平飼い卵を食す

(2017-08-09)
平飼い卵とはオープンなフィールドで普通に放し飼いをした鶏から産まれた卵。

通常安い卵は薄暗い鶏舎の狭いケージ(金網)の中でギュウギュウに押し込められて卵を産み続ける。
当然ストレス満載なので病気になる鶏が多く、抗生物質を投与しまくりながら強引に生かして産ませ続ける。

欧米では非人道的だということで国や州によって禁止され、平飼いが主流となりつつある。
人道的かどうかはともかくとして抗生物質投与しまくりは気になるね。。。
実際、卵アレルギーの人が平飼い卵なら大丈夫だったという事例もあるようで、もしかして残余化学物質のせいでは、という説も。

平飼いなら太陽を浴びてのんびり育って草をはみ、健康な鶏から健康な卵ができる。
めでたしめでたし、、、なのだが、コストが問題。
1羽あたりの飼いスペースが大きくなるから当然値段は高くなる。

スーパーの安い特売卵は10個で100円くらい、つまり1個10円ではこれは当然ケージ卵。
平飼い卵は1個50円くらいする、10個パックなんてものはなく4個か6個パックが主流。
日本では欧米のように広いスペースが少ないから余計に割高になるんだろう。

平飼いならなんでもいいということでもなく、きちんと掃除された綺麗な飼育環境がいいそうだが、そこまで気にすると生産地の見学までしにいかないといけないね。

実は数年前まで平飼い卵を買っていたことはあった。
奥さんが乳がんをやったので、食材をあれもこれも吟味して調べて、卵も平飼いになっていたのだ。
しかし乳がんの再発も無かったし、いつしか特売卵の安物に戻っていた。

中年二人ならいつ病気になって死んでもいいが、子供が産まれることになったので、それを機に卵を平飼いにすることにした。
子供の成長期にはしっかりしたものを食べさせたい。
また我々も子育てのためにしばらく病気になるわけにはいかない。

近所のスーパーで1個あたり50円の卵を買って、先日食べてみた。
味の違いが一番わかるであろう、通常の目玉焼きで食べる、半熟具合もよくできた。

白みはあまり変わらない、黄身はトロリとかなりコクがあってやはり美味しい!
・・・が、5倍の価格差を埋めるほどの差があるかというとそれはあやしいw
単純なコスパ重視の人は手を出さないほうがいいだろう。

これは高級品。
高級品なので毎日は食べられない、せいぜい1週間に2-3個くらいかな、食事バランス的にはかえって良いかもしれない。
リタイア後に少し贅沢をするテーマの一つと、子供の健康のために、これからは平飼い卵を買って行くことにする。



スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

1個50円の卵、、買える金額ですが卵だけに拘ってもねぇ
国産牛肉、減農薬米、野菜、果物
これらまで視野に入れたら食費いくらになるでしょうね
私はある程度 産地を吟味している生協会員で済ましてます

近くにあった緑地一帯が壮大な学術都市、住宅街になり
農家に桁違いの大金が入り(坪20万)
マンション、貸し店舗,学生寮など建てて風景が一変してます

ステーキ3枚とベーコン塊で一万円ほどを
トーフでも買うようにささっと払ってる主婦をみて
あ、、きっとあそこの成金だなって僻んでます(笑)

ケチな性分もあるし食材への家計割合って結構悩みます

健康面での安全性も金次第な世の中って困りますよね
貧富の差で中国産とか買う人もいるし
怪しい食材は輸入厳禁にして
最低限(、味は程ほどでも)安心して食べれる食品を
全員が買える世の中で!と思いますよ

Re: No title

>あつこさん
野菜も肉もある程度こだわっています。
できるだけ割引品とかを買って工夫ですね。
たまに土地成金が発生するんですねー、うらやましいですねw
貧富の差で健康にも差が出てくるのはある程度仕方がないです。
我々は少しでも健康上位にいけるように自助努力していくしかないでしょう。

No title

こんにちは
小さいころ親戚のおじさんが鶏を平飼いしてました。
玉子を持っていっていいよーと言われて取りに行ったら
鶏の総攻撃に遭って退散した思い出があります。(^^;
平飼いの玉子、いいですね。

Re: No title

>小黒とらさん
そんな知り合いがいるとはなかなか恵まれた環境ですね。
鶏さんもけっこう攻撃力がありそうです。。。

No title

いいね、いいねえ。やってみたくなるねえ。
そういうとこはケチるとこじゃないから、どんどん改善したいですね。細かい味の違いなんてどうせ分からないけど、いいもの食べてる満足感はあるしね。

Re: No title

>プライアさん
黄身の美味さの違いはわりと分かると思いますが、5倍もの味の違いは分からないですw
たしかに自己満足こそが一番意味のあることのような気がします。

No title

私は、高い安いというのとは何だかどうでもいい
という気がするのですが、平飼いとぎゅうぎゅう詰めに
して飼うのであれば、鶏が可哀想だから、平飼いに
するように法律で定めてほしいように思いますね。
人間がちょっと高いから損したなって思う感情と、
鶏が一生苦しんで過ごさないといけないというのでは
比較にならないと思いますね。
徳川綱吉の時代だったらそんなことは絶対に許されない
と思います。何だか明治維新後、西洋的な冷徹な考えが
日本に入ってきて、それが当たり前になってきて
しまっているのが、何だか今の日本の道徳的な退廃の
原因であるような気がします。最近は西洋側が動物愛護
だとか色々頑張っているみたいですが、日本もそれを
取り入れていくべきだと思いますね。何だか記事を
読んでそのように思いました。

Re: No title

>pinさん
実際にケージ飼いの鶏舎を見るとその残酷さに驚くらしいですね。ドキュメンタリーでもありますね、見たことあります。
ただ例えばシーシェパードのように偏狭的な動物愛護団体(を騙った圧力団体?)などの異常性も嫌いですので、
動物愛護を前面に押し出した圧力は嫌いなんですよね。
綺麗ごとを言っても結局は市場原理が決定していくことでもあるので、皆が、高くても美味しい卵を食べたいとか、鶏にいい環境を整備したいと思いながら高い卵を買うようになればそれで少しづつ変わっていくのだと思います。

No title

私は市場原理に任せていては、動物が一向に幸せに
ならないと思うので、しっかり法律で定めていくべき
だと思います。シーシェパードのような行き過ぎた
団体は嫌いですが、「動物を食べるな」というのと、
「食べるのはいいが、それまでの間苦しめるな」という
のは違うと思います。私は動物を食べるのはいいと
思います。しかしその生きている間、少しでも儲けを
出すために苦しめるというのは法律で禁止すべき
だと思います。前者と後者を纏めて、前者に反対
だから、後者まで反対、とするのでなく、前者と後者を
きっちり分けて、前者には反対だが、後者については
反対賛成、と議論するのがいいと思います。
例えば犬や猫を虐待することが、何故か利益になると
いうことがあったとして、しかしそんなことは
倫理的にも、また法律的にも認められないことだと
思います。それと全く同じで、市場原理というのは、
倫理的なことなど様々な要素によって、国に規制される
べきことなのだと思います。そしてこの鶏の件に
ついても、犬や猫と何も違わないと思うので、
日本も規制していかなければいけないのだと思います。

No title

この記事でアレルギーについて思い出しましたので書きます。

子供の(食物)アレルギーについていろいろ本が出ているので読んでおくといいと思います。
最近、衛生面がよくなって逆にアレルギーの子供が増えているそうです。
で、わが娘もアレルギー体質だったのですが、
私たちが読んだ本だと、アレルギーは成長するにしたがって治まる。
だから、無理してアレルギーになるような食事をする必要はないという主張の本がありました。

この本にしたがって、離乳食の時期を遅らせました。
3歳すぎてもミルク飲んでいたし・・・
そのおかげかどうかは不明ですが、ひどいアレルギーにはなりませんでした。
今では特に食物アレルギーの心配はしていません。

ただ・・・
好き嫌いが多いです。
特に野菜嫌いになりました。
小さいときから食べたほうがいろいろ受け入れやすい感じはします。

食物アレルギーとのバランスの問題ですが、我が家ではもう試すことはできません。
まあこのようなこともあるってことで、生まれてくるお子さんの育児の参考にしていただけますか?



なんか、いいなあ

じわっというか、うるっと来ました。
尽くす存在あってこその生き金ですよね。
私も、スーパーの地産地消コーナーでちょこちょこ買うようになりました。
離乳食に便利な釜揚げシラスも、上等そうなものを買っちゃったり。

毎日朗報はまだかなまだかな~と覗きに来ております。
楽しみですね!

食べ物にはなんとなく気を遣っていましたが、子供ができてからはより気を遣うようになりました。できることは限られますが、限られるからこそ手をかけたいと思ってます。

Re: No title

>pinさん
難しいのは規制したところで、それが利益になるなら法をいくら整備しても抜け穴や違法でなんでも流れるんですよね。
悲しいかもしれませんが、結局のところ世の中一番の原動力になるのはカネです、カネになるからやるし、カネにならないからやらなくなる。
卵についていえば平飼いが売れて仕方ないくらいになるなら自然とそれが増えるはずで、現状売れないから数も増えないんですよね。
分かりやすいのがタバコの例で、規制だらけで異常なほどタバコは高い国がありますが、実はそのぶん闇流通が増えているだけという背景もあります。
国が規制したらOK万事解決というほど物事が単純になればいいのですが人間はずるがしこい生き物なので。。。

Re: No title

>さいらさん
アレルギー対策は僕もいくつか読みました。
情報源によっては離乳食になってからほんの少しでいいから混ぜて食べさせると良い、という説もあってよくわからないですね。
好き嫌いについては、どうしても食べられない食べたくないものはしょうがないですが、それは好ましい状況ではないよ、というのはしっかり教えたいです。
好き嫌いがあって何が悪いみたいな開き直りがいますが、あれは絶対不便だし、場合によっては色んな人へ失礼になってしまうので。
参考になりました。

Re: なんか、いいなあ

>阿波座マダムさん
上等なシラスいいですね!
朗報の件ですが、これが長引いてまして・・・あとでまた記事にします。

Re: タイトルなし

>まさあつさん
食べ物は自分にとっても子供にとっても基本ですね、これをおろそかにして豊かな人生はありえないでしょう。

No title

規制したら抜け穴や闇取引で何でも流れるということですが、例えば日本は銃を規制していて、確かに闇取引をしている人などもいるのだと思いますが、でも銃を解禁した国に比べれば、圧倒的に少ないのだと思います。
規制したら万事解決だとは思わないですが、8割でも9割でも解決していれば、それはその分良くなっているということなので、それをやればいいのだと思います。
実際に西洋で禁止して、それで回して行っているということなので、日本もそれを参考にしていけばいいのだと思います。実例があるので取り入れやすいと思います。

Re: No title

>pinさん
まあそうかもしれませんねえ。
でも規制をするコストがかなり上乗せされることは覚悟しないといけませんよ、検査する人、ガサ入れする人さまざまな社会的コストがそこに乗っかりますし、そういった社会コストを有権者が受け入れるかどうかです、卵のためにそこまでする?っていう。
本文でも書きましたが日本は平野が少ないので欧米よりも平買いはずっとコストが高くつくんですよ。

No title

卵のためでなく、鶏の人生のためですね。
結局国民にやる気があるかどうかですね。
やる気があれば出来ることなのだと思います。
昔の日本人は、動物が可哀想だと、動物の肉を
食べていなかったのです。
しかし明治維新から、欲望のままに、動物の肉を
食べるようになったのだと思います。
しかしここは一旦立ち止まるべき時なのだと思います。
昔の日本人の気質、感覚を取り戻して行くべき時
なのだと思います。
多少国民が貧しくなっても、動物の権利というものは
保護していくべきなのだと思います。

Re: No title

>pinさん
はあ、そういうもんですか。
さきほどの銃規制の場合はそれによって国民全員の安全がある程度確保されているということでコストがかかっても国民全体の理解は得られやすいですが、鶏さんが可哀想だから、というのが大きなムーブメントになって規制にまでいくのはかなり遠そうです。

No title

ただ実際には西洋では実現しているので、そこまで夢物語ではないようにも思いますね。
意外とこういうのは進むときは進むものなのだと思います。
LGBTなどもここ数年で一気に来ていますし。
意外と国民はブーブー文句を言いながら、まぁ仕方ねぇなぁという感じで進んでいくのだと思います。

Re: No title

>pinさん
卵以外にもトランス脂肪酸とか色んなものが日本って食品規制にはかなり甘い面があるのでどうですかね。
いずれにしても動物愛護の観点から進むのは結構ハードル高いです。
もう一つのハードルはデフレですね。
安ければいい、とにかく安ければ正義、が国内は蔓延してますから、結局のところ規制だのなんだので1個50円以上する卵を皆が買うことが大きな動きになるかどうかです。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク