体外受精7回目(4)11W5D、ほぼ12週を更新

(2017-01-31)
11W5Dは11 weeks and 5 daysという意味らしく
妊娠から11週と5日を経過したという意味だそう。
妊娠初期はこのように表現するんだね。

一般的に12週までが一つのヤマ。
ここを超えると流産の可能性パーセンテージが一気に一桁くらいに減る。
だったら12W超えたときに検診すればいいのにね。。。
あと二日なのに。
でもこれでほぼ超えたといって良いんでしょう。
次の検診は4週間後。

産婦人科に移って二回目の検診。
昨日の検診で順調に育っていると確認。
この段階では胎芽ではなく10週を超えたら胎児と呼ぶそうで、現在の体長は5cmくらい。
エコーの写真では頭と体が別れていて手足もかすかに見えていた。

一般的に安定期というのは4-5か月を超えてから言うそうだ。
そこまでいかないとまだまだ分からない、なんせ高齢だからね。

なお分娩日まで現時点で予約するのが今のシステムらしく、8月某日に予約した。
その予約代金でまた12万円払ったんだってさ。

ほんと世の中カネだな。

ただ健康保険から出産育児一時金が出るし、出産時のコストはなんとその差し引きの金額だけ納めればいいらしい。
出産育児一時金は直接病院に振り込まれるんだそうだ。
てっきり最初に全額払って後から国保に申請して取り戻すのかと思ってたんだけど。
このあたりは病院によってシステムが多少違うようだ。

このブログだからこの件もカネの話が出てすいませんね。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

セブンイレブン店員はnanacoクレジットカードチャージのセンター預かりを知らない

(2017-01-30)
コンビニ店員なので余り高いレベルを求めるのは酷だとは思うが、それにしても自社で扱っているサービスがここまで周知されていないとは。。。

昨日の記事
住民税4期を支払う。これでリタイア後の住民税地獄が終わる。

この時もnanacoクレジットカードチャージのセンター預かりを利用した。
自分の住民税が58,000円、奥さんのぶんが11,000円と合計69,000円を支払った。
5万を超えているので、5万円をチャージした上でセブンATMでnanaco残高確認、帰宅して再びチャージしてのセンター預かりが19,000円ぶん。
これで準備完了、あとは店舗で支払うだけだ。

これまで店員がセンター預かりを知らないことが多かったので、昨日も最初からカウンターで
「nanacoのセンター預かりは理解していますか?5万円を支払った後に残高確認をして再び預かりのチャージ額を持ってくるやり方ですが」
と聞く。
この時点で?となったら責任者ぽい人を呼べばいいが、この日は新人らしき2人しかおらず両名ともさっぱり分からないという顔。
まあ、仕方ない、これまで何度もあった光景だ。
結局、店長が居ないのでそういった複雑なことは分かりませんと。
いい開き直りだ、中途半端に分かった気になって、実際にレジを叩いてから?となるよりはこちらも手間が省けていい。
なのでこの店舗では諦めて、近くの別な店舗に行った。

その次の店舗でも同様に質問をする
今度は、はい、いいですよ、と。
さっきの店舗で二人が理解していなかったから、3人目で理解している人に当たったかとほっとして手続きをすすめる。
が、5万をnanacoから落とした後に不思議そうにこちらを見ているこの店員w
え、だから残高確認してセンター預かりを引っ張るんだよ、わかってるんだよね?と僕。
え、えーと、残りは現金で支払いということですかね?と店員。
いや、だーかーらー・・・・分からないなら分からないって言えよ、これなら先の知らんと開きなおった店員のほうがマシ!

再度センター預かりを説明するがこの店員さんは初めてのことで良く分からなかったらしく、事務所奥に引っ込んで店長らしき人を引っ張りしてきた。

店長さんが、ああ、はいはい、とレジを操作して終了。

はあ、疲れた、住民税支払いでこれだけ動き回ることになるとはね。

住民税をnanacoクレジットカードチャージで支払い、少しでもポイントを得るやり方は早期リタイア界だけでなく一般的なやり方だと思うのだが、どうもセブンイレブンの店員はこのことを知らない人が多いようだ。
実際僕は2015年の3,4期、2016年の1-4期と合計6回行ったが、最初の店員が全く問題なくやってくれたのは一回しかない。
残りの5回は毎回このようなトラブル?に会っている。

これからこの仕組みを利用する人はセブンイレブンの店員を教育するつもりでおおらかな気持ちで行うといいよ。

来期からは住民税負担がかなり減り、5万円を超えることは無くなるから、僕はもうこのセンター預かりを利用することはたぶんないだろう。
もうこのやり取りをしなくてもいいかと思うと少し残念な気も・・・・全くしない。

ていうかちゃんと教育しとけよ・・、セブンイレブンさんよ。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

住民税4期を支払う。これでリタイア後の住民税地獄が終わる。

(2017-01-29)
1月末支払い期限の住民税4期を本日近くのコンビニで支払ってきた。

これで長かった退職後の住民税地獄も終わり。

2015年の9月末に正社員を辞めて、残ってた2015年度の3期、4期がそれぞれ13万円強。
2016年度に入ってからの1,2,3,4期が各58,000円、端数は最初の1期に乗っている。
リタイア後に住民税でざっと50万円くらい支払ったわけですよ・・・

これは今のウチの4か月ぶんくらいの生活費だな。
とんでもない額だ、、仕方ないけど。

2016年はほとんど稼いでないので来期の住民税はゼロか発生してもごくわずかだろう。

これからリタイアする人はこの住民税負担をしっかり計算にいれたほうがいいよ。
分かってるだろうけど、実際に来るとかなりショックです。
サラリーマンとはこれらの金額が自動的に給与から差っ引かれ、当人は納税している意識も無い、という素晴らしい奴隷洗脳システムです。
納税してる意識がないから税金の使い道にも興味がなく選挙にもいかないからますますこれらの人の意見は反映されず、搾取されるだけの奴隷として存続するすばらしい好循環を生み出していますね。

節税をどんなに頑張っても最終的に発生した税金は節約できない。
そこはnanacoクレジットカードチャージでポイントぶんだけでも戻すくらいしかないのだが、長くなりそうなのでその顛末はまた次回の記事で。

リタイア直後の高額の住民税負担が終わり、これでかなり身軽になった気分。
完全に重しが取れて、さあこれから軽快な気軽なリタイア生活の始まりだ、という気持ちになっている。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

リタイア戦隊ヒモレンジャー

(2017-01-28)
リタイアして1年以上経過したが、ウチの家計はいたって平穏だし、奥さんが働いているのが大きいね。
奥さんからも少し家計に入れてくれているし、正直助かっている。

リタイアする人のブログを読むと夫が一人で一所懸命頑張るか、よくて夫婦二人で仲良くリタイア、というパターンが多そう。

僕のように「リタイアしました、もう働きません、奥さん頑張ってね」、というヒモ傾向の人間は余り居ない。

ヒモといっても主だった資産は自分で築いたし、1年経過後の今ははバイトしてるけどね。

ヒモレンジャーの小技として、スーパーでの見切り品ゲット、や、ポイント活用、自宅飲み、マメな家事、図書館でタダ読書などがあるが、最強の必殺技は
「奥さんを働かせて家計に貢献させる」
である。

これができるできないでリタイア資金面での余裕が全然違う。

同様の人いませんかね?ヒモレンジャーを結成しませんか。
僕はリーダーシップは無いので赤の位置はお譲りします。
でも多少の存在感は欲しいので青くらいは欲しいな。
痩せ型なのでカレー食ってる黄色いぽっちゃり役は無理だ。
緑って、、、なんだっけ。

条件は奥さんを働かせているヒモ型リタイアーです。
夫婦仲良くリタイアしてる人はいけませんよ、資格なし。

ピンクは、うーん、やはり女性か。
となると
「夫をブラック企業で働かせて小遣い1日500円を渡し、自分は平日からカフェでランチ」
「3号被保険者で自分は1円も払わずに年金を満額もらう」
などが必殺技でしょうね。これ聞いたら皆卒倒するし。
他人に寄生して生きるすばらしい立ち位置だよね。

あ、ただの実家寄生はダメですよ。
やはりパートナーをゲットした上で、相手を働かせて生きている人、ということで。

結成できたら、、、
とりあえずオフ会でもしようか。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

正社員って本当に大変そう、僕はもう戻る気はありません

(2017-01-27)
今のバイト先にも当然正社員の人たちは大勢いる。

朝から会議で、顔が疲れている。
残業もかなりしているみたいで、休日出勤もしょっちゅう。
残業も休日出勤も会社命令というか、厳密には命令じゃないけど、仕事量があるからせざるを得ない状態。

派遣などのバイトに対しては親切に接してくれる。厳しいことは特に言わない。
大変な仕事はほとんどこの人たちがやっているのよね。
僕らバイトは言われた単純作業に近いことをやっているだけ。

僕もほんの2年くらい前まで正社員だったんだよね。
会議もよく出たし、仕事が終わっても仕事のことが頭に残ったりしていた。

こういった状況を見てて、やはり正社員ってわりに合わないと思う。
自分たちの責任の軽さからいったら彼らは10倍くらいもらってもいいと思うが、おそらくそんな差は無いんだよね。せいぜい2-3倍くらいか。残業しまくっているぶん、時間給にしたらあまり変わらないかも。

こないだも体調不良で正社員が突然休んでた、おそらく倒れたっぽい。
疲れがたまってオフィスで居眠りしてる人もいる。

この人たちの横顔を見ていると、決して幸せそうには見えない、二言目には休みが欲しいって言ってるし。

でも、それでも正社員として頑張るのは、家族がいる、住宅ローンがある、服やモノが欲しい、、、などのお決まりのパターンなんだよね。
一番大きいのはステータスだろう。
正社員という肩書は何物にも代えられない重要な物だと思っているのだろう。

こうした人たちが社会保険や税金を多額に長期に渡って支払い、自分のような早期リタイアの低コスト生活を支えてくれていると思うと、ちょっと悪い気もしてくるね。

日本の働いたら負けシステムが改変されない限り、労働は全くしないか、最低限に抑えてゆるりと生きるのがいいな。
そのためには若い時から節約に励んで、できるだけ早い段階である程度の金融資産を作るのがいい。
しかしそんな人間が多くなると現在の仕組みは崩壊してしまう。
このような人間が少数派で本当に良かった。

スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク