一休のビール祭り7月は12,13,14の3日間

(2016-06-30)
また居酒屋一休がビール祭りをやるようです。

ビールフェア、何杯飲んでも一杯50円

ただし、このビール祭りはビールは一杯50円(税込み54円)と激安になるものの、つまみは通常の会員価格ではなく、高い設定になる。
だいたい1品500円くらい。
普段は200-300円台であることを考えるとかなり高額。

なので、つまみは一人1-2品程度でひたすら大量にビールを飲む、という人向け。

僕は酒に弱く、そんなに大量に飲めない方なので実はそれほどお得ではない。

でもたくさん飲める友人を誘って3日間のうち1日は行っておこうかな。

スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

「ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本」を読んだ

(2016-06-29)
ビッグファットキャットの世界一簡単な英語の本
久しぶりに読書感想。
奥さんの実家にいってもやることはないだろうからと思って図書館で借りておいた。

本書は簡単にサラっと読めるし、内容もなかなか良かった。
これから英語を勉強しようとする人にはおすすめ。

まず英語を難しく考える必要はない。
というよりもすべての言語が特に難しいものではない。
こうして日本語を使ってある程度のことができている人ならレベルの違いはどうあれ誰でも英語など習得できるものなのである。
実際日本に来てまもない外国人が案外日本語をそこそこ駆使して話しているのを見ればそれがわかる。
語学とは本来簡単なもの。

では、なぜ日本人だけが英語がこんなにもできないのか。
それはわざわざ英語を難しく考え、ややこしい方法で勉強しているから。
単語を覚えるとか、長文読解だとか、リスニングだライティングだスピーキングだ、文法だとか。
英語をわざわざ科目ごとに細分化してわけのわからない苦行にしている。
もちろん文法の最低限の知識は必要、だから本書でもその最低限の文法の知識を簡単な手法で紹介している。
英語は頭から重要な表現を並べて文の最後にいくほどどうでもいい情報になっていくから構造的にはむしろ楽な言語だ。

そして、最低限の文法的理解をしたらそれ以降は
とにかく大量に本を読め
これである。
最初は子供向けの本でもかまわない。
分かるまで何度か繰り返し読んでもいい。
まずは理解が優先なので細かく辞書を引く必要もない、わからない単語は読み飛ばしてもかまわない。
僕たちが日本語の文を読むときに知らない単語があるからといってイチイチ辞書を引いたりしないのと同じだ。大体類推できるものがほとんどなのだ。
慣れたらちょっと大人向けの本にしていく。

一所懸命単語を覚えようとしてもそれは短期記憶であって、忘れる宿命にあるもの。
いわゆるイディオムだなんだというものもすべてそう、無理やり覚えたものはすぐに忘れるだけ。
そうではなくて単に大量に本を読んで知識があふれるくらいに感覚的に詰め込んでしまえばあとは身についてしまう。
先述したリスニングだライティングだなんて細分化した勉強などする必要はほとんどなく、本をたくさん読めばあとはついてくる。

外国人が日本語を覚えるのが早いのもこれ。
というよりも世界広しといえどもこんな効率の悪い語学学習をしているのは日本人くらいだそうだ。

ではそこまでして英語を読む、英語ができる必要があるのか、といったらやはり、ある、と思う。
日本に流れている日本語ベースの情報は特定の集団や利益団体、特定の思惑にもっていきたいメディアなどのフィルタを通ったものばかり。
これが英語を読めるとそうではない情報もはいってきたり、また単純に情報量が半端なく違ってくる。
うがった見方をすれば今の状態のほうが都合のいい人たちが日本人に非効率な英語学習を強いて英語ができないようにコントロールしているのでは、、、という考えも。

また単純に英語が楽しいというのも大きな理由。

これからの時代は英語は必要というのはここで語るまでもないことなのでそれは省略しよう。

留学や英会話スクールも一切いらない。
本は図書館で借りればタダだからカネもかからない。
英語はカネもかからずに簡単に習得できるものだ。

スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

肉祭り

(2016-06-29)
昨日は義父が美味しい店に連れていってくれるということで、
奥さんとレストランに出かける。

ここが地元の高級肉を使ったお店で、
ステーキだったり、ミンチにしてハンバーグにしたり、カツにしたり、あら引きにしてソーセージにしたり、
いろんな方法で食べさせるわけだけど、
義父が、じゃあこれも、あれも、それも!と注文するものだから、大量の肉を食べることになった。

シメでパスタを食べる胃の余裕はなく、おなかの中には肉しか入ってない状態。

普段野菜ばかりであまり肉を食べない身としては1年分の肉を食べた気分。
さすがにちょっと気持ち悪くなった。

ワインもなんたら産のそこそこのものが1本6千円!
会計は3人で結局2万円を超えた。
義父は一人1万円で合計3万円使うつもりだったらしいので、これでも安くすんだなーって言ってた。

もしリタイアしたいならこのあたりの感覚から修正していかないと、、、
なんて話はするわけにもいかないので素直に美味しい美味しいと言いながらご馳走になってきた。

自分は子供ができなかったから、こうやって子供やその相手におごることも無いんだろうな。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

一度きりの人生だから好きに生きるべき

(2016-06-27)
奥さんの実家に帰省して6日目を迎えている。

早期リタイアなどして無職で結婚相手の実家に帰ると、
早く就職しろとか、働かないでどうすんだとか、
働かざるもの食うべからず的な空気にさらされることを恐れる人も多いと思うけど、
この家の場合はそれがまったくなくて助かる。
むしろ自分の親のほうがその毛がある。

昨日は義父が、逆に人生の参考にしたい、と言っていた。
実は本件記事タイトルの言葉は義父から言われた。
リタイアのやり方を教えてくれとまで言われたよ。

義父はずーっと仕事ばっかりしてきて60代後半、そろそろリタイアしたいみたいで、
いつまでも仕事ばかりの人生もよくない、やりたいことや楽しいことをすべきだな、と。
ただし事業をやっているのでそれをたたむのは容易じゃないし、猫も飼っちゃってるから、すべて売却して明日からフリーに生きるわけにもいかないそうで。
そこそこ稼いでいるから浪費癖も抜けず、先日のドライブ先でも土産物やで気分にまかせて買っているところを見ると、
稼いだら稼いだだけ使ってしまうようである。
ポイントはそこですよと。
稼がなくなればそのぶんだけ使うこともなくなり、余計に働く必要も無くなるんだけど、これまでのライフスタイルを変えるのは簡単ではないようだ。
今住んでいる地域にもそれなりに愛着があって、こだわりもあるから、すべてを整理してさあ今年から北海道や沖縄で生活だとはならないみたい。

事業のほうは下手にがんばって稼いでも消費税を取られるばかりだし、それ以下にうまくコントロールしようかなと言っていた。
そんな感じで上手にフェードアウトしていければいいのではないかな。

一度きりの人生だから好きに生きてもらいたいね。


スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

どんどん厚かましくなる

(2016-06-26)
奥さんの実家に来てからリポートの継続。

もう滞在5日目になるわけだけど、すっかり慣れてきて冷蔵庫も勝手にあけるようになった。

居間でゴロゴロ、本を読んだり、ネットをしたり、猫と遊んだり、やりたい放題。
ちょっと買い物に行きましょうと言われたが、いや、競馬の宝塚記念を見たいので、16:00以降にしましょうと我を通す始末w

本当にこんなのでいいのかなー、と思いつつ、いやまあいいんだろうと甘えている。

今日はお母さんと晩御飯を一緒に作る。

ここは飯を食べたあとにまた別につまみを用意して酒を飲み始めるというちょっと変わった?風習で、
それはそれでなかなか快適だ。

ビールを数種類飲んだあとに焼酎をお湯割りで。
お湯も自分で勝手に沸かして飲んだ。

もう自分の部屋状態。

この後、またネットをしながらたまに猫と遊んで、気が向いたらシャワー浴びて寝る。

極楽継続だ。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供無し

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク