今月はATMを一回も使わなかった

(2016-10-31)
新生銀行のTポイントプログラムでポイントを得るために1千円の入金と出勤はしたが、
今月はそれ以外の実需では一度もATMを使わなかった。

使ったところで新生銀行はセブン銀行、Eネット端末、ゆうちょATMなどが365日24時間無料なのでコストはかからないから、
特段セーブしたわけではない。下す機会が普通に無かったんだよね。

住民税の支払いをnanacoクレジットカードチャージで支払い、その際、奥さんのぶんもやったので奥さんから現金でもらったのが効いたかな。
財布の中にまだ現金がそこそこある、来月も下さないかもね、逆に入金してしまおうかな。

スーパーはほとんどカードで払えるし、本当に現金を使わなくなった。

明日からしばらくバイトだけど、昼飯は例によっておにぎりやサンドイッチを持っていくから、たぶん現金支出はない。
まれに外で昼飯を買う機会があったとしてもカードで買うだろうし。

そのうち現金っていらない社会がやってきているんじゃないかな。
ATMにカネを準備するコストだって無駄だろうし。
おカネってどんどんバーチャルなものになっていくね。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

奥さんをケーキと外食で接待

(2016-10-31)
男性の既婚リタイアでリタイアに理解が無い女性パートナーをお持ちの場合はさぞかし苦労していることでしょう。
まず、とにもかくにも家事をすることです。
料理洗濯掃除なんでもすることです。
女性が男性のリタイアに理解が無いのはたいていの場合、男が家事を全くしないからです。
それが全てでもないですが、理由の一つではあります。
何もしないのに家にダラダラ居られてもまさに粗大ごみです、利用価値ゼロの廃棄物。
ゼロどころかマイナスかもしれませんね、夫に家に居られたら一人でリラックスできる自分の時間が奪われ、昼飯だって二人分作らないといけない。
だったら外に出て1円でも稼いで来いというわけですね。
ストレス?寿命?知るかボケ、家に居ても何もできないクズは死ぬまで働いてこい、むしろ早く死ね、遺族年金期待してるよ、となりますw

僕の場合は家事をけっこうやっているのでリタイアの完全ダメ出しをされたことはありません。
スーパーへの買い出し、食事の支度や後片付けなんかはほとんど僕がやってますね。
食後のコーヒーも僕が淹れているし。洗濯も僕の方が多いですね。
掃除は奥さん担当、という感じかな。

さて、それでも悲しいことに、男なんだから働けよ、、的なムードが漂うこともあるし、
他のなんらかのきっかけで不機嫌になることもあります。

そういう時、またはそうならないよう予防的にいろいろやっておくのもいいでしょう。

先日は奥さんが好きなTOPSのチーズケーキを買ってきました。
まあこういうことは1年に数えるほどですけどね。

そしてまたその数日後には外食に連れていきました。
とんかつ、家では脂物ってしないから、外食向き。
IMG_20161026_115034.jpg
IMG_20161026_114923.jpg

上が普通のとんかつ定食、下がヒレカツ定食。

お互いに肉を一部交換して、美味くいただきました。
外食も数か月に一回ですけどね。
とんかつの後は奥さんが好きだという喫茶店にいってコーヒーを飲みました、これは彼女が出してくれました、二人で1千円くらい。

ケーキが1,300円くらい、このとんかつ定食が二つで2千円くらい。
今月は3千円少々奥さんの接待費に使いました。

これも必要経費でしょう。
円滑なリタイアライフのためです。

しかし、よく考えたら、世間のお父さんは家事をすっかり奥さんにまかせっきりで、それを詫びるように、
いつもサポートしてくれてありがとう、という意味で外食に連れていったりケーキを買ったりするんだよね。
僕の場合、普段から家事を結構しているのに、なんで僕が外食に連れていったり、ケーキ買ってこなきゃいけないの?逆じゃないの?と思わないでもありません。

まあ、いいのです、結婚してしまった以上、これらの理不尽は受け入れるしかありません。
その代わり何かのメリットを僕ももらっているのでしょう、たぶん。

独身でリタイアを目指している人は、もし一切気を使わないリタイアライフをお望みなら、そのまま独身でいることをお勧めします。

早期リタイアについて、よく奥さんの理解が得られたな、とか、奥さんは怒らないのか、なんて言ってくる人がいますが、
普段からのマメな家事と、こうした小さな努力が積み重なっているのですよ。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

奥さんにもポイント消費でしっかり買い物させる

(2016-10-30)
先日奥さんがヤフーの期間固定ポイントが700ほどあるということで、
ファミマでコーヒーでも買おうかな、なんて言ってるから、
いやいや、期間固定ポイントはヤフーショッピングとかLOHACOじゃないと使えないんだよ、と教えてあげた。

ええ?!!という反応、こういうのを気にしない人ってのはどこまでも気にしないみたい。
たぶん今までもかなりの期間ポイントを捨ててきているのだろう・・・楽天ポイントもおそらく。

今回の700ポイントについては乾麺の業務用うどんで1kg700円少々送料無料のがあったので、これを教えて買ってもらうことにした。
そして、5の付く日に買ってくれというわけでエントリーサイトも送ってあげて25日に購入。
ここまでしてあげないと絶対やってくれない。

ああ、面倒くさ、とばかりにやってくれた。

今日は自分のリクルートポイント期間ポイントの消費期限が明日に迫っていたので、忘れないうちに買い物。
520円のイワシ煮というのを買ってみた。
酒のつまみだな。
今回はバリューコマースを忘れずに経由した。

ふーん、大変そうなのね、とこれも奥さんはあまり興味が無さそう。

なんか奥さんのカードポイントも全部僕が把握して何を買うか決めていったらいいんじゃないかと思ってきた。
でもそれは出過ぎた真似なのでやっぱり止めておく。
聞かれたときに答えるだけにしよう。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

キャピタルゲインからインカムゲインに方針を切り替えるかな

(2016-10-30)
どっちでもゲインだったらいいんだけどね。。。

昔は投資というと僕はキャピタルゲイン志向でやってきた。
低位株で何かドカンと上がるとか、
無配当株を買っておいて、有配当になったらドカンとか、
2部上場の株で、1部上場に格上げでドカンとか、

どうせ投資をするなら大きく上がらないと意味が無いじゃないと。
これで当たったこともあれば外れたこともあるし、結局大儲けはしていないので、それなりの成績だ。

投信ではここ最近できるだけ無配当のインデックスファンドでやってきた。
配当を出すものは課税されるが、配当されずに内部留保でいってくれれば再投資の資金効率がいいので。

そうこうしているうちにリタイアしてしまった。
株で大儲けを期待するのもいいが、それよりは堅実に行くことと売るタイミングが問題になってくる。
株は買うのは簡単だが売るのが難しい、これは今までの投資で本当にそう思った。
利益が乗ってもまだ上がるのではという欲望と、税金がかかるのがイヤなのでいつまでたっても売却できないのだ。
そうこうしているうちに反落してとうとう含み損領域に、こういうことが何度もあった。
ようは利益の出しどころを逃すのである。

だったら機械的に益出ししてくるものを持っておけばいいのではないか。
といっても毎月分配型投信はコストが高いのでイヤだ。
となると、最近買い始めたETF1557なんかはけっこういいかもしれない。
米国で10%、日本で20%強の配当二重課税はちと痛いが、配当性向は割といいし、そもそも米国市場は期待できるし、けっこう良いよな。
信託報酬は0.0945と激安でこれは貸株で回収できてしまう。実質ゼロと思ってもいい。
4半期ごとに配当が出るので、細かく定期的に強制的に益出しされるようなもの。
いちいち売却タイミングを図る必要がない。
無配当の投信でも自分で売却すればいいじゃないと思うが、これも売却タイミングを欲張ってしまうのよ、どうしても。
あと、投信で利益を出した場合は他の損失のあるものもセットで売って、とか、結構面倒。

今すぐごそっと移すことはしないが、将来的には自分の保有商品をこういった配当重視の商品構成に切り替えて行きそう。

バイト代が入り、案外配当金を生活費で使わなかったら手動で再投資してもいいしね。

でも一番欲しいのは無配当型の超低コストインデックス投信でS&P500だけに投資する商品だよな。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

本当にやりたいことを見つけたら他人のことはどうでもよくなる

(2016-10-29)
本当にやりたいことを見つけなさい。
とはよく言うが、この本当にやりたいことなんてそうそう見つかるもんじゃない。

ましてや本当にやりたいことがサラリーマンなどでは無いはずだ。
皆が本当にやりたいことを探し始めたらサラリーマン社畜をやる人がいなくなって社会は混乱しそうだね。
それでもサラリーマンの中には自分はやりたい仕事をやっていてプライドもあるという人が結構いるが、
たぶん自分に嘘をついてると思う。
もちろん一握りの人でそういう人はいるし、その人はかなり幸せだと思うけどね。

おそらく大抵の人はサラリーマンなんてやりたくもないはず。
結婚したとか子供を養うとかで、しょうがなくやっているわけで、
でも毎日しょうがなくやっているなんて認めたくないから、仕事にやりがいがある、なんて自分に言い聞かせている人が多いよね。

小学生のころの文集などの将来の夢とか、そこに何を書いてるか見たらわかるはず。
ほとんどの人は、「そうりだいじんになってにほんをよくする」「うちゅうひこうしになってちきゅうをいっしゅう」「さっかーせんしゅでわーるどかっぷでとくてんおう」とか書いてるわけでしょ。
日本中あるいは世界中のヒーローに。
で、大人になっていくに従ってそれらの夢は非現実的で自分にそこまで才能がないことを知っていき、
妥協に妥協を重ねて、ようやくどっかの会社のサラリーマンという人生に落ち着いているわけだ。
今の状況が昔から本心から望んだ状況であるはずがない。
いしゃ、べんごし、しゃちょう、ならまだ望み通りいってるほうかな。

小学生の文集で、「さらりーまんになって、まんいんでんしゃにのって、かいぎに出て、はんこもらって、ざんぎょうして、どうりょうといっぱいやって、じゅうたくろーんをかえして」とか書いてる奴いる?

だからこれらの一般的サラリーマンは本心では不満足な人生を送っている可能性が高い。

でも働くだけの人生だと諦めるんじゃなくて、少しでも節約して投資もして、この不満足な人生から早く抜け出したいと思って実行しているのが早期リタイア界の人たちだ。

僕はたいしてやりたいことも無かったが、本当にやりたいことがいつからか早期リタイアになったので、今の自分にはそこそこ満足。

いわゆる社畜というのではなく猛烈に働いている人でも面白い人はいる。
そういう人は純粋に仕事を楽しんでいる人で、多くは雇われではなくて経営者だね。
この人たちはリスクを負いながら自分のやりたいようにやっているし、そりゃ飲んでいても話が面白いし楽しい。
こちらがリタイアしたといっても拒絶反応なく受け入れてくれるのもこういった人に多い。
お前の人生なんだから好きにしたらいいじゃん、というわけだ。
自分自身が好きに仕事しまくって生きているから、その部分では実はつながっているんだよね。
僕が働けと言われるのが嫌いなのと同様に、彼らも働くなリタイアしろと言われるのはイヤだろう。
お互い好きにやっていて、相手に価値観を強制しないから全然問題ないのだ。

そりゃダメだよ、仕事しないでどうするんだ、男は働かないと、と説教してくるタイプはいわゆる雇われの社畜タイプに多い。
自分が嫌々の人生を過ごして、毎日やりたくもない会議だの残業だのをやっているから、自由に生きてるこちらを見ると腹が立ってくるのだろう。
だからこの手の働けアピールは半分嫉妬なんじゃないかと思ってる。

猛烈に働こうが、蓄財して早期リタイアしようが、
自分が本当にやりたいことをやっている人間は他人のことなどどうでもよくなり、自分自身に満足した良い人生になるのである。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人(予定)

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク