今日、高尾山登ってきた

(2018-02-24)
今日、いつもよく一緒に上る友達と高尾山登ってきた。

真夏と真冬以外は毎月一回くらい登ってたのだが、子供が出来ちゃったのでしばらくお休みしてた。

今でも遠方の山はちょっと厳しいが、高尾山くらいなら近いので育児に支障なく行ける。

子供を奥さんに押し付けて行ってきたよw

ちなみに、この山登りメンバーにはリタイアしたことを微妙に告げてないのよね。

招き猫さん、どうしてるんですかー、って聞かれて、
あ、ああ、うん、今は派遣でちょっと働いて、他にも適当に仕事探しているよ、まあ奥さんの収入もあるから問題はないよ、僕は家事中心でやってるよ。
えー、それってヒモじゃないですかー、
うんそうそう、ヒモみたいなもんなんだよ。

・・・という会話を繰り広げてる。

もともとリタイアは堂々と言う派なのだが、どうも人によっては言わずに流しているグループもある。

たぶん面倒な人が多いからだ。
え、なんで、なんで?どうして?
と詮索するようなタイプが多いと面倒。

登山に話を戻すと、
リタイアしたら運動不足になるので、適当な山の近くに住むのもアリかなと思った。
登山は交通費がネックになるのだが、近くに山があったらほぼタダで毎日登れる。

まあ飽きるだろうけど、飽きたら別な山の近くに引っ越す。
たまには海が見えるとこもいいなと思ったら、そこに引っ越すw
引っ越し貧乏にならない程度に移動したら楽しそうだな。
独身で身軽なミニマリストなら行けるんじゃないか、僕は当分無理だけど。

スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

道路のルールを知らないバカがたまにいるんだが:追記あり

(2018-02-24)
先日、歩道のない道を歩いていた時、後ろから自転車が迫ってきたような音とともに大きな声がした。
「おい、どけどけ!」

もうこれだけで程度の知れる人間なんだが、このくらいでは温厚な僕はキレることはない。

やれやれ、と思いながら道路の左側による僕。
そしたらなんと、、、
「そっちじゃねえ、右側によけろ!!」
とさらに怒号を飛ばしたんだよ、こいつ。

は?左側通行も知らんのか、、、。

自転車が歩行者を後ろから追い越すという、どう考えても自転車側が気を遣うべき状況、そしてルールに従えば右側から追い越すのが当然なのに。
しかも歩行者である僕は最初の怒号をやり過ごして大人しく左側に寄っているのに、、、だよ。

本人の気分で左側から抜きたかったのかしらんが、これはバカすぎる。

ヤツが追い越す瞬間に「左側通行だよ!」と怒鳴ってやった。
抱っこひもで娘を担いでいたから過剰な大声は出さなかったが、十分聞こえたはずだ。
でもこいつは振り返りもせず。
あ、そうか左側通行だっけ、てことはこいつが正しいのか、、くらいは思ったかもしれない。

こういう時、ある程度はやったほうがいい。
変なのに巻き込まれては大変とか思って黙っていてはダメ、でないとこういう馬鹿は治らない。

そしてこのバカの風貌はやはり高齢男性、見た目は70前後くらいに見えた。
偏見を承知で言うが、この世代の男ってクソすぎないか?
コンビニのレジで若い店員に食ってかかるとか通販のフリーダイアルで文句をつけまくるとか、ほとんどこいつらの印象しかない。

正直若い中高生とかの自転車乗りでこんなのに会ったことない。
電車内での行いとかも見てても若いのは意外とまともでダメなのは大抵高齢オヤジ。
ほんと寒気がするくらい大嫌いである。

信号のない横断歩道で歩行者を無視して走り続ける自動車とか、歩道を我が物顔で走る自転車とか、逆走するヤツとか、ほんと基本的なルールも知らない人間が多すぎるんだが、どうしてこうなった、って感じ。
かといって自転車を免許制にしましょうなんていったら新たな利権の始まりだ。

この手のバカにちゃんと交通ルールを教える方法は無いものか。

こっちは交通ルールを守っていても馬鹿が守らずに事故が起きて、えてして馬鹿な加害者が生き残り、善良な被害者が我慢することになる。

せめて娘だけは巻き込まれないように注意していきたいね。

追記:
すいません、何名かからご指摘を受けまして、歩行者は右側通行でしたね、馬鹿は私でしたw
ただ、車道の中央に出るのはありえないので、もともと左側を歩いてたこの場合に道路の左端に寄ったのは間違ってないようです。

スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

労働って懲役みたいだよね

(2018-02-23)
60歳や65歳定年までから今の年齢を引いて
懲役〇年
という言い方をネットで良く見る。

日本人にとって労働は完全に苦行になっているのだろう。

毎朝同じ時間に起床して準備する。
護送車(満員電車)で労役場所に運ばれる。
時間で管理されて毎日同じことをやらされる。
基本命令拒否はできない。
看守(管理職)が威圧的、でもたまにいい人もいる。
毎朝朝礼などの儀式で声を出す。
同じ服(スーツ)を毎日来ている。
番号(社員証)で管理される。
模範囚(成績優秀者)は表彰される。
時々精神を病むものが出てくる。

これだけ並べても、うーん、たしかに懲役だ、こりゃ。

たまに長めの有休を取って旅行とか行ったってせいぜい仮出所の気分だろう。
来週にはまた服役に戻らないといけない、このまま脱走は許されない、ああ、っていう感じ。
僕も正社員時代の旅先でそう思ったものだ。

僕は今、懲役3か月の途中で、もう出所も見えてきたからまだ気楽だけど、
正社員であと10年20年この状態を・・・ってなったら発狂しそうだな。

今から3月最終日の「出所」が楽しみ。

シャバに出た日のビールは美味いに違いない。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ヤフーカードのキャッシング枠設定の審査に落ちた

(2018-02-22)
リクルートカードJCBのキャッシング枠設定が簡単にできた

この記事から数日後、ヤフーカードの方もキャッシング枠を設定しておこうと思って、yahoo!japanのトップからカードのアカウントにログインして申請した。
リクルートカードのMyJCBと同様、ウェブから簡単に申請できた。

が、、、、落ちたw

わずか1日程度のスピード審査で。
増枠はできません、とコメントあり。

この敗因はなんだろう?先にリクルートカードで申請して通っているわけで僕の属性はなんら変わってない。
逆にリクルートカードで先に審査して通ったからこちらのぶんの枠は通らないということもあるのかも。
カード会社の仕組みはよく分からないが業界全体で与信を管理してそうなので。
イメージするのはナニワ金融道的な、「コイツ他社でつまんでやがる、ダメだ」っていうアレ。
借りてる実績はないんだが、与信枠設定でそんなこともあるのかなあ。

あとは〇倍キャンペーンの時だけヤフーカードを利用して、それ以外では基本使わないとか、nanacoチャージだけ使いやがってみたいなのもあるのかも。
こんな人間にキャッシング枠付与してもトクは無いだろうからなw

ということで失敗はしたが、また来年に挑戦してもいいかも。
そこまでしてキャッシング枠を持っておく必要はないが、もしリクルートカードが改悪されまくって海外でヤフーカードを使うようになったらやっぱりやっておいて良かったという事態もあるかもしれないし。

現状、僕のカード与信枠は以下のようになる。
cardcredit.png

ショッピングが計290万、、、先日リクルートカードが自動的に大幅増枠されて150万になったのがでかい。
キャッシングはこれで合計50万。
楽天カードの海外キャッシングは強制リボの凶悪仕様も改定されて普通に使えるようになったようだし、将来の海外旅行でキャッシング枠が足りなくて困ることは無さそうだな。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

3か月半ぶりに散髪

(2018-02-21)
4か月ぶりの散髪。もちろんIWASAKIで690円。

この記事から大体3か月半。

ボウボウになったので先週、散髪いってきたよ。
本当はもうちょっと4か月以上引っ張りたかったけど、今は労働者なので身なりはしっかりしないとね。

って、じゃあ毎月行けよとかの突っ込みは無しで。

髭剃りについては2-3日に一回はやってる。
サラリーマンは毎日剃ってる人が多いだろうけど、僕はまあ期間工みたいなもんなんでそこまで気にしてない。

今回もIWASAKIのタイムサービスで690円。
タイムサービスは大抵日中デイタイム、てことは、仕事中にいったのかといったら、そうではなくて、
休みを取りましたw

まあ働き始めたばかりの派遣で有休は持っておらず、欠勤になるわけだから、ばかばかしい行動ではある。
この日働いたら1万近くの収入になるのだから、散髪なんか行ってる場合では。。。
ここはこだわりのサービスカット、690円。

散髪関係なくたまには休みたくなっていたから別にいいのだ。
そして昨日もウエルシア購入のために休み、ほんと適当な労働者だな。
自分のペースで働くって結構気持ちいいす。

今回もばっさりと短くしてもらったので、次回は6月ごろになるかな、夏前にバッサリやりたいし。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク