父となって初めての父の日

(2018-06-17)
今日は父の日
母の日と違ってかなりマイナーというかすっぽかされるのがオチの日だけどね。
僕はちゃっかり覚えていたよ。
自分が父になって初めての父の日だからね。

奥さんなんて5月の母の日をすっかり忘れていた、自分が母になって最初の母の日なんだが。
自分の母にはいろいろ贈り物とかしてたみたいだけど、自分が母になっていた自覚があまりなかったようだw

といっても娘は0歳児だから母の日父の日とか言っても何かをしてくれるわけでもない。

そもそもこういう行政だか業界だかが勝手に決めた記念日ってのは、セミリタイアブログ的には、踊らされねーよw、と一笑に付すのが定番の対処法なので。

もちろん僕達も特にやることはない。

0歳児の娘にむりやりケーキを手にとらせて、
父の日のプレゼントをお父さんにくれるのかい?感動!
なんて茶番をやって画像まで撮ってSNS投稿しようかと思ったけどやめたよ、はっはっは。

スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

初めて保育園から呼び出しを受けた

(2018-06-16)
4月の入園以来、特に問題無く過ごしていた我が娘だったが、先週初めて呼び出しを食らった。

鼻水が出ているし、熱も38度以上あるということで。

奥さんがお迎えにいって、帰ってくると確かに熱い。
健康優良児で良かったと思っていたが、やっぱりこうなるときはなるのね。

抱いた感じから明らかに熱かったが、体温計で計ってみると39度!
これはまずいということで奥さんが病院に連れていき、とんぷく薬などを処方。
こういった医療費は少子化対策のせいか無料なので助かるね。

いつも午後は自転車で遠出外出することにしていたのが、この日から2日ほどは僕も家に居た。
家に居たって娘の風邪が治るわけじゃないけど、なんとなく出かけるのがはばかられた。

翌日も熱が下がらなかったので保育園はお休み。

熱が出たといっても見た目は元気そうなので特に大きな心配はせずに数日過ごす。

再来週に沖縄に旅行行くわけだけど、その前日とかじゃなくて良かった。
まだ安心はできないけど、いざ当日にこういうことが起きるとキャンセルも考えないといけないな。

このあたりが気楽きままな独身リタイアと違うところだね。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

食の好き嫌いの無い子供に育てたい

(2018-06-10)
親から教えてもらって感謝していることはいくつかあるが、一番有難くて役にたってるのが僕には食の好き嫌いが無いこと。
食べられないものがほとんどない。
もちろん昆虫食のようなゲテモノ系はあれだけど、それすらも頑張れば食べられる。
蜂の子とかは全く問題なかったし普通に美味かった。

人の家に呼ばれたり、旅先でも何でも食べられるのでこれは便利。

僕くらいの年代の親がいわゆる団塊世代で、好き嫌いに厳しい人が多い。
僕も小さい頃に、好き嫌いはダメだ!とかなりやられたのを覚えている。
食べきらないまでは食卓から降ろさないとか、残そうものなら鉄拳制裁?的な。

さすがにそれはやりすぎだと思うし、これはおそらく団塊世代のトラウマから来てるものだろう。
戦後、小さい時に食べたくても食べられない事が多く、自分たちは一所懸命働いて何不自由なく子供に食を用意してるのに、食べないとは何事だ!
・・・となるんだろうね。

自分たちの幼少トラウマを自分の子供にぶつけているわけで、これは災難だ。
栄養素なんて色んな食材を組み合わせれば大抵は問題なく揃うので、この世の食材のうち数品くらい食べられないものがあったってそれで死ぬことはないからね。
飽食の時代になったのに、全て残さず食べないとダメだっていうのはおかしいね。
フォアグラ作るガチョウじゃないんだから胃腸の小さい子供にむりやり押し込めてどうすると。

しかもだよ、大人になってから母親にご飯を作ったりすると、この食材はあまり好きじゃないとか、苦手だとか・・・
おいおい結構好き嫌いあるじゃないか!w
やっぱり子供に八つ当たりしてただけなんだろうな。

なので、僕は無理くり子供に食べさせることはしないと思う。
でも、冒頭に述べたように、親のおかげで好き嫌いの無い自分は生きていく上でかなり便利でもある。

だからウチの子供にはできるだけ何でも食べられる人間にはしたい。
特に生野菜とか重要だよね、これを食べる人と食べない人で健康スコアが大分違ってくると思う。

小さい時に食べられなくても大人になって食べられるようになったのも一杯ある。

だから無理強いするのではなくて、美味しい美味しいと自分たちが何でも食べるのがいいのではないかな。

本当は美味しいのかなと思って自分で手を伸ばすようになればいい。

今のところ離乳食はなんでもかんでも食べているからたぶん大丈夫だろう。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ほうれんそう、の社畜精神が夫婦の育児に役に立つ

(2018-06-06)
個人的にはこの報連相(ほうれんそう)が、だいきらい。
現場に裁量や責任がなく、何でも上に相談して人に決めてもらうだけの無責任人間を大量に作ってると思う。

僕もサラリーマンが長く、転職しながら4社で働いたが、2社目の会社は典型的な旧弊な会社で、報・連・相をしっかりしろよーって言われてた。

そのせいもあってか、どんな些細な事でも言う癖がついてしまった。

この症状が辞めた後もしばらく続く。

最近ようやくこのPTSD?が解消に向かっていたかと思ったが、育児で似たような事をしていた。

奥さんが一人で出かけて、僕が一人で子守している場合。

今、離乳食を食べたよ、ミルクを飲んだよ、おむつを替えたよとメールで報告しまくっている・・・
さらに機嫌が少し悪いとか寝てたけど起きたとかどうでもいいことまで連絡。

いやこんなことは帰ってから事後報告でいいのだ。

でも報告されることが安心するだろうし、何でも連絡しておけば何かあっても
「いや、俺はちゃんと連絡してるから」
と逃げの証拠を残せる。
・・・てこれまさに自己保身の社畜精神。

育児に役にたってる面もあるとは思うけど、
こんなところでも社畜の癖がなかなか抜けないなあと思う次第であった。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

娘が産まれて9か月経った

(2018-05-29)
早いね、もう9か月。
こないだ産まれた気がするのだが・・・

産まれてからここまで、大雑把にこんな経緯
・1か月新生児
腫れ物に触るように大事に丁寧に扱う時期
・2-3か月
ミルクをやっておむつを交換してとにかく寝てもらう時期
・4-6か月
首が座って抱っこがしやすくなる、夜泣きなど起きる時期がバラバラに。外出もできるように。
・7-9か月
ハイハイやつかまり立ちが出来るようになり、あちこち移動するように。

特にこの1-2か月での成長がすごい。
こないだまで寝がえりがやっとだったような気がするのだが、もう座ってハイハイして転んで起きて、捕まって立って、あちこち動くようになった。
だからちゃんと見てないと何をするかわからない。
ぶつかって怪我したり、小さいものを口に入れて飲み込んだり、そういうことをしないように監視。。。
これでも保育園に入れてるからまだラクなんだけどね。

そして発声が多様になってきた。
3か月くらいまではピギャーと泣くだけだったのが、今は
ダッダッダア、ウニャー、フウなど、色んな組み合わせが。
明らかに言いたいことがあるのでは、という感じ。
犬猫に鳴き声の違いがあるようなイメージ。

あと3か月経てばもう1歳だ。

こんな感じで20歳まであっという間なんだろうな。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク