楽天VTIの投信マイレージ付与率は0.03%

(2017-11-23)
SBI証券で投信マイレージをもらっている。
毎月アホみたいに行ってるウエルシアのTポイントはこれが主な原資。

投信の信託報酬値下げ競争が激しくなり、対象外となった投信が続出したが、そのうち半分の0.05%は付けますよとなって現在に至る。
と思ったら先日チェックしたら0.03%付与のが出ていた。

詳細はこちら

下にスクロールしていくと0.03対象がある。
楽天VTと楽天VTIの二つ

0.03か、セコいなw
いや、もらえるだけでもありがたいか。

僕は楽天VTIを楽天証券で買おうと思っているので、投信マイレージはもらえないけど、SBIで買う人がコストを比較する際にはこのぶんを考慮してもいいのよね。
ポイント制度が長期持続可能かどうかは怪しいけど。

相場が大きく調整したときはSBIでスポット的に買うかもしれない。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

個別不動産投資は僕にはハードル高すぎて無理

(2017-11-21)
リタイアブログで不動産投資の記事をたまたま見ていると、内見が入ったから準備しなきゃ、とか、空室になったから家賃設定見直そうとか、掃除しにいこう、とか。
読んでてとにかく大変そうだった。
もちろん全部まとめてやってくれる管理会社を挟めばそんな面倒は無くなるんだろうけど、そうなると管理会社にボラれて自分への手残りはわずか、、という上手くできた仕組みなんだろうね。
だから個別の不動産投資をしてる人は面倒でもこれらの作業を自分でやるんだろう。

自分にはとても無理だ。
不動産からいくら不労所得が入ってくるといっても、こんなに作業に振り回されたらとてもじゃないがのんびりリタイアとは言い難い。

しかも国内の不動産投資は極めて不利な状況に入ってくると思う。
少子化で人口も世帯数も減っていくので、家は基本的に余っていく。全国の空室率は既に上昇中。
残り少ない賃借人を奪い合うという過当競争にこれからなっていくだろう。

さらにネット社会の進展が根本的なことを変える可能性がある。
不動産投資をしてる人は、自分は都心や駅からアクセスのいい優良物件を抑えているから大丈夫、というが、この優良物件って古い常識に基づくものなのよね。
関東で言えば、皆が東京の港区とか中央区とかのオフィスに出勤し、そのためにはそこにアクセスのいい沿線のさらにそこから徒歩〇分以内、という「好立地」の物件。
これは投資だけでなく居住用不動産を買ってる人も同じこといってるね、自分の物件は値下がりしづらいと。
でも通勤がなくなる時代が来るかもしれないのよね、仕事は家でできてしまうし、自動運転車の流通でクルマは所有するものではなくなり、地域の共有物となる。
買い物はネットで済むようになり、近くにスーパーがあるとかもどうでもいい。
最寄り駅から徒歩〇分なんてのはもう意味もなくなる、少なくとも今までのような優位性はない。

そんなSFみたいな時代はまだまだ50年100年先だろうと思ってたら、色んなものを読むうちにどうやら案外早く20年後にはそうなるって説も見かける。

僕が生きてるうちに通勤とかクルマを所有することがもう過去の遺物になるのだよ。
となるとその常識にもとづいた不動産の価値も当然激変するだろう。
都心にアクセスがいい好立地、なんてのは20世紀型の常識で、逆に言えば今はすごく割高物件の可能性ある。

こんなことは不動産投資をしてる人は百も承知で、それでも好きでやるんだろうけどね。
僕にはとても無理なので不動産関連はちょっとREITを持ってるくらいだが、いずれ手放す予定。
REITも都心の優良物件で賃料収入が安定して確保できるっていう20世紀型常識を基盤としてるからね。

不動産投資はよほど不動産が好きな人で、競争を勝ち抜く自信のある人がやるものだと思う。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

子供が出来て超長期投資が可能になった

(2017-11-15)
長期投資だからリスクは多めに取る。
長期でみれば株式が運用の効率はもっとも大きいし、暴落や調整があってもいずれは元に戻ってさらに上昇するからだ。

と言いつつも、たまたま60-70歳くらいのこれからカネを使おうって時に暴落があったらどうしよう、とか、その調整が長引いて10年20年と続いたらどうしよう、しかもその低迷のタイミングでたまたま死んじゃったらどうしよう。
というのは頭のどこかにあった。

不安を煽る人は失われた20年とか、米国株でも長期低迷はあった、などと例をひいて株のみの運用やリスクを取り過ぎることを注意する。

でも僕は楽観的な性格で資本主義の拡大を信じているのでやはり長期投資で株中心でやってきた。

子供が産まれたことによってさらにその考えが強くなった。
通常なら子供の存在で運用は保守的になるんじゃないの、と思われるかもしれないが、僕の場合は逆。

個人が長期投資という場合、定義はないが、通常は20年以上、30年40年といった長さが一般的。
40代の自分なら長くてもせいぜい30年から40年。

でも子供ができたことによってリレー投資が可能になった。
僕の資産は子供が相続すればいいわけで、現在0歳の娘が80歳まで生きるとしたら僕は80年の運用期間を得たと言っていい。
80年もあれば暴落も調整も何度もあって逆に大相場上昇も何度かあって、しかもいいタイミングで売ることもできるだろう、、、娘がw
もし娘に子供ができたらさらに先送りしてもいい。

もう一つの理由はリスクを取らないとリターンが得られないので、子供が出来た以上、株式のリターンに賭ける思いが強くなったことだ。
独身ならまだしも、家族3人、たかだか5千万少々の資産で保守的な運用なんかしても意味ない。

積極的にリスクを取って娘の教育費用や生活費一人分の上昇を金融資産に稼いでもらわないとね。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

資産運用も攻守のバランスが大事

(2017-11-13)
現在株などのリスク高めの資産が7割、現金を3割としている。
個人的には上げ相場の現在なかなかいいバランスだと思っている。
7割はなかなか攻めているし、それでいて現金3割という守りもあって何かあった時に対応しやすい。

スポーツだと攻守のバランスが求められる。

サッカーで言えば5点取って勝つような攻撃力があっても守備がザルだと3-4で負けたりとかそういう試合も増えてしまう。
2-2でも勝ち点は1だ。
結局シーズンで上位に行くチームは守備がしっかりしてることがほとんど、これは大抵のスポーツでそうだ。

株でも大勝しそうな銘柄をそろえても大敗もあると結局シーズン全体の成績が低迷しかねない。
攻撃ばかりではダメ、かといっても守備一辺倒では得点できないからじり貧でこれもダメ。
守備一辺倒とはおそらく現金しか持たないようなイメージ。
0-0の試合は多くなるだろうがシーズン上位は望めない、せいぜい残留争いか。

攻撃はしつつも現金3割の守備力があれば、もし暴落などがあってもそこでこの現金を突っ込み、カウンターで1点取ることが可能なのだ。
カウンター速攻で得点できたらまた元の形に戻る、すなわち現金比率をまた上げる。

たまたま単年度の成績が良くてもダメで、資産運用というシーズンはこれから何年も続いていくのでコンスタントに結果の出そうなチームに仕上げないとダメ。

状況を見て、今は攻め時とみたら攻撃力を強化、守りをとなったらまたバランスを取る。

インデックス投資家と言いつつ、そんなことを考えているからこれはまだまだアクティブ投資家に近いな。

今の僕の布陣はセンターバックに強力な現金をそろえ、センターハーフにどっしりと任天堂、トップは高配当株で、サイドバックやサイドハーフは攻守両方に対応できそうなETFみたいな、そんなイメージだな。
自分でも何を言ってるかよくわからないが、そんな感じ。

とにかく攻守のバランスをしっかりしていきたいなと思っている。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

資産状況2017/11/1時点

(2017-11-01)
asset20171101.png

10月末締め、11/1時点での資産状況

前月比プラス90万少々、1.75%増となった。
為替はドルは安くなったもののユーロはいまいちだったから僕の保有としての影響はあまりない。
日本株も先進国株も伸びてくれた。
新興国株も良かったんだけど、1582の上場廃止という事態でこれを全て売却・・・
現在持ってる新興国株はかなり前に買った野村のインデックスファンドがわずかに残るのみだ。
おかげで比率がえらいことに。

グラフで観よう

asset20171101graph.png

新興国株が2%になっちゃった。。。
10月からは1658を買いつけることにしたので今後また少しずつ増えていくとは思うけど。

現金がドカンと増えて前月の29から32%に。
資金効率を考えたらこれ以上現金は増やしたくない、生活費はもちろん暴落などの臨時追加費用としても十分だろう。

そろそろ順調にREITや日本株を処分していくはずが1582の売却によりまた先送りとなった。

それにしてもリタイア後に資産が増えていくのは頼もしい。
これでも生活費は娘が一人増えたぶんだけ確実に増しているし、10月は1582の売却益に課税されたからかなりの出費があったのに資産トータルでこの上昇。

急激に上がると反落も怖いので、もっとゆるやかに、生活費使ってトントンくらいでもいいんだけどな。

もうそんなに資産を増やしたいという欲求も強くないのだから。

では、また来月。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク