男性向け育児啓発本が僕には役に立たない

(2017-08-08)
昔の男なら子供の事は嫁に任せた、とばかりに家の事は顧みずに毎日飲んで帰って、、、
というのも許されただろうが、今はそれじゃ無理。

男性の育児参加も当然の空気になってる。

そこで巷の男性向けに、子供ができたら夫婦にこういうトラブルがあるとか、心構えについての本や漫画が結構出ているようで、
僕も奥さんからいくつか渡されて読んだ。。。

が、はっきり言って役に立たない、というか参考にならない。
奥さんも、参考にならないところも多いだろうけど、と言いながら僕に渡す。
それもそのはず、この手の本は結局、「男は働いている」ことを前提にしているからだ。

僕のようにリタイアしてから子供を作ったというのは世間ではかなりの少数派、というか派にもならないくらいの希少種だ。

男性向け育児本や漫画の流れは、たいていこうだ。
・夫が働いていて帰りが遅く、自分は育児をやってないのに妻への気遣いがない。
・妻が日中、どれだけ子育てで奮闘してるか知らない。
・夫が家事を手伝うといっても何をやっていいか分からない。
・夫が家事を手伝っても日頃やってない不慣れさから状況を悪化させてむしろ妻が大変になる。

内容はだいたい、こんな感じ。

でも当然ながら僕には全く当てはまらない。
働いてないもんw
だから日中から家にいるし、育児についてはあらゆることを僕がやってる可能性大。

家事についてはもともと一人暮らし歴が長く、結婚後も料理はほとんど僕がやっているし、リタイア後はほぼ100%といっていい。
たまに奥さんが手伝おうかといって皿洗いなんかすると、汚れ残りがあって、ブツブツ文句をいって洗いなおしたりするのはむしろ僕w
奥さんは冷蔵庫の野菜の状態も把握してないから、たまーにご飯つくってもらうと使いかけのものがあるのに何故か新しいものから使っちゃったりするくらいだし。

だから、これらの本に書いてあることは僕には全くの参考外が多い。

本当に男女平等っていうなら社会は僕くらいの男を増やせよな。
こういう本も結局のところ男は外、女は家のステレオタイプの男尊女卑カップルを対象にしている。
働いてなくて家に居て、家事も育児もバシバシやりますが、という男を対象にした本を誰か書いてくれ。
少なくて需要が無いか。

そういう人はこの招き猫の右手ブログでも読んで参考にしてください。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なんで男が働いて女が家が男尊女卑になるんだよ
ただの役割分担だろ

確かに

ワタクシは今、少しでも主夫業に磨きをかけるために最近料理を始めました(と言っても本当に簡単なものですが)。あとこれも簡単なものですが、弁当作りも始めました。まだまだ試行錯誤中ですが。

ワタクシは招き猫の右手さんのように家事(特に料理)はきちんとこなせませんが、それでも少しでも見習って真似をしようとしています。

確かに主夫向けの育児書も欲しいですね。男性ができる育児も限界がありますから。

もうこうなったら招き猫の右手さんも主夫になったらどうですか?別にバイトもする必要もないかと…。

Re: No title

>grreeさん
当人たちが納得してそうなってるならその通りただの役割分担ですね。
もちろん女性が働いて男が家をやるのも同様です、納得してたらOK。
ただ僕の周囲から聞こえてくる声は、結婚あるいは出産を期に女性だから仕方なしに辞めたとか、自分が辞めざるを得なかったといってる女性は多く感じますね。本人は働きたかったのに、です。
だから男尊女卑なのだと思いました。

Re: 確かに

>6割主夫さん
いいですねー、料理、弁当作り、どんどんやって奥さんをラクにしてあげてください。
僕は料理をほとんどするので掃除や洗濯はけっこう奥さんにやってもらっていますけどね。
仕事辞めて言えに居る、という男がかなりの少数でしょうから出しても売れないでしょうね。。。
完全な主夫もアリですが、この2年間、家に居て思ったことは、どうも家にこもりきりは退屈するんだなと。
かといってカネのかある遊びはできないし、だったら趣味程度、暇つぶし程度になる軽い労働ならやってみてもいいと思ってます。

No title

休業後復帰とか、結婚しても辞めないこともできると思うのですが、、、
もし男性に押し切られたのであれば、それは男性より稼ぐ自信がなかったからとはいえませんか?
そして男性も母乳をやることができませんし、母親ほど子供に対して愛情を注ぐ自信があるでしょうか?

Re: No title

>grreeさん
会社によっては、また人によってはできるでしょうね。
ただそこまでの制度が無かったり、あったとしても事実上取りにくい雰囲気が蔓延してるとか、有形無形に男女差別が残っているということです。少なくとも彼女たちはそう言う傾向ありますね。

いずれにしても夫婦の役割を男はこう女はこう、とどちらの側から決めつけると差別になると思いますよ、当人が喜んでそこに自主的に収まっているなら別だと思います。
愛情どうのこうのは別問題ですね。

No title

新しいカテゴリーですねえ、マニアックだから情報は少なく面白そうです。それはそれでアクセス稼ぎそうですなあ。

少しずつは変わっていくでしょうけど日本式教育のたまものなのか招き猫さんのようにリタイアする人もあまり多くない中、更に子育てとなるとかなりレアでしょうね。
引き続きこの路線をひた走っていただいて、世に広めていただけると面白いなと勝手に想像しています。

Re: No title

>たんちんさん
新境地開拓してみたいです。
ニッチなとこのほうが差別化はしやすいですね。

Re: タイトルなし

>まさあつさん
リタイアそのものがレアな上に、その後に子供を作ったとなるとレア中のレアになりますね。
こういった人たちの先駆者になれれば幸いです。

日本の歴史上男尊女卑的な文化があった形跡はないですし、魏志倭人伝の頃から女性にはそれなりの権利も認められてます。
王が女性ですし。
家にいることを卑しいこととするなら、あなたは自分を貶めてることになりますが

Re: タイトルなし

>grreeさん
え?それはかなり論点がずれているのでは。
家にいるのが卑しいなんて一言も本文で言ってませんが。
日本の文化も別に否定はしてません。
現代社会において、助成だから家にいて家事をするべきだ、という決めつけをしたらそれは男尊女卑や差別にあたるということを言ってるだけなんですど。
事実僕は、家にいて家事をするのが楽しいとこのブログで散々言ってるんですけどね、卑しいことをしてるわあ、なんて言ってるくだりがあったら驚きです。

No title

そうでしたか、よくいるような日本は男尊女卑社会と思いたいフェミの人かと思ってしまいましたよ。
誤解していました。

Re: No title

>grreeさん
そうでしたか、そのように誤解させたのなら僕の文力にも問題があったかもしれませんね、失礼しました。
フェミは僕も嫌いですよ、男が外にしろ女が内にしろ、その逆にしろ、「こうあるべきだ」と他人に強制する人は嫌いです。
それぞれの人間が自由にやりたいようにやればよい、というのはこのブログで一貫して主張してきたつもりです。

No title

いえいえこちらこそ失礼しました。
まあ男性は外、女性は家のほうがいいという考え方は性差の関係で普通にあると思いますので、一理ある考え方と思います。むしろそう考える人のほうが一般的かもしれない。
ただそれしか認めない。それから外れるやつはクズだみたいになるとそれは男尊女卑ではなく、男も女も両方貶める考え方でしょうね。

主夫になりました!

久しぶりにブログを拝見しました。
私のところも昨年、子供が生まれました。
リタイア願望の高かった私の方が会社を退職して主夫してます。
平日の午前中に毎日、中年のおっさんがベビーカーを押して、散歩したり買い物してます。毎日楽しいです。
育児楽しんでくださいね!

Re: No title

>grreeさん
一般的かどうかは知りませんが、それが一般的なんだからお前もそうだ家にいろ、と仕事志向の女性に言ったら確実に差別になります、だからそれは注意しなければいけません。
それしか認めない、という強引で強制的な押し付けなのは同じですからね。
何かの考えを押し付けられることなく、皆が自由に自分の人生を決定すべきでしょう。

Re: 主夫になりました!

>DaiPonさん
お久しぶりです!
昨年産まれていたのですね、おめでとうございます。
主夫いいですねえ、僕も育児野郎になりますので、またいろいろ教えてください。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク