リクルートカードJCBのショッピング枠が勝手に上がった

(2017-11-19)
リクルートカードJCBが届く。来年の旅行に向けてフル活用しよう。

この記事からもう1年少々たった。
リクルートカードJCBは普段使いのカードとして普通に利用している、今はヤフーカードが確変2倍還元中だからお休みだけどね。

先日JCBからはがきが届いてなんだろなと中身を見ると、ご利用可能額を見直しましたと。
ショッピング枠がそれまでの20万から150万に大幅増。
無職の分際でカード作って、今度は枠が大きくなっちゃった。

月に150万も買い物しないよー。。。
まあ枠が大きくて困ることはないが。

支払い名人という自動リボ設定をしている。
自動リボといっても発動条件を最大の20万以上に設定しているから月20万以下の使用なら実はリボ払いになることはなく、実質は通常の一回払いと同じ。
これでショッピングガード保険が自動付帯になるからそのぶんオトクなのよね。
てことはこの設定も150万に変更しちゃったほうがいいのかな。

なお、キャッシング枠はゼロのまま。
最初につけた記事リンクにあるように、本来は海外旅行で現地ATMキャッシングに使う予定だったのよね。
もうしばらく行けないけど。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

高級ブランドのよだれかけが2万6千円すると知ってビビる

(2017-11-14)
娘のベビー用品を知り合いがたまにくれるんだが、こないだすごいものがあった。

よだれかけ。
手触りはたしかにいい、ちょっとしたもののようだが、
なんとこのブランド物のよだれかけ、奥さんがググって調べたら新品では¥26,000する!

乳児のよだれかけなんて、たかが布きれにしかみえないw

これで2万6千円かー、すごい。
肌気から上着まで僕の着てる1か月ぶんの服ローテーション全部足しても届かない金額だろう。

僕らにくれた本人も誰かからもらったもののようで、たぶん僕らで3人目か4人目の使用者と思われる。

最初に購入した人ってどんな人なのかな。

宅のbaby様にはこれくらいのお召し物は必要ですのよ、おほほー
みたいな、ざーます系のババアなのかな。

でも馬鹿にしちゃいけませんよ。

こういった人たちが高級消費をしてくれるおかげで資本主義経済も回るからね。
こうやって下々にもモノが流れてくるわけだし、ありがたいことだ。

カジュアル衣料品であろうとブランドものであろうと、僕らはもらいもので十分だよ。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

記事数が2,000件を突破

(2017-11-12)
このブログもはや3年を超え、この記事が通算2,001件目の記事になる。

ずいぶん書いたなー。

通算1,000回目の記事
この記事が2015年12月14日なので1,000積み増すのに2年近くかかった。

良いペースですな。
予約投稿を徹底してからは1日1件がほとんどで月30ペース。
てことは3,000を達成するのは約3年後かな。

カテゴリ内訳は
未分類 (0)
節約 (279)
雑談 (837)
人生 (141)
趣味娯楽 (418)
保険 (9)
収入 (81)
投資 (218)
子育て (17)

雑談と趣味娯楽が圧倒的に多いが、子育てがカテゴリとして追加され、当然これが増えていくだろうね。

ブログを続けていればいいこともあるようで、PVが激増したりアドセンスが好調になったり。

ブログは開始してから1年以内に大半が消えるらしいので、ここまで続けただけでも大したもんだ。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

介護施設に入るよりクルーズ船に乗ったほうが安上がりか

(2017-11-09)
ネットで面白い動画があって先日つい見てしまったものがあった。

映像はなくて文字だけのものなんだけど、ストーリーが以下のような感じ。

<><><><><><><><><><><><><><><><><><>
豪華客船クルーズに乗り込んでいた男が、乗客にあるお婆さんを発見、どう見てもひとり。
普通は夫婦で乗り込むものだが一人は珍しい。
かなり年を取ってるから夫に先立たれた独り者かもししれない。
気になって近くの船員に聞くと、彼女のことはよく見るという。
しかもここ4回くらい連続で乗り込んでいるんじゃないかと、毎回一人で。

ある時、近くになる機会があったので男は思い切ってお婆さんと話をしてみた。
お婆さんからの答えは以下のような内容だった。
「そりゃ、介護施設なんてコストは1日あたり200ドルも取るのよ、それに比べてこちらは1日あたり135ドル、差が65ドルもあるからこれは小遣いにできる。美味しい食事は込みで連日ショーまで観られる、介護施設の食事なんてマズイものばかり。客船ベッドのシーツは毎日交換されている。介護施設はこちらを病人として扱うけど、ここでは客人扱いよ、絶対こっちのほうがいいわ」
<><><><><><><><><><><><><><><><><><>

とまあ、うろ覚えだがこんな感じの内容だった。

なるほど、これはありうるな。
頭系の要介護だと難しいけど、頭はしっかりしてるが家事はどうも、という体系でそこまで重度じゃない人は客船クルーズに乗ったほうが安いのかもしれない。
食事は毎回寄港地で仕入れた美味しいものが食べられそうだし、トイレや風呂掃除だってないしね、全部用意されてる。
もちろん客室等級によるだろうが、最高級グレードに泊まる必要はないしね。

ネットのネタ動画を真に受けるのもどうかだが、こういう盲点は色んなとこにあるかもしれないので、常に色々と考えていたい。

介護状態だと何年いくか分からないが、病気で余命宣告なんて受けたら最期はこういうクルーズにでも乗ってヘラヘラ遊びながら暮らすのもいいね。

スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

子供が出来て死を意識するようになる

(2017-11-08)
まだまだ先の事だと願いたいが自分も遅かれ早かれいずれ死ぬわけ。
それは分かってはいるんだけど、普段全く意識はしてなかった。

30になっても40になっても精神年齢は20代のままで、フラフラ遊んでそのまま行く予定だった。

子どもが出来てそれがちょっと変わった。

産まれた子供をみてると可愛いし、楽しい。
日々の成長をみてると人間は産まれて育ってやがて死ぬものだということを認識させられる。

このように新しい命が誕生したということは、同時にすべての生命はまた死に向かって進んでいるわけで、
産まれたての存在を見ているのに逆に死を教えてくれるような気がするのだよ。

娘を育てるためにはあと最低20年は生きたいとか、そのために何をするか、とか。
極端な話、昨年までの僕は明日死んでも別にいいと思って何も考えていなかったわけだからね。

相続も意識するようになった。
今まではその時がきたら適当な団体か何かに寄付すればいいと思っていたが、娘ができたのでそれなりに残そうと考えている。
僕が先か奥さんが先かによってもちょっと違う。

金額はいくらか、渡すタイミングはどうか、それらを本人には直前まで教えないほうがいいとか、
自分の死を想定してあれこれ考えるわけだから、当然死を意識することになる。

死を意識するといってもビビっているとかではなくて、どのようにそこに向かっていくか上手くやるかを能動的に考える、ということだ。

娘に残す最低限を超える部分は当然自分が使い切っていいわけで、それもどのように有効に使うか。
そういうことを考えるのも意外と楽しいものだよ。

いずれも死というゴールが意識できたから考えるようになるのだな。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク