体外受精7回目(16)36W2D 臨月

(2017-07-21)
奥さんの妊娠が36週目に入った。

いわゆる臨月という時期に突入。
臨月とは妊娠に臨む月、ということで妊娠最後の1か月。
長かったようなこの妊娠ストーリーもあっという間に最終章へ。
これからは1週間ごとの検診になるので記事更新はあと3-4回くらいかな。

今日はエコーの結果も良く見えて、口を動かしたり首を振ったりしてるのが良くわかる。
推定体重は2,450g。
もういつ産まれても大きな問題は無い。
突然の破水とか陣痛が来てもいいように、地元のタクシー会社に登録してすぐに来て送ってもらえるようにしてある。

奥さんは今のところいたって健康そうで、苦しいとか辛いとかはない。
腹がけっこう大きくなったので動くのは重たそうだ。

安産のためには運動をしたほうがいいのだが、なんせこの猛暑で散歩は休みがち・・・

今日は臨月に入れたお祝い的にオシャレなレストランでランチしてしまった。
あ、支払いは奥さんがやったんだけどねw

オムツもおしりふきも買ったし、ベビーベッドはレンタルを予約してるし。
特に準備することは無くなったな。
子無し生活もあとわずかなので時間の取れる今のうちに友達に会ったりしておくことにする。

まずは来週の37週を目指す、ここを過ぎれば正産期といっていつでも産んでいいことになる。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

昨年の収入が無いので国保が激安に

(2017-07-19)
先日、国保の保険料確定の通知が届いた。

2月の確定申告では基礎控除+給与控除で余裕でマイナスになった。
当然国保は最低額だろう。

年額で3万円少々。
年額だよ、月額じゃないよ。

さすが、無収入のパワー、すげー。。。

もっとも僕も41歳まで馬鹿みたいに働いて健康保険料なんてものすごいむしり取られていたからね。

しかも僕は自炊はするわ、運動もするわ、の自助努力で健康そのものだから病院なんて1回もいかない年がほとんど。
風邪程度なら年一回くらいはひくがそんなものは寝て治してきたし。
約20年間、払いっぱなしでもらうことはほとんど無し!
20年間で歯医者数回くらいかな?

だから理不尽な思いをしてきたよ。
なんで若者が真面目に働いてぼったくられる保険料で老人の茶飲み話目的の医療行為にバシバシ使われてしまうのか、、と。

これからは低負担人生でいかせてもらいます。

こういう感覚で効率よく生きる発想の早期リタイア者が増えると社会保障制度は行き詰るだろうが、たぶん大丈夫。
世の中には浪費癖が抜けなくて、いつまでも働かざるを得ない人のほうが圧倒的に多いからね。

なんせこちらから節約の話をしても眉をひそめて、そんな貧乏くさいことやってられるかっていう人のほうが多いくらいだから。

だから僕は安心して低負担者で居られるのだ。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

人生の残り時間を見積もると早くリタイアすべきことが分かる

(2017-07-16)
僕は残りの人生でどれだけのことができるんだろうか。
大それたことは考えてない。
むしろ平凡な日常として、普通にできることがどれだけできるのか。

男性の平均寿命は今80歳くらい。
僕にまともに余命があったとしてもあと40年くらいしかない。

時間にすると、、、
眠る時間を1日7時間、スーパーに行ったりご飯を作ったり後片付け、洗濯などの生活必要時間を3時間とすると、計10時間くらいはこれで取られる。
1日のうち自由に何かをできる時間は12時間×365日×40年=175,200

超効率的に過ごしてまっとうに平均寿命まで生きられたとしても175,200時間しか何かをすることができない!
映画なら2時間で一本として87,600本しか観られない。
本なら1冊3時間として58,400冊しか読めない。
スポーツの試合は4時間だとしたら43,800試合
ちなみにNFLは1チームが17週までに16試合やって32チームあるので、、、1試合4時間としたら年間2,048時間。
あと85シーズン分観られることになるのか。
大学の試合まで含めたらあと残りの自由時間はアメフトだけ観てても埋まるくらいである。
上記三つの娯楽だけに徹したとしても3つもとやったらそれぞれ時間は1/3になる。

ただこれらの娯楽だけしていると体がおかしくなるので体調管理のための運動もするだろうし、そうなるともっと自由時間は少なくなる。
もちろん平均寿命より先に逝ってしまうことや、生きていたとしても頭や体が動くとは限らないので本当にしたいことができる時間はこれよりずっと短くなる。

子供ができたら子育てに取られる時間が多いだろうからもうしたいことなんてほとんどできないのかもしれない。

こういう計算をしてみると、リタイアしたら楽しいこと、好きなことを一杯やるぞ、と思ってても60歳、65歳をすぎてから、さあやろうと思ってもそう時間はないことが分かる。
皆、自分の好きなことを時間で換算して、あと何回できる、あと何時間できる、と計算すると意外と余裕がないことが分かるだろう。

資産が十分あって、なおかつ仕事が好きでもなく、やりたいことがある人はあまりリタイアを先送りしないほうがいい。
資金はある程度たまったが、いやもうちょっと確実性を、もう少し余裕を、と労働をやってる人は要注意。
そうしてる間に上記の時間はどんどん削られていくのである。
しかも自分が嫌いだといってる仕事で。

もちろん仕事が大好きで生き甲斐で、と言う人は80でも90でも現役で働いたらいい。

問題はそうじゃない人。

僕のようにそんなに仕事が好きじゃない人はある程度の資金がたまったらさっさとリタイアするのがいいと思うね。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

昔の同僚が突然逝く

(2017-07-15)
同僚と言っても学生時代のアルバイトの同僚なのだが、
先日亡くなったと別なアルバイト仲間から連絡があった。

僕とそう変わらない年齢だからまだ40代半ばくらい。

突然気分が悪くなって倒れて、そのまま2日後くらいに亡くなったそうだ。
脳血管疾患系だろう。

ウチに子供が出来そうだということで近いうちに訪問して飲もうと思っていただけにびっくり。

最近こういう話をちらほら聞くようになった。

平均寿命が70数歳とか、80とか、いろいろ言ってもそれは平均であって自分が絶対そこまで生きられるわけではない。

早く体をいたわって、好きな事をしたほうがいい。
サラリーマンが楽しくてしたくてしたくてしょうがない事なら死ぬ直前までそれで構わないが、そういう人は少ないだろう。
幸いこの人はサラリーマンはさっさとやめて自営をやっていたからそこそこ満足してたかもしれない。

もし薄れゆく意識の中で、あー、満員電車とかつまらない会議とか夏のスーツで汗だくとか、そんなことばかりの人生だったなあ、なんて思ってたら後悔だけの人生になってしまう。

リタイアしようが、働こうが、自分の思い通りに生きてることが一番だと思うな。

自分もいつ逝くか分からないがその瞬間に後悔しないように今を生きているよ。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

エアコンや空気清浄機のフィルタ掃除は大事

(2017-07-14)
本格的に夏になるのでエアコンのフィルタを掃除した。
昨年の夏から本格的に使い始めたのでさぞホコリがたまっているかと思いきや、、、大したことなかった。

でもちゃんと掃除機で吸い取って綺麗にした。

次に空気清浄機。

。。。これがヒドかった。

フィルタの目詰まりがひどく、つもりに積もったホコリが一体の固形物のようにペロっと剥がれ落ちたくらい。
フィルム包装のスライスチーズくらいの厚さがあったよw

これは指できれいにはがれるように落とせたのでそのままゴミ箱へ。
そのあと掃除機で吸い取り、さらに風呂場でしっかり水洗い。

これらのフィルタを掃除しないで使っていると効果が落ちるばかりか電気代を多めに食うという話もあるので掃除はしっかりしよう。
ググると5-7%くらい電気代が違うという説がよく出てくる。

節約の真偽のほどはさておき、効果が落ちるのはイヤなのでマメに掃除することにする。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供無し

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク