立川マシマシに行ってきた

(2017-07-31)
IMG_20170724_181736.jpg

立川マシマシ5号店
そんなに店舗があるのか、といっても立川と御茶ノ水くらいしか無いそうだ。
おそらく2-4号もあったのだろうが閉店したんだろう。
いわゆる二郎インスパイア系で、量で勝負のバカ盛り店。
この5号店は御茶ノ水、友人がちょうどこの近辺で働いているのでこちらの店舗に行ってきた。

ここの名物はマシライスというもので、ご飯に豚ひき肉の炒め物がカレーみたいに乗ってるジャンクフード

席に座るとまずこのような張り紙が
IMG_20170724_183413.jpg

大盛をマシ、超大盛をマシマシ、と呼んでいる。

初めての方は普通から、、と書いてるので馬鹿正直に普通にした。
普通で350g、マシで475g、マシマシで750gになるらしい。
値段は変わらないので、チケットを買った上で普通なのか、マシなのかを店員に告げる。

350なら余裕余裕。これがマシライス750円 スープ付
IMG_20170724_183451.jpg

どうですか、脂っこそうでしょう。
めちゃ脂っこい上に味が濃い!!
僕は普段外食しないのでそこらへんの外食でも濃いと感じるがここは数段階上の濃さ。
だから張り紙に味薄めにもできますってあるんだ、なるほど。
あまりに濃いのでコメがすぐなくなってしまう、これは量というより味を薄めるために、マシ(大盛)にしたほうがいい。
案の定、通常の量なら軽く食べられてしまったが、味が濃いので家に帰るころには咽喉がカラカラ。
水を沢山飲んで中和した。

次回行くことがあればラーメンも食べてみたい。
やはり二郎系らしく野菜バカ盛り状態になるそうだ。

たまにはこういう馬鹿みたいな食事をして、馬鹿みたいな気分になるのも精神衛生上いいねw

スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ホームベーカリーでの黒糖(固形)の使い方

(2017-07-30)
ホームベーカリーを買って以来パンはほぼ自作の生活が続いている。

パンを作るにはイースト菌の発酵作業のために糖分が必要で、レシピに砂糖があるのはそのため。
最近は黒糖を使っている。
黒糖パンを作りたかったというよりは知り合いとか親戚にもらった黒糖が一杯余ってたからだ。
沖縄に行った人がよくお土産でもってきたりするのよね。
しかし僕は料理で砂糖はあまり使わないから割と大量に余っていた。

ネットのレシピで黒糖、パンなどで検索するといろいろと出てくるのだが、大抵は黒糖(粉末)となっている。
そりゃそうで、ホームベーカリーにごろごろの黒糖を入れてもそれを粉々にしてくれるようなパワーは無い。
僕がもっている黒糖はサイコロサイズのごろごろしたものなのでそのままでは使えない。
なので事前にすりおろそうと試みるのだが、、、これがやっかい。
黒糖って意外とベトツキがあっておろし金に詰まるし、小さいものをつまんでするのも指力的にかなり大変。
ミルサーで粉々にしてもいいが、やはり刃にこびりつくぶんもあってなんとなくもったいない。

そこで、熱して溶かしてしまえばいいんじゃ?と思い付き、そこそこ上手い事いってるので紹介する。
やり方は以下の通り。

1、量りで任意の量を計測する。
この時、小さい行平鍋などをつかえばそのまま次の工程に行けるのでラク。
ウチの場合は17gなので黒糖をつまんでポンポンおいて17gぶんにする。合わない場合は包丁などで適当に砕いて少し細かいのを作れば調節しやすい。

2、鍋にその黒糖を入れて、水を少量、底に張るくらいの量(40-50g程度)を入れる。
この時水を入れすぎると冷ますのに時間がかかるので注意。僕は大体40gくらいになる量を入れてる。

3、弱火で熱しながら崩していく。
熱をかけて水分と混ざると黒糖がどんどん溶けていく。
黒糖の表面が濡れてきたら、箸やフォークなんかでつつけば簡単に崩れる。
なべ底にこびりつかないように箸でこそぎながら溶かす。
黒蜜と言うレベルの粘度まで煮詰める必要はなく、シャバシャバの黒糖水みたいなのでOK。

4、全て溶けたら放置して冷ます。
時間がもったいない場合はここで氷を入れて一気に冷やすことも可能。
40g程度の量なら放置でもわりとすぐ冷めるよ。

5、ホームベーカリーにいつもの材料を投入し、最後にこの黒糖水と水を入れる。
最後にこの二つだけを投入する状態にして計りをリセット。
例えば水の量が190gなら鍋の黒糖水を入れて40gだったら水を追加で150g入れればいい。
トータルの水の量からこの黒糖水のぶんを引くわけだね。

6、あとはスイッチ入れていつものようにスタートさせるだけ。

こんな感じ。
黒糖を水で熱して液状にするのは1-2分でできちゃうのですりおろすよりは圧倒的に早くラクだ。

これで普通に黒糖パンが焼ける。
参考までに僕のはパナソニックのホームベーカリーSD-BH1000-Yです。

出来上がりのパンからはほんのり黒糖の香りがする。
少し高級感が増すかもね。

単純に砂糖を入れるのが一番ラクなのでこのためにわざわざ黒糖を買う必要は無いが、僕と同様に固形の黒糖が余ってて仕方がない、しかもホームベーカリーでパンを焼いてる、という人がいるなら是非やってみたらいいと思う。

黒糖もあまり長期で持ってるとカビが生えたりするらしいので早めに使ったほうがいいし。

僕はどんどん黒糖の消費が進んでようやく在庫がはけてきたよ。

スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

水や炭酸水を箱買いする

(2017-07-29)
なんで今までこれをしてなかったんだろう。

一本一本買うより、箱一個のほうが単価が安いのは当然。
思うに車を持ってないのと、以前の自転車はカゴが無かったので大量運搬は考えもしなかった。

今はママチャリである。

夏になると炭酸水を買うのだが、近くの量販店で500mlペットボトルが一本60円くらい。
何気に箱買いしたら10円ほど安くなることに気が付いた。

500mlの炭酸水ペットボトルが24本でひと箱に収まっている。
店員に聞いたらこちらのほうが安いと価格も教えてくれた。

これを箱ごとレジまで持って行って購入し、精算後に棚において箱を開ける。
24本すべて取り出してリュックに詰めるだけ詰め、入りきらなかったものはレジ袋に入れてそれをママチャリの前かごに入れる。
できたじゃないか。
24本、自転車で持って帰ることが可能だったのだ。
重量は12kgになるからそれなりにキツいけど、20日のウエルシア買い物では20kgくらい持って帰ってるからこれくらいは余裕。
むしろ軽い運動になると思ってやってもよい。

なお残った箱は店員に、これはいらないです、と渡すと快く受け取ってくれる。
モノだけ持って帰られるのだ。

妊婦の奥さんは水をたくさん飲まなければいけない、ということで2Lペットの水も購入しているが、
これも箱で買うことにしている。
1箱で6本セットだからこれも12kgだね。

水系のものはamazonやヤフーショッピングなどで検索しても意外と高い。
かさばるうえに重量もあるから送料負担が大きいからだろう。

炭酸水は夏が終わる前にもう1ケースくらい買うかもれない。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

体外受精7回目(17)37W2D 正産期

(2017-07-28)
奥さんの妊娠が37週に入った。
これで早産も無し。
早産とは36週までに産まれることなのだ。

この37週目からを正産期といってもういつ産んでもいいよという時期。
今日産まれたっていいわけ。

推定体重は2,600g
2,500未満を低体重児というそうで、そのラインも超えたから特に問題はないね。

今日の検診でのエコー、もはや見慣れた光景だが、ほぼ人として出来上がっているのが分かる。

病院を出て、蕎麦屋にいく。
昨日から奥さんが外食したいと言って断り切れず。

カツ煮
IMG_20170728_111335.jpg
ミニ天丼+ざるセット
IMG_20170728_111935.jpg
3種ざるセット
IMG_20170728_112015.jpg

これで3千円弱。
出産前祝いだね。

37週から検診は1週間に一回なので次回も来週。
その次はもう産まれているかもしれない。

今晩はお祝いで一杯やるつもり。
22週の時は流産がなくなって乾杯、今回は早産が無くなって乾杯。
酒は僕だけだけど。

スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

子供一人を成人まで育てるのににかかる経費を記録し続けてみる壮大な企画

(2017-07-27)
8月に子供が産まれる予定の僕にとって経費増は覚悟しておかないといけない。

子供の教育費調査
自分の教育費調査
ブログ開始当初の記事だが、この流れで、僕は教育費はさほどかからないと思っている、せいぜい1千万もみておけばいい。

それ以外にも食費やらいろんな面でどのくらいかかるのか、軽く調べたくなってきた。
でもググってもそれはなかなか出てこない。
子供はカネがかかるよー、という抽象的な意見はよく聞くが、じゃあいくらかかるの、と聞いても出てこない。
皆どんぶり勘定でたいして把握してないのだ。

僕は独身時代から家計簿をずっとつけていて、もう20年近くになる。
だから記録事を続けるのは好きだし、できる自信がある。

というわけで、自分の子供を20歳まで(大学に行かせたら22まで?)育てるのにいくらかかったかを記録していこうと思いたった。

1円単位まで神経質にやる必要はないが、大雑把な理解はしておいていいだろう。

今使ってる表計算ソフトで自作した家計簿の延長でできるからそう大した手間ではない。
列を一つ増やして「子供経費」というのを作ったらしい。
たとえば食費なら乳幼児の間は子供用の粉ミルクなどは100%だからその列に1とでも入れておけばいい。
これが大人と同じようなものが食べられるようになったらだいたい1/3くらいだから0.3とでも入れる。
成長期になったら沢山食べて半分くらいだろうから0.5でいいだろう。
娯楽についても夫婦だけでいったものは0だが、夫婦で子供を連れて行ったら0.3だな、夫婦どちらかと子供なら0.5だ、完全に子供のために行ったものなら1でもいい。
家賃は今のところ0でいいが、大きくなった子供のために一部屋多いところに引っ越したら0.3くらいつけてもいい、水道光熱費は0.3だろうね。
教育関連はもちろん1だね。

こうして各項目ごとに、子供のぶんとしていくら使ったのかが後から計算できるようにしておく。

そして20歳まで続ければ、、、
ウチの子供(娘)を育てるのにトータルいくらかかりましたってのが分かるわけよ。

これなら費用を具体的に語ることができる。
子供一人育てるにはいくらだよ、そのうち教育費はいくらで食費はいくらだよ、なんて話もできる。
もし子供が道を外しそうになったら、お前を育てるのにいくらかかったと思ってるんだ、〇万〇千〇百円だぞ!と言うこともできるw。

子供を作ろうという20年後のリタイア希望のブログ読者にとっても参考になりそうだ。
20年後もやってるかどうか全く分からないが。

20年もたてば物価変動もいろいろだから単純に比較はできないだろうが、そこは物価指数でも使って適当に調整してください、という感じで。

こんなことしなくてもこれまでの夫婦二人の年間生活費は大体把握してるからこれから増えたぶんで分かりそうなもんではあるが、まあこれも一種の遊びである。

とりあえずこないだのオムツ代から記録しておくか。

スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク