藤澤調教師の悲願のダービーに違和感

(2017-06-21)
競馬ネタは反応イマイチなので夜にでも更新してみよう。

今年の春クラシックはオークスがソウルスターリング、ダービーはレイデオロ、と藤澤師の馬が強かった。
特にダービー。

藤澤師悲願のダービー制覇、というメディアが多かったがこれには違和感がある。

そもそも昔の藤澤師といえばとにかく勝ち星優先で、よく岡部の馬優先主義なんて言われていたけど、
勝てる素質のある馬も早々に休養に出し、3歳秋とか下手すると4歳まで温存して、そこから条件戦を勝ちまくり。
こういう手法を得意にしていた。

手薄なマイル路線に照準を定めて、すべての馬は本質的にマイラー、なんて名言まであったくらい。
タイキシャトルを初めマイル重賞馬を多数送り出している。

またクラシックに仕上げるなら時には強い調教も必要だろうが、無理はしたくないのでと軽い馬なり調教にこだわる事も有名。

当時の雑誌対談等でよく覚えているのが
クラシック至上主義は嫌い、クラシックだけが競馬じゃない
とはっきり言っていた。

厩舎経営としてもこうしてカネを稼いだほうが馬主も喜ぶだろうし、正解だったのだろう。

だから藤澤師といえば最初からクラシック軽視の人で、ここまでダービーを取れなかったのは当然の成り行き。

おそらくこういうやり方でも素質馬がいくらでも入ってくる厩舎だから、ダービーなんてタイミング次第でいつでも取れると思っていたのだろう。
それが気が付いたら年齢が60台を超えて、あれ?っと焦り始めたんだろう。
やっぱりなんだかんだいってダービーは欲しい。
JRA調教師の定年は70歳だからもうあと10年くらいしかない。
そこでここ近年の藤澤師は、それまでの素質馬温存主義をひっくりかえして、むしろ無理使いなんじゃないかというくらい3歳春までになんとかクラシック路線に乗せようという使い方が目立つようになる。
条件戦で連闘して無理くりトライアルに使うような馬もいた、以前なら考えられなかったことだ。

だから、ここにきてレイデオロで勝てても、それを「悲願の」ダービーというのはちょっと違和感がある。
むしろ調教師生活最後の帳尻合わせがなんとか間に合ったね、という感じ。

ここが数年前のワンアンドオンリーの橋口師と違うところで、彼の場合は当初からダービーにこだわり、2着馬も多数排出し、なんとか勝ちたい、という歴史を踏みながらのようやくのダービー制覇だったわけで、この時の会場が祝福ムードになったのは自然な流れ。
この時も僕はもちろん現地観戦していたが、競馬場が良い雰囲気だったのを覚えている。

藤澤師の時は、あ、取れたんだ、良かったね、というくらいの感じだったと思う。

いや、別に僕は藤澤師が嫌いなのではないよ、トークは面白いし、むしろ好きなくらい。
悲願のダービーというのに違和感があっただけで。
悲願どころか当初はクラシックを軽視して使う気が無かったんだからね。

さて、そんな藤澤師ももう65歳。
リタイアまであと5年。

この人がリタイアしたら何をするんだろう。
馬以外に何も興味はないだろうから、最後までずっと馬に関わっていたほうが幸せだろうな。
仕事が嫌で嫌で早期リタイアしたいという人たちとは対極にいる。

好きな事を仕事にできているんだから最高に幸せな人生だろうと思う。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

初めてのリゾートバイト体験記(その他感想)

(2017-06-14)
初めてのリゾートバイト体験記(良かった点)
初めてのリゾートバイト体験記(悪かった点)

に続き、3回目、ラストの今回は、その他感想、です。

・生業にはしたくないが暇つぶしには良い
悪い点で書いたように仕事としてはけっこうキツい部類になります。ヘンな人間関係もあります。
賃貸を解約してリゾバを渡り歩く猛者くらいにならないと、これで生計を立てるのは割に合わないです。
でもリタイアしてヒマだとか、何かやることはないか、とか、冒険的なことがないか、とかいろいろ考えている人には楽しい経験となるでしょう。
業務に上達して褒められたリ、承認欲求が満たされることもあります。

・中国人の印象が劇的に向上
お客さんには日本人も外国人もいます。外国人はほぼ中国人でした。
そしてこの中国人のマナーが結構いい。
従来のイメージのように大声で騒いだり食べ散らかしを床にまき散らすこともなく、日本人と大差ない食べ方、汚し方でした。
それどころか、自分で綺麗に器を重ねて膳を持ってきて「下げてください」、と言う人もそこそこいます。
日本人ならそんなことはまずないです、サービスされて当然とただ黙ってるだけの人がほとんど。
また料理を出したり下げる時に、ありがとう、とか、美味しかった、と言ってくれるのもほとんどが中国人客でした。
日本人には全く愛想もないのが多く、おはようございます、ご利用ありがとうございます、といっても無視してるとか結構あります。
そしてやはり高齢の男にそれが多いです、ほんとどうしようもないですね、高齢日本男は。

さらに言うと人の性質の違いというものは労働者側でも同じでした。
旅館などのサービス業はキツいのと賃金が安いので日本人はあまりやりたがらず中国や東南アジアの人を使っていることも多いです、僕の職場でも何人もいました。
悪かった点で職場の人間関係が悪いと書きましたが、嫌な争いや陰湿な感じで新人を扱うのはほとんどが日本人でした。
中国人の留学生のある人など向こうからフレンドリーに話しかけてくれましたし、他の外国人達もこちらが新人と言っても偏見なく接してくれます。
仕事上でもちゃんと目を見て指示をしたり受けたりしてくれます。この人たちに嫌な感じはほぼ無かったです。
ただキャリアの長い人になると日本風に染まるのか少しぶっきらぼうな感じの人もいましたが。

もちろん中国といっても日本に来るのは富裕層だったり、ある程度教育を受けた人の可能性はあるのですが、それでも印象が変わるのは間違いないと思うので、偏見のある人は一回リゾバで働いてみるといいでしょう。
これは僕だけのたまたまの印象ではなく、他のアルバイト仲間達も言ってたのでほぼ間違いないと思います。

ああ、日本人、、、島国根性ここに極まれり。
どこでも村社会を形成し、排他的根性で感じの悪さを増大させていく・・・
僕は中国人の印象が劇的に向上し、日本人とはもう話したくないとすら思いました。

・出所気分が味わえる
仕事がキツいだけに最終日の解放感はすごかったです。
たった3日であの感じです、1-2か月の長期働いたらすごいでしょうね。
まさにタコ部屋労働から脱するというか、「出所」という感覚です。
シャバに出られる、もう戻らないぞ、明日から何をしようか、みたいな。
空の色が違って見える、というのがあるでしょう、最終日に帰る時は本当に違って見えました。
帰宅して飲んだビールは美味しかったです。

その他感想はこんなところです。

さて、リゾバに対してどんなイメージを持ったでしょうか。
長くなったので3回に分けて書きました。
リタイアしてリゾバでもやろうと思ってる人の参考になれば良いなと思います。
以上、リゾートバイト体験記でした。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

初めてのリゾートバイト体験記(悪かった点)

(2017-06-13)
初めてのリゾートバイト体験記(良かった点)
昨日の記事の続きです。

ここからは悪かった点を挙げます。

・とにかく仕事がキツい
働いてカネをもらうのだから当たりまえですが、1日中立ち仕事なので体力的にはキツいです。
レストランは頻繁に上げ下げをするので重いものをもって歩きまくりです。
考えようによってはカネをもらって運動できるとも言えるので、そういう人にはお勧めです。
僕は1月にぎっくり腰をやっているので腰がキリキリ痛むのが怖かったです、やはりこの手の仕事は長期ではやりたくないですね。
フロント業務など重たいものを持たない仕事ならややラクかもしれません。
レストランなので裏方では生ごみにも接しまくりなので異臭にも常に付き合います。

・人間関係が悪い
レストランはお客さんにはニコニコいらっしゃいませの笑顔満載のイメージがあるでしょうが、内実は結構ひどかったです。
従業員同士喧嘩もしょっちゅうあるし、新人の相手などしてられるかとばかりに無視、ぞんざいな扱いは当たり前です。
正社員や古参のアルバイトで一種の村社会を形成しており、新人は入り込めない状況です。
複数人から色んな指示を受けて誰のいう事を聞いていいかわからずとか、理不尽な流れで僕も何度か怒られました。
人間関係でメンタルを病んだ人にはできないでしょう。
中にはいい職場もあるでしょうが、色んな経験者の話を聞いている以上、どこにいってもこんな状況の可能性が高いです。
今の正社員が辛いからといって安易にリゾバには逃げないほうがいいです、もっとひどい可能性があります。

・変則勤務
良かった点のシエスタの裏返しになりますが、朝は6時代に集合して勤務、昼前には解放され、そこから何時間もの休憩をはさんで夜は17-18時あたりからの勤務となります。
このリズムが体にあうかどうかです、僕は割とすぐ対応できましたけど。
夜遅く働いて、翌日も早朝勤務になるので、仕事が終わってから一杯というわけにもいかないです。
僕は酒に弱いのでもちろん夜に飲むことはありませんでした。
かといって昼の長期休憩の間に飲むかといったら酒が完全に抜けるほどの時間もないのでそれもできないです。
つまり余程酒に強い人でなければ労働日に飲酒をすることはなく、休みの日だけに飲むことになるでしょう。
もちろんリゾバによっては朝から昼にかけてずっと働いて夜はまるまる休みというパターンもあるでしょうけどね。

・時給が安い
衣食住がほぼタダなので実質的には悪くないのですが、時給はかなり安いです。
時給1千円を超えるものはほとんどないでしょう。現地で知り合ったバイト仲間によると北海道や沖縄などの遠方になると700円台も珍しくないそうです。
交通費は出るものの現地までの移動時間で時給は発生しないのでその時間も無駄ということになります。
それでもカネを使うことがほとんどないので、長期で滞在すればかなり貯めることはできるでしょうね。

・娯楽が無い
当たり前ですが、温泉街や行楽地は東京のような繁華街はないし、図書館なんかもあるわけはないです。
そもそもリゾート地のホテルや旅館は最寄りの街までのアクセスもかなり悪いと思うので遊びに行く気もおきない場所が多いでしょう。
なので長期の場合はWIFIルータやノートバソコンを持っていくことをお勧めします、娯楽はネットのみ。
手持ちのWIFIがその場所で入るかどうかは事前に要チェックです。スマホでのテザリングでもいいですね。
今回は社員寮でWIFIが無かったのでかろうじて入る4Gでスマホを接続していました。

・寮がボロい
これもどこにいってもたいていはそうでしょう。
お客さん用の部屋じゃないんだから、労働者の居住施設なんかカネはかけないし手抜きもいいところです。
東南アジアの安宿を渡り歩ける人なら大丈夫ですが、それでも遊びではなく、労働者としての滞在なので人によっては気分が滅入ることでしょう。
かつての昭和のタコ部屋労働者の気分はこんな感じなのかなと思いました。
狭くて汚い、とにかく労働で疲れた人が部屋に着きざま倒れて眠る場所だと思えばいいです。

・食生活が不安
食事代がかからないのはいいですが、無料か格安の社員食堂を利用するので食べ物が偏りそうです。
僕は普段自炊をしているので野菜を生で大量に食べるのですが、こういった社食は僕に言わせれば外食同然の内容です。
野菜不足は間違いないでしょう。
安いだけに食材もどんなものを使っているか分からないです。
食の健康面を気にしている人には無理ですね。
でも普段から毎日安い外食してるのでそこは気にしない、という人ならいいかもしれません。

悪い点はこんなところです。
次回の記事ではその他感想を書いて今回のリゾバ体験記を終わりにします。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

初めてのリゾートバイト体験記(良かった点)

(2017-06-12)
この週末、金土日と3日間、初めてリゾートバイト行ってきました。
リゾートバイトは以前からしてみたかったのですが、なかなかチャンスが無く、
子供が産まれる前に一回行っておこうと思いつつ、それでいて妊婦を放ったらかして1-2か月行くのはあり得ないと奥さんから釘をさされていたのですが、たまたま短期のものを見つけて今回トライしたというわけです。

ブログ開設2周年
僕が初めてリゾートバイトに言及したのはこの記事でしたね、ようやく悲願成就というわけです。

本当は北海道や沖縄に行ってみたかったのですが、こういう事情であまり遠方には行けず、短期で首都圏から行ける比較的近場の観光地のホテルとなりました、そのレストランでのホール接客担当です。

長くなったので良かった点、悪かった点、その他感想で3回に分けて書きます。
今回は良かった点を並べてみます。

・(衣)食住、水道光熱費がタダ
これは予想通りです。
(衣)をカッコにしたのは、制服は貸与されるものの、普段着は当然持参する必要があるのでそこは自腹ということになります。
もっとも既に所有しているものを持っていくわけだから新たにカネをかけたわけではないです。
食については、アルバイトも社食を利用でき、タダで利用できることです、なので滞在中に食費を掛けたことはありませんでした。
社食のレベルは昔の学生食堂なみで上質とは言い難いですが、食べられないことはありません、腹を満たすだけなら十分と思います。
住居についても社員寮のようなところに滞在できるので当然タダです。
ただし良質で綺麗な環境というわけにはいかず、そこは格安の大部屋状態です。
僕のように東南アジアなどで安宿を渡り歩いてきたタイプなら全く問題ないですが、潔癖症のような人だと難しいでしょう。
年末年始やGWなどの繁忙期ではなかったので複数名ぶんのベッドがある部屋を一人で個室状態で使ってました。
繁忙期にはこれが満杯になるそうです。今回の僕のように繁忙期をずらしていけばラクに一部屋占有できる可能性はありますね。
独り者なら賃貸の契約をせず、こういったリゾートバイトを渡り歩く生活も理論的には可能でしょう。
水道光熱費も全く取られなかったので賃貸契約をせずにリゾバを渡り歩けば生活コストは激安になります。

・通勤時間が圧倒的に短い
社員寮から勤務地のレストランまで歩いて数分なので当然ながら満員電車に揺られることもありません。
通勤電車嫌いの僕としてはこれはポイント高いです。

・カネを全く使わない
東京などから向かう場合、現地までの往復交通費も出ます。ただし立て替えが多いので一時的には払う必要がありますが。
現地についたら仕事以外は特にやることがありません。
娯楽もほとんどないので全くカネを使わないです。
給料は安いですが、カネが貯まると思います。
3日間滞在してカネを出したのは後述する水、温泉代、くらいで1千円もいきませんでした。

・水が美味い
これは現地の水が美味しいという意味ではありません。
1日中立ち仕事でヘトヘトになるので、夜、仕事が終わったあとに自販機で買って飲むミネラルウォーターがめちゃくちゃ美味かったです。五臓六腑に染み渡る、とはこのことです。こんなに水が美味しいと思ったのは何年振りでしょうか。
仕事あがりならビールでもかっくらえばいいのでは、と思うかもしれませんが、翌日も早朝から仕事があり、酔っ払って遅刻はしたくないので3日目の最終日まで酒は飲みませんでした。

・格安で利用できる設備がある
僕が働いたところは温泉があり、社員アルバイトは格安で利用できました。通常のユーザーの利用料の半額以下でした。
どのリゾバにも大抵はこういった特典はあるようです。
とはいえ僕は余りカネを使いたくはなかったので、この温泉を利用したのは最終日だけにしました。
それ以外は社員寮の簡易なシャワーやお風呂で済ませました。

・シエスタが気持ちいい。
つまり昼寝です。
ホテルのレストランは朝と夜にシフトを組まれることが多く、早朝働いて、夜にまた働くといった感じです。
ということは数時間のかなり長い昼休憩があります。
特にやることもないので寮に戻って昼寝してました。
この昼寝が最高に気持ち良かったです。

・自分の旅行や移動とからめるとさらにオトク
例えばですが、自分の実家方面のホテルや旅館でリゾバを探せば帰省の交通費がある程度浮くことになります、小銭稼ぎついでに帰省するという考え方もできます。勤務終了後、そのまま実家に帰ればいいのですから。勤務終了後はただちに帰宅して領収書を提出しないと行けない場合は出来ないですが、実際にはそこはユルいようで、リゾバ終了後にそこをスタート地点として自分の旅行をしてる人も結構いるみたいです。ただし自宅にまっすぐ帰らないわけですから自分の私用の旅行をしてから帰る途中とかに怪我等をしても通勤災害の適用は微妙になるでしょうね。そこは自己責任になるのでしょう。

良かった点は以上です、
次の記事では悪かった点を書きます。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

たまには犬もいいね。早期リタイアと犬は相性よさそう。

(2017-06-11)
僕はアイコンを猫にしているように圧倒的な猫好きですが、たまには犬もいいなあ、と思うことがあります。

こないだ街を歩いていたら黒の柴がいました。
もしかしたら雑種かもしれません。

IMG_20170524_170725.jpg

このようにお留守番をしてるようでした。

IMG_20170524_170717.jpg

軽く声をかけると立ち上がってこちらに興味を示したようでした。

IMG_20170524_170745.jpg

なになにー?という感じで見上げてきます。

触らせてくれましたが、犬の毛はゴワゴワしてますね。
毛並みや触り心地はやはり猫のほうがいいなあ。

このあと飼い主がきて一緒に去って行きました。

早期リタイアと犬は相性が良いと思います。

犬は猫と違ってとても手間がかかります。
猫は基本放置でもいいですが、犬は散歩させたり、また組織に所属する生き物なので人間の方が上だとかいろいろと教えなくてはいけません。

早期リタイアしたらやることがない、ヒマでしょうがない、何かすることをくれ、とブログに書いてる人が結構いるので、
そういう人は犬でも飼ったらいいんじゃないかなと思います。

朝から晩まで一緒に遊べるし、世話をすることも一杯あるし、良い娯楽というか良い付き合い相手になるんじゃないでしょうか。
人間関係に疲れた、人と接することはもうイヤだ、という人も人犬関係なら問題ないでしょう。
犬は嫌味を言ったりパワハラセクハラなどはしてこないでしょうからね。

また散歩をすることで自分自身の運動不足の解消にもなります。
リタイアしたら家に引きこもりがちになって運動不足になっている人がかなりいるようです。
犬は生き物なので今日はパスなどとこちらの都合は許されないでしょう、毎日散歩してあげないといけないので強制力があります。

カネもそんなにかかりません。
最近はペット産業がかなり発達しているようですが、それらにすべて付き合う必要もなく、最低限の医療行為とエサ代だけなら結婚だの子供だのに比べればずっとずっと安いコストでしょう。
せっかくリタイアしたのに資産計画が狂う大幅な出費はイヤだという人にもそんなに大きな負担にはならないかと。

老人になってから飼うと自分が先に逝くリスクがありますが、早期リタイア者なら時間的にも余裕があるはずで、犬の一生を十分面倒みてあげられそうです。

早期リタイア者で日々やることがない人は犬でも飼ったらどうかなと思いました。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供無し

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク