JCBの支払い名人サービスが改定、ていうか改悪?

(2018-04-18)
リクルートカードがJCBのプロパーカード扱いなので、支払い名人、というサービスを利用している。
関連記事:リクルートカードからMyJCBに登録して「支払い名人」の利用設定をした

この記事書いたのがもう1年半前なのね、、、時のたつのが早いわ。

本日JCBからはがきが届いた。
この支払い名人のサービスが2019年春には終わるという。

で、どうなるかというと、これまでのユーザーが決める定額設定ではなくて、JCBの設定にもとづいて強制リボ払いになるようだ。
詳しくはこちら
「支払い名人」リニューアルのお知らせ

これを見る限り、5,000円~20,000円程度の少額利用でもリボ払いにされてしまいそうなので、新サービスには移行せず、自動リボ設定は解除したほうが良さそう。
キャッシュバックがありますよってのがいかにも、だよね。
今年の暮れにもう一度連絡があってそこで態度を決めていいようなので、まだしばらくは今の支払い名人を利用しておこう。

僕のようにリボ発動を上限いっぱいの高額設定にして実質一括払いでしか利用しないで、ショッピングガード保険だけいただきますっていう人が多かったんだろうなあ。

クレジットカードの仕組はずっと追いかけていないとどんどん改定(改悪?)があるから大変だね。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

短期派遣労働の良い点悪い点

(2018-04-16)
まだ派遣で働いて3年目で、最初の1-2年は継続しただけだから案件としては2件しか行ってないのでそれで語るのもなんだのだが、良い点と悪い点をまとめてみよう。

短期といっても本当の短期は法律的な縛りがあるようで名目上は更新可能性のある状態である。

良い点から
・責任がない
なんといってもこれでしょう、正社員として約20年働いた僕からしたらこの気楽さは最高だ。
基本的には言われたことをやるだけでいいし、向こうもその程度しか期待していない。

・定時で帰られる
僕は愛想よく残業も応じてたが帰ろうと思えば断固として帰ることもできる。
どうせ出世など関係ない身分で、それどころか数か月後にはサヨナラの身分なのでわがままは適当に言ってもいいだろう。
もちろん休みも適当にとればいい、有休は持ってないので欠勤扱いになるが、1日分の収入が無くなるだけでセミリタイアの小遣い稼ぎとしては大した差はない。

・うまくいけば雇用保険も狙える
名目上は更新可能性がある契約なのでもし3か月契約を一回更新して都合6か月経過後に向こうから切られれば特定理由離職者という身分になり雇用保険がもらえる。
僕はまだそれに該当したことがないのだが、せっかく派遣を利用してる間に一回くらいはやってみたい。

次は悪い点
・軽く扱われる
これは仕方がないが職場というものは一定数でどうしようもない人間がいて、派遣だからと高圧的な態度に出たり、アゴで使うような態度の人間は居る。
人間関係に疲れた人はこういうのが苦手だろうが、適当にあしらってやり過ごすことをオススメする。

・作業が単調すぎてあくびがでる
良い点の責任が無いのと裏返しになるが、本当に単調な作業をやらされることもある。
画面の所定の箇所をひたすらクリックするだけとか、ハサミを使って一定の切り取り作業をするとか。
40超えたオッサンがハサミを使ってずーっと紙を切り取ってる姿を客観的にみつめて作業中に思わず笑ってしまったことがある。

こんなところかな。

良い点も悪い点も受け入れ、たかだか3か月程度の話だし、適当にあしらってやっていれば小銭が入る、と思ってセミリタイアの役に立てればいい。

今回の労働は職務内容があまりに単調過ぎたので、次回はもうちょっと入り組んだ仕事でもいいかなと思ってる。
事務に限らず外に出るような仕事があればそれでもいい。
事務所で毎日同じ人間の顔を見るのはやはり飽きるなあ。



スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

無職のありがたみを再確認

(2018-04-13)
4/1からいきなり日曜で感じてるわけだが、日曜夜に翌日仕事に行かなくていいこの気楽さ。。。

無職ってやっぱり最高。

いわゆる日曜の憂鬱とは完全に関係なくなる。

短期派遣で単純雑用労働だったので、そんなにイヤイヤ行ってたわけじゃないけど、それでも3月に入ったあたりから面倒くさく感じてたな。

3年前、あれほど働きたくないとか言って正社員を辞めたわけだけど、この解放感は素晴らしいのでたまに働くのはいいなと思うね。

突発的にリタイアして、その後に子供が出来たので資金的にはかなり心細い。
しかも相場環境が怪しくなってきたので、生活費程度だけでも労働で稼ぎたい。

欲を言えばおつりが出るくらい稼げれば投資の種銭にも回せる。

かといって通年で働くとリタイアじゃなくなっちゃうし、僕自身がそこまで働く気はない。

無職ってやっぱりありがたいことなんだなと。

資金的に超余裕の状態もあこがれるけど、この状態はそれはそれで楽しいとも思える。

少し働いて、解放されて、無職のありがたみを感じて、、、この繰り返し。

自分としてもこれでどこまでいけるか見ものだね。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

再び無職になったので市役所で国保と国民年金の手続きに行ってきた

(2018-04-10)
関連記事:健康保険証が送られてきた、国保脱退しないといけない
関連記事:国民健康保険税 税額変更通知書が来た

派遣労働が3月で終わり、4月からまた無職になったので、市役所に行って国保と国民年金の加入手続きをしてきた。

その前に準備として、派遣会社のアカウントにログインして社会保険脱退の手続きをする。
すると数日後に封書で、「社会保険資格喪失証明書」をいうのを送ってくるので、これをもって役所へ。

運転免許証と印鑑も持参。
マイナンバーカードはありますか?と聞かれたのであるとよりスムースになるらしい、僕は持ってなかったけど。

国保はすぐにその場で保険証を出してもらえる。

次に年金課へ。
ここで年金手帳を持っていくのを忘れた事に気づくが、担当者の人が名前や生年月日などで検索してくれて問題無く手続きしてくれた。

これで手続き終了。

奥さんのぶんの国民年金は4-6月分の振込用紙が来ているのでこれで後日払うことになる。
今回の脱退によって僕の4-6月分の払い込み用紙も近いうち届くだろう。

yahoo!japanカードのnanacoチャージ改悪時に駆け込みでチャージした5万円があるからとりあえずこれで払える。
3/4免除の金額だからたいしたことないのだ。

そして7月に入ったら年金はまた今年の免除申請をすることになる。
奥さんの収入が上がってるから今年は3/4免除は無理かもな、1/2は勝ち取りたいが。

来年もまた派遣で数か月働いたら同様のことを繰り返すことになる。
面倒でもこういった手続きはしっかりやっていきたいね。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ブログ開設4周年

(2018-04-08)
このブログを作ったのが4年前の今日、4/8です。

ブログの大半が1年以内に停止したり削除されたりするらしいので、5年目まで続くってなかなか大したもんですよ。

関連記事
はじめに
ブログ開設一周年
ブログ開設2周年
ブログ開設3周年

去年と同様に心境の変化を追ってみると
1年目は、とにかくリタイアしたいなー
2年目は、リタイアしたぞー
3年目は、リタイアしたが、なんかヒマになってきて・・・
4年目は、子供産まれちゃった、やべ、資金たりねえw

ってな感じです。

年間3か月程度は働こうと思っているので、暇つぶしと生活資金の足しにしています。

これから5年目に入るわけですが、相場が下落基調になればその方面でも面白みが増すはずで、新たな局面が見られるかも。
昨年まではずっと右肩上がりだったので資産記事なんて毎月毎月上がったばっかりだったからね。

育児関連の記事は増えるかと思ったらそれほど書いてないですね。
子育てカテゴリは30件少々。

では5年目も乞うご期待。


スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク