2017年年金免除申請の結果、3/4免除になった

(2017-08-31)
2017年金免除申請

この時の記事の予想通り、3/4免除になった。

てことは国民年金保険料は月額フルが16,000円くらいだから4千円くらいかな。
支払用紙が来たらまとめて払って少しでもオトクにするか。
nanacoに5万円ほどチャージしてるのでそれで足りそう。

僕は住民税非課税だったので僕だけのスペックなら全額免除もあったと思うけど、奥さんの収入があったので3/4になったんだろう。
奥さんも当然3/4免除。

それでもでかい。

2015年の退職直後は全額免除
翌年は半額免除。
そして今年は3/4免除。

しっかり制度を利用していってるなあ。

来年も7月になったら忘れずに申請しよう。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

体外受精全記録まとめ

(2017-08-30)
体外受精をしようという記事を最初に書いたのがもう2年以上前。
1回目から6回目までの失敗。
1年以上休養後に思い出したようにやった最後の卵子を使った7回目が着床と心拍確認。
今回は大丈夫なのかとどきどきしながら、22週までは流産におびえ、37週までは早産を警戒し、
そして最後は陣痛が遅れ帝王切開になるかと心配し、無事出産まであっという間だった。

体外受精をする前は人工授精もやったし、その前はタイミング療法など、そもそも子供を作ろうかと言ってから実に5-6年は経ってるだろう。
しかも不妊治療の最初の頃に乳がんが見つかってしまい、手術を行うという回り道をしてのこの結果だ。
前を向いて進めば何かいいことがある。
奥さんはよく頑張った。
僕はこの間にもう子無し人生だろうと思ってサラリーマンをリタイアした。

これだけ苦労したし、成果も出たのだから、記録としてずっと残しておきたい。
関連過去記事は体外受精で自分のブログを検索しても出るわけだが、キーワードでそれ以外の記事も拾ってしまうので、体外受精関連だけまとめてリンクを貼ることにした。
この記事をみればウチの体外受精の過去すべて振り返ることができる。

この記録をすべての不妊治療を行っている方々に捧げよう。
皆さんの幸運を祈ります。

2014/7/9 体外受精をするかもしれない
2014/8/3 体外受精へ向けて某有名病院を初受診
2014/10/23 これから不妊治療で結構カネがかかる
2014/10/26 体外受精1回目
2014/11/25 体外受精2回目
2014/12/27 体外受精3回目
2015/1/7 体外受精3回目 - (2) 着床せず失敗
2015/1/26 体外受精4回目
2015/2/2 体外受精4回目 - (2) また着床せず失敗
2015/2/24 体外受精5回目
2015/3/1 体外受精5回目 - (2) 陽性、着床した。ただし可能性はまだ半分以下か
2015/3/7 体外受精5回目 - (3) 着床継続中、ただし可能性はまだ高くない
2015/3/11 体外受精5回目 - (4) 着床継続中、女性ホルモン値がまあギリギリ
2015/3/21 体外受精5回目 - (5)生体確認取れず、ほぼ失敗
2015/3/28 体外受精5回目 - (6)流産を確認、今回も失敗確定
2015/4/19 体外受精5回目 - (7)流産後の手術は無し
2015/6/10 体外受精不妊治療の助成金支払決定通知が来た
2015/8/5 体外受精6回目
2015/8/8 大学の同級生も体外受精していた
2015/8/18 体外受精6回目 - (2)失敗
2017/1/3 体外受精7回目(1)心拍確認
2017/1/13 体外受精7回目(2)妊娠継続で成功報酬を取られる
2017/1/16 体外受精7回目(3)産婦人科に移る
2017/1/31 体外受精7回目(4)11W5D、ほぼ12週を更新
2017/2/17 体外受精7回目(5)14W1D、つわりと偏食
2017/3/17 体外受精7回目(6)18W1D 安定期に入った
2017/3/31 体外受精7回目(7)20W1D これが胎動か
2017/4/13 体外受精7回目(8)22W1D これで流産は無くなったぞ
2017/4/22 体外受精7回目(9)23W3D 出生前診断はせず
2017/4/27 体外受精7回目(10)24W1D 気になる性別は
2017/5/11 体外受精7回目(11)26W1D 順調に経過
2017/5/26 体外受精7回目(12)28W1D 逆子は続く
2017/6/9 体外受精7回目(13)30W1D 逆子解消
2017/6/21 体外受精7回目(14)32W0D 41歳だけど38歳時の子供
2017/7/7 体外受精7回目(15)34W2D 無痛分娩の説明を受ける
2017/7/21 体外受精7回目(16)36W2D 臨月
2017/7/28 体外受精7回目(17)37W2D 正産期
2017/8/4 体外受精7回目(18)38W2D カウントダウン
2017/8/11 体外受精7回目(19)39W1D なかなか産まれない
2017/8/21 体外受精7回目(20)帝王切開の可能性も
2017/8/27 体外受精7回目(final) 誕生
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

隠れ値上げにご注意ください

(2017-08-29)
先日ウエルシアで買い物した時のこと。

海苔が切れかかっていた、と記憶していたのでいつも買ってる全形海苔パックを手に取った。
・・・が、何かがおかしい。
ん?なんか軽くないか、と思ってパッケージをよく見ると
7枚入り!!
あれ、この商品は10枚入りじゃなかったっけ。
価格は税抜き198円と据え置かれているようなので7枚だと少し割高、いやかなり割高w

ネットだと1千円で50枚くらいの品があったと思うのでそちらのほうがいい。
もっともTポイントを無理にでも消化したいならこれを買う手もあったが、海苔は絶対必需品でもないし今回はいくらでも買うものがあったのでパスした。

それにしても10枚を7枚とは。
またセコい値上げをしているものだ。

品質や量を落とさずに素直に値上げして欲しい。

うまい棒も年々短くなっているというが、こういうことがあちこちで起きているんだろうな。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

バーミヤンでクーポン商品を片っ端から頼む

(2017-08-28)
奥さんが入院中、このタイミングしか自由に出歩く機会もしばらくこないと思ったので友人を飯に誘った。
向こうからバーミヤンを提案されたのでそこに決めた。
この人もそこそこの節約家だったようで、織り込みのチラシを持ってきた。

しかもテーブルの上でチラシで折り目をつけてクーポンをピリピリ切り取る、僕も手伝った。

そして、「クーポン商品だけで片っ端から頼もうぜ」、と言い始めた。

これは頼もしいw

普段は僕がこういう役割で、ドン引きされることを覚悟でやってるのだが、相手がこういう人なのは珍しいパターン。

クーポンにはドリンクバーも100円でついてたのでこれは長居必至。
餃子、春巻き、から揚げ、など5-6点頼んだ。
結局深夜1:00近くまで5時間ほどグダグダして帰ってきた。

それで会計は1,300円ほどだった。

時間と場所代を考えるとかなり安かったね。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

体外受精7回目(final) 誕生

(2017-08-27)
産まれました。

結局、運動しようがお香を炊こうが整体に行こうが辛い物を食べようがお腹に話しかけようが何をしても全く陣痛は来なかった。
先日再入院して、10:00くらいからまた陣痛促進剤を打つ。
予定ではこの日と翌日の二日間にわたって促進剤の投与を行い、ダメだったら3日目に帝王切開という流れ。

僕達二人とも通常分娩はほとんど諦めていて、たぶん3日目までずれこんで帝王切開だろうなと考えていた。

ところが再入院初日の陣痛促進剤投与であっさり陣痛が来た。
僕なんてどうせ始まらないだろうと思ってたから一旦家に帰って昼飯を食べたり洗濯ものをしたりゆっくりしてから再度15:00くらいに病院にいったのだが、なんだか奥さんが痛そうにしてる。
助産師の説明によるとお産がはじまりそうなのでこのまま分娩室に行きますと。

とうとう始まったかと少し緊張。

この時点で無痛分娩が可能になった。
平日昼間から夕方だったので麻酔医が確保できていた。
これは理想的な展開。

麻酔を打って痛みが和らいだところでイキみはじめる。
まあここからが長いだろうと。
なんせ初産婦の分娩室での時間は平均10時間以上とも聞いていたので日を跨ぐか、早くても23:00くらいの夜中かなと思っていた。

そしたらなんとそこから2時間弱で出産。
経産婦なみに順調に進んでますね、と言われた。

無痛分娩とはいえ奥さんはかなりキツそうだった。
イキむたびに顔が赤くなって、ひたいに玉のように汗が出てた。
出口が狭そうだということで少しカットした、そのせいで出血が増えた。
最後は医者もお腹を押して、さあ頑張れ頑張れと、助産師は両側から脚おさえてるし、なんかすごい光景。
イキみ10数回で頭が露出し初め、最後はずるっと胴体までするうっと出てきた。
出るやいなや泣き声を出したので呼吸は問題無し。

奥さんから出る瞬間は見ないほうがいいと言われていたので、僕は奥さんの頭側にいたんだけど、普通に見えてしまった。
もちろん脚側にいたわけじゃないからもろに正面から見たわけじゃないけど。
本当言うと産まれてくる瞬間とか、その時に、頭が見えました、あともう少しです、みたいな実況的に親族にメールでもやろうかと思ってたんだけど、その余裕はなく、ただ見守っていた。
頑張れとか余計な事を言ってもうっとうしいだけとも奥さんから聞いていたので、たまに手や頭を触るくらいで、ただ黙って見ていた。

仕事が忙しいからと出産に立ち会わない人がいるそうだけど、いや、これは絶対見たほうがいいよ。
このエンタテイメントはなかなかない。
重要な会議とか、アポとか、そんなのどうでもいいからドタキャンもしていいから観に行くべき。
僕はこの瞬間に立ち会えて本当に良かったと思ってる。
仕事してないから何のドタキャンもしておりませんが。

出産後、子供を洗いに行く、ということで助産師が僕についてこいと言った。
そこで洗ったり体重を量ったり。
体重は3,200少々。
予定日をかなり過ぎていたのでもっと4,000近くいってるかと思ったが意外とそうでもなかった、少し大きめくらい。

その後、旦那さんも抱いてみますかー?と言われて、ハイハイと応じて抱いたは良かったが。
助産師がそのままどこかに行ってしまい、全然帰ってこない。
30分くらいよくわからないまま抱き続けて腕がしびれた。

その間、奥さんのほうは胎盤がなかなか剥離せず、少し手間がかかっていたようだ。
医師が手を入れてはがしたが、もし癒着がひどければ子宮摘出の手術が必要だった。
結果的にそれはなくて良かった。
体外受精の場合、胎盤癒着はよくあることだそうだ。

僕が娘を抱いているときに金属トレイの中に赤い汁に漬かった豪華なビーフシチューみたいなのがたぷたぷで運ばれてきた。
これが胎盤ですか、と聞くと助産師がそうですと答えた。冷凍保存するのだそうだ。
いやあ、あれだけのものが、しかも出血とともに出るんだからそりゃすごいことになるわけだね。
奥さんは今回の出産で1.6Lほどの出血をした。

そして僕は子供と一緒に奥さんの元に戻り、またご対面。
スマホで記念撮影をした。

産まれたての娘は出産後1時間検診、2時間後検診、というのをして特に問題無し。
現状は健康面で大きな問題は無さそう。

19:30ごろに奥さんは個室に戻って晩御飯。
しかし気分が悪くて食べられないというので、僕が代わりに全部食べた。
貧乏性はこんなところでも発揮された。
今の病院食、なかなか美味しいよ、塩分はもちろん控えめだが、僕も薄味だし、味はむしろ良いくらい。

子供はこの間、専門の管理部屋に映されてそこで24時間管理される。
現代システムはすごいな。
出血は多かったものの、奥さんも特に問題は無い。

20:00ごろに僕は病院を後にして自転車で家に戻る。
娘のへその緒の一部をもらったのでこれをベランダに干す。
これは乾燥させて箱に入れて保存する習慣があるのだそう。

一息ついて、冷蔵庫からビールを出し、一人で乾杯。
誰か友達と飲みに行っても良かったが皆忙しいし、こういう日はむしろ一人でじっくり味わうほうがいいと思った。

長かったこの体外受精シリーズもこれで終了。
無事に無痛分娩ができて、母子ともに健康で、これは願ったりかなったり。

今までこの記事を読んでくれた方、コメント等で助言、応援をしてくれた皆さま、ありがとうございます。

ここにお礼を申し上げます。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク