2017年の収入まとめ

(2018-01-12)
少々心もとない資産総額でも僕がセミリタイアしてそれなりにやっていけてるのは収入がそこそこあるから。

ということで2017年の収入を振り返ってみよう。
いずれも税引き後の手取りで。

・僕の労働収入 約60万
昨年は1-3月の3か月働いた。給与支払いは1か月遅れで前年12月のぶんが翌月1月に支払われるので実質4か月ぶんとなり4回ほど振り込みがあった。課税所得は約85万だった。
でも税金社会保険料引かれて手取りは60万くらいになっちゃうのよね。もちろん税金については確定申告で取り戻すけど。
今年は3か月だけだからもうちょっと減りそう。

・配当収入 約10万
株やETFなどからの配当。
無配当の投信がほとんどなので余り出ないねえ。
1557を定期買い付けしていってるので今年以降毎年少しづつ増えていくと思う。
なお株はバイアンドホールドでほぼ売ってないから譲渡益はほとんどない。

・単発バイト、アドセンスなど 約20万
座談会アンケートとか、昨年はリゾートバイトも少々やった。アドセンスは頭打ち状態なので今後の伸びはあまり期待しないようにしてる。

・奥さんの労働収入からの入金 約36万
奥さんとは家計が別。彼女は自営業で収入がそこそこあって、全部自分の飲みくいや欲しい物に使っていたが、子供もできるということで家計に入れてくれるようになった。
毎月3万いれてくれてるので年間36万。
まあヒモ収入だね。これは今年も変わらないだろう。

・ポイント収入 約65,000
ポイントは真面目に集計しようとしたら結構大変なので概算、まあ大きくはズレてないはずだが少な目に見積もった。
支出にはポイントで購入したものも記入しているので収入としても入れてみた。

内訳
TポイントはSBI投信マイレージが25,000くらい。マクロミルアンケートが15,000。新生銀行のTポイントプログラムが1,400くらい。
     ヤフーカードでもらったポイントが5,000くらい。
楽天ポイントは14,000ポイント(こちらはポインtのサイトで2017年ぶんを簡単に集計してくれた)
ポンタは4,000くらい

・児童手当 15,000円
昨年は9月の1回ぶんだけ。今年は全部もらえるから、18万円になるはず、でかいね!

合計 134万円

こんなもんです。
前年の労働の税金は確定申告で取り戻しているし、その他細かいものを入れればもっと増えると思う。

夫婦ふたりならこれで十分だったが子供のことを考えるともう少し稼いだほうがいいのかなあ。

私の年収は134万です。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

年金はできるだけ繰り下げ受給するつもり

(2018-01-10)
ねんきん定期便というのが来るのでそれを見てると早期リタイアしちゃった僕でも年間90万くらいはもらえるぽい。
20代から41歳まで厚生年金も結構払ったからなあ。。。
個人的には90万ももらえたら僕一人が生活するには十分な金額。
もちろん奥さんは自分のぶんがある、僕の額よりは少ないようだけど。

65歳支給を70歳にするともらえる額がさらに増える。
将来的には75歳まで繰り下げられるそうで、そうなるとさらに増える。
僕が老人になるころには80歳とか85歳まで繰り下げられるようになってたりしてw

早死にするとさっさともらっていたほうがトクになるし、予想以上に長生きすると繰り下げしたほうがトクになる。

ここは損得では考えずに長生きしてしまった時の備えとしてできるだけ繰り下げしようと思ってる。

これも子供ができたことが微妙に影響している。
以前は体が動く元気なうちにきちんともらったほうがいいのではと思っていた。
高齢になって高額の年金をもらったところでもてあますだけ、旅行にも行けない。
でも子供がいれば自分が動けなくなっても子供に使うこともできるし、また子供に迷惑をかけないためにもその頃に現金収入が多いほどいい。

なにぶんかなり先の話なのでまだまだどうなるか分からないけどね。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

娘がお年玉をもらう。「娘の資産」は分別管理しよう。

(2018-01-05)
昨年暮れに母親からクリスマスプレゼントと一緒に小袋でお年玉をもらった。

僕じゃなくて娘がね。

これが彼女の人生初の金銭収入。
もっとも娘は袋を手に取ることすらできないから僕らが代理で受け取って管理していくことになる。
お年玉はお母さんがしっかり預かっておきますねーってやつよ。
この後、さらに親戚数人から娘宛てにお年玉もらっちゃった。

これらのお金を僕らの懐に入れちゃうとアレだから、彼女の口座を作って分別管理する予定。
よってこのブログでやってる毎月の資産報告にはこれは含めない。
娘のお年玉でどのくらい収入があるのか何年後かに見てみたいね。
エクセルで表も作っていついつに誰からいくらもらってるかも分かる。

彼女の収入、資産だからいずれは渡すことになるだろう。
お金を使う分別がついたらって感じで、高校生くらいかな?

その頃になったらお小遣いというより自分でカネを管理することを勉強してほしい。

スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

来月から短期で労働者復帰する。圧倒的じゃないか、わが国の人手不足は。

(2017-12-27)
以前に派遣を探しているという記事を書いたが、本決まりになった。
1月から3月末までの3か月短期で派遣でちょい働くよ。

僕が探していた条件は
・自宅から徒歩や自転車で通える(通勤電車なんか乗りたくない)
・短期で2-3か月程度(長期労働社畜に戻るつもりはなく、税金的にも少額だけ稼ぎたい)
・残業や休日出勤が無い(娘の顔を見にさっさと帰りたい)

こんなところ。
そんな都合のいい条件があるわけ・・・ありましたw
自宅から自転車で行けるところで1月から3月末までの短期契約。

さすが東京だね、人手不足が半端ないわ。
だってこの仕事も探しに探して、、、じゃなくて、派遣のアカウントで2個ほど応募した中の一つなのよ、余裕すぎ。
これで2015年リタイアの翌年から3年連続で短期のつまみ食い労働が成立

2016年:11-12月(2か月)
2017年:1-3月(3か月)前年の仕事の更新契約
2018年:1-3月(3か月)予定

いずれも自宅から自転車で通っており、通勤電車は乗ってない。
残業はちょっとあったけどね。今回の仕事も残業は基本無いと言いつつちょっとはあるだろう。

最近は年間2-3か月だけ働くセミリタイアが理想と書いてきたが、まさにそれを実践している。

平日日中の育児フル参加ができなくなるのは残念だが、基本は定時で帰られるのでまっすぐ帰れば僕が娘を風呂に入れることも寝かしつけもできる。
自転車で行ける距離だから朝も遅めで、ちゃんと顔を見られるし。
残業ばっかでお父さんの顔を忘れちゃった、なんて事態にはならないだろう。

この労働つまみ食い人生も再来年2019年が最後かもしれない。
2年後には奥さんの実家ちかくの地方都市への移住が計画されているからだ。
地方都市でもいいバイトがあればいいんだけどねえ。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

そこそこの資産を作ったらさっさと早期「セミ」リタイアがオトク

(2017-12-14)
リタイア系ブログにはリタイアにはいくら必要か、という記事があふれてるね。
それを愚問だと揶揄する記事も多い。
まったくその通りで人それぞれとしか言いようがない。

仕事がイヤでしょうがないか、何か人生を変えたいから辞めるのだろう。
そこで資金にとらわれ過ぎるといつまで経ってもリタイアできない。
逃切り計算機とか自前の表計算などで、インフレ率がどうの、年金の支給開始がどうの、物価変動がどうの、とシミュレーションするのは余り意味が無いのでやめたほうがいい。
そんなものは数値を少しイジればどうとでも動くし、逆にこういったそろばん勘定でリタイアを考えている人はいつまでたってもリタイアできない典型例。

早期リタイアは損得で判断するのではなく、その日その時の感情でやるものだよ。
そもそも損得で判断したらサラリーマンでそこそこの給料をもらい続けるのは結構オトクになってしまうわけだからね。

さて、しかし、損得で動くなら、実はさっさと辞めて「セミ」リタイアするのがかなりオトクなのが分かるだろう。
派遣などに登録して年間2-3か月だけ働く、超ローコスト生活をしているリタイア希望の独身ならこれで年間生活費くらいは稼げてしまう。
特に東京ならいくらでも派遣の口がある。

こうなると現有の資産はいくらでもいいことになる。1千万でも数百万でも本人の好きなところで判断したらいい。
独身で1億なんてまずいらない。

正社員のプレッシャー、残業、理不尽な叱責など、ほとんどの労苦を放棄できる。
実際僕も働いたから分かるけど、どうせ2-3か月の短期派遣にそんな重労働は来ない。

2-3か月程度の労働なら収入は基礎控除+給与所得控除の範囲におさまるし税金も取り戻せる。
住民税も非課税を維持できるし、年金は免除申請できる。
実際、僕の今年は住民税は非課税で、年金は3/4免除だよ、昨年は2か月ほど派遣で働いたのにね。
低所得者として様々な行政サービスの恩恵にもあずかれそうだ。
滅茶苦茶オトクだ。

ついでに脳や体のリハビリにもなる。
若いうちに早々と隠居してネットに引きこもって人とは滅多に接しないなんてボケまっしぐらだろうしね。

2-3か月働いたところで、年間のうち残りの9-10か月はリタイア状態。
十分リタイアを満喫できるよ。

損得で判断するからこそ、「セミ」リタイアがオトクだなと思うね。

というわけで最近また派遣の口を物色している。
よさそうなものがあるのでいくつか応募してる段階。

短期の労働者復帰したらまたご報告します。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク