまずない。
12月中旬なんて取引先周りで忙しいからね。
今年はフリーなので18きっぷを利用して観にいくことができる。

甲子園は昔行ったことがあるので初めてではない、でももう20年以上前の話でほとんど記憶には無い。
駅前のダイエーでおにぎりと水を買っていく。
球場のチケットオフィスで当日券を買う、ここで失敗に気づいた、前日までにローソンで前売りを買っておけば少し安かったのだ。
来年以降行くときは気をつけないと。

試合はこちらのとおり、早稲田27-28立命館
早稲田オフェンスはワンバックかショットガンでセイフティバルブ一枚という形が多く、たまにオーディブルでトリッキーなフォーメーションを使う。
ディフェンスは4-3。
立命館オフェンスは最近NFLでも流行っている?ピストルなのかQBが少し下がった位置でRBを後ろにおいていた、ディフェンスはやはり4-3。
立命館が圧倒的な強さを見せ早稲田0-21立命館とリードする。
点差だけでなく、内容も圧倒的で2Q途中まで1stダウンの更新すら早稲田は1-2個あったくらい。
このまま大差で終わってしまうのかと思いきや、パントフェイクからのランで左オープンをぶち抜いたり、前半終了間際のロングパスを通してWRがタックルも交わしてそのままランアフターキャッチでTDまで持っていってしまった、これで早稲田14-21立命館でハーフタイムへ。
もしかして好ゲームになるのでは、との期待通り、一時は早稲田も逆転し、再逆転の後、最後は52ydのFGを決めればこれでサヨナラ勝ちというセッティングまで詰め寄ったが、そのFGを外したことで終了。
残り3秒でタイムアウトを取ってのお膳立て、というフットボールの醍醐味が味わえた。
外した早稲田のキッカーはこの日2本決めているし、50yd超はプロでもたまに外す距離なので彼は責められない。崩れるように落ち込んでいたのが可哀想だった。
この試合でとにかく目立っていたのは立命館のRBの西村という選手、ちょっとくらい相手の手がかかっても振り切って走り、とめられない。
後から上記リンクをみたら200yd以上走っているのね、、、そりゃ文句なしMVPだ。
この試合のMVPはもちろんシーズン最優秀選手も表彰を受けていた。
あと個人的には早稲田のパンターがかなり良かったと思う。彼の大きくて効率的なパントがなければ立命館がもっと点を取っていたのではないか。
1点差ゲームという劇的な幕切れが見られて大満足した。

さて、試合の話はここまで。
ここからは甲子園ボウルについて、
WIKIはこちら
甲子園という球場でやる理由があるんだろうか?ここは野球場である。
伝統的にここで行われてきたのはわかるが、それでも野球場を無理に改装して行うのでフィールドの設置が歪だ。
一塁側に大きく偏っているので、こちらの声援が届きやすい、こんな感じ
ticket_seat.jpg
これ、不公平だよね。
日本でクラウドノイズなどというものは本格的には無いだろうけど、もしそういうことがあれば全然違ってくるじゃないか。
普段のレギュラーシーズンの1試合ならともかく、チャンピオン決定戦がこれってどうなんだ。
実際今回1点差で勝った立命館は一塁側だ、最後にFGを蹴るキッカーに大きなプレッシャをかけられたのではないか。
昔は完全に中央を使ってフィールドを作っていたこともあるらしく、やるならまだそのほうがいい。

また、そもそも野球場という点だ。
アメフトがマイナースポーツの日本でフットボール専用競技場が望めないのは分かる。
それでもラグビーの花園を改装してやるとか、普通に長方形の競技場を使ってほしい。
最初に載せた画像でも分かるように、これでは三塁側客席からフィールドが滅茶苦茶遠い。
関東と関西の代表がどちら側になるのかその決め方は知らないが、もしかして毎回関東が三塁側なの?それだったら異常な不均衡である。
僕は双眼鏡を持っていたからプレイ詳細がわかったけど、肉眼では何がおきたか分からない事もあっただろう。
来年はガンバの新スタジアムでも貸してくれないかな、この時期サッカーシーズンは終わっているよね。
甲子園ボウルの伝統にケチをつけるな、と怒られそうだが、伝統などは変えるためにあるのである。
それが改善ならばどんどん変えるべきだ。
どうしても甲子園の名前を残したいなら優勝トロフィを甲子園杯という名前にするとかあるだろう。

また毎回関西での開催というのもどうなんだろう。
近年は関東関西以外のリーグも優勝決定にかかわる仕組みになっているようだが、事実上これは関東と関西の優勝校同士の決勝戦。
それが毎回関西がホームって、それもおかしい。
スーパーボウル方式で全国の競技場を対象にしたら?数年先まで決めておいてさ。
あるいは関東関西で交代でやるとか。
NYのチームがシアトルに乗り込むとかそんな移動距離じゃないから、関東関西なんて近隣みたいなもんだろ、と言えばそれまでだが、これも微妙に要素としてはあるだろう。

また甲子園のボードには時計表示が無い。。。
フットボールほど時間の使い方が重要なスポーツもないだろう。
スナップまでの時間とかディレイオブザゲームを避けるタイムアウトとか、前半終了、試合終了まであと何分何秒とか。
このスポーツで客に時間を見せないってマジ?
フットボールはそれを考えながら見るのが楽しいのに、どこかにあったのかなあ。
場内アナウンスで時々時間を言ってくれるのだが、それでしか知る由がなかった。

チャンピオン決定戦にふさわしい競技場やシステムを考えてほしい。
もし学生フットボール関係者がこれを見たら観客の声として届けてほしいな。
どこかに意見する場所があるならそこでも言いたい。

試合には大満足したが、開催概要には不満タラタラで帰ってきたのであった。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2008年までは明確に「関西学生連盟が関東学生連盟の代表チームを招待」するゲームでしたからねぇ
世の中の日本一を決める大会が首都圏でやるのが多いので別に関西での開催続けてもいいと思いますが
そもそも野球場でやるのはやめてほしいw

Re: No title

>retire2kさん
野球場でフットボールをやるのは最低ですね。早くなんとかすべき。

No title

関西びいきな意見だけど、高校野球の甲子園とかラグビーの花園みたいに聖地的なものですから変えられないでしょう。エルサレムがキリスト教とイスラム教でカブってるのに変えられないようなものですよw

座席は一塁側は内野席とアルプスの間、三塁側はアルプスと外野席の間で切ったらいいのにね。

Re: No title

>プライアさん
関西でやるのはまだいいんですが、長方形の競技場でやるべきですよ。野球場でやるのは応急処置なはずでこだわる理由はないですから。

No title

はじめまして。

甲子園ボウルのフィールドの取り方ですが、昔は外野で「ライト-レフト方向」に
フィールドを取っていました。89年?だけは「ホーム-センター方向」だったような。

選手権方式へ変更となった翌シーズンから、現在の取り方を実施しており、
それからは東日本-西日本で交互に一塁側・三塁側となっています。

それまではretire2kさんのご発言通り「招待試合」でしたので、
常に関西代表が一塁側(あるいは外野席側)となっていました。

あのフィールドの取り方はおかしい、と思われるかもしれませんが、
アメリカでも野球場で開催する場合は、ここ10年くらいはあの取り方
(ホーム-ライトまたはレフト方向)が主流となっています。
甲子園ボウルもそれを真似したのではないかと思います。

失礼しました。

Re: No title

>KJさん
はじめまして、コメントありがとうございます。ご丁寧に解説も。
なるほど、ある程度理解できました。
アメリカはフットボールが人気になり始めた頃はまだ野球のスタジアムを間借りすることがよくあったようで、おそらくそうだったんでしょうね。ただ現状のNFLではオークランドくらいかなと思いますが、米国は今や当然ながらほとんどが専用スタジアムですので、現状では野球場を使用するのはやむをえない場合ですよね。大学は有名校なら当然ながらほぼ専用スタジアムを持っていると思います。
また大学でもプロでもチャンピオン決定戦をそれでいいという事は無いのではないかと思います。
改革は必要です。野球場を使う場合はそれが普通なんだから、これからもそれでいい、ということにはならず、観やすい環境を模索していくのは必要だと思いますね。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク