子供一人を成人まで育てるのににかかる経費を記録し続けてみる壮大な企画

(2017-07-27)
8月に子供が産まれる予定の僕にとって経費増は覚悟しておかないといけない。

子供の教育費調査
自分の教育費調査
ブログ開始当初の記事だが、この流れで、僕は教育費はさほどかからないと思っている、せいぜい1千万もみておけばいい。

それ以外にも食費やらいろんな面でどのくらいかかるのか、軽く調べたくなってきた。
でもググってもそれはなかなか出てこない。
子供はカネがかかるよー、という抽象的な意見はよく聞くが、じゃあいくらかかるの、と聞いても出てこない。
皆どんぶり勘定でたいして把握してないのだ。

僕は独身時代から家計簿をずっとつけていて、もう20年近くになる。
だから記録事を続けるのは好きだし、できる自信がある。

というわけで、自分の子供を20歳まで(大学に行かせたら22まで?)育てるのにいくらかかったかを記録していこうと思いたった。

1円単位まで神経質にやる必要はないが、大雑把な理解はしておいていいだろう。

今使ってる表計算ソフトで自作した家計簿の延長でできるからそう大した手間ではない。
列を一つ増やして「子供経費」というのを作ったらしい。
たとえば食費なら乳幼児の間は子供用の粉ミルクなどは100%だからその列に1とでも入れておけばいい。
これが大人と同じようなものが食べられるようになったらだいたい1/3くらいだから0.3とでも入れる。
成長期になったら沢山食べて半分くらいだろうから0.5でいいだろう。
娯楽についても夫婦だけでいったものは0だが、夫婦で子供を連れて行ったら0.3だな、夫婦どちらかと子供なら0.5だ、完全に子供のために行ったものなら1でもいい。
家賃は今のところ0でいいが、大きくなった子供のために一部屋多いところに引っ越したら0.3くらいつけてもいい、水道光熱費は0.3だろうね。
教育関連はもちろん1だね。

こうして各項目ごとに、子供のぶんとしていくら使ったのかが後から計算できるようにしておく。

そして20歳まで続ければ、、、
ウチの子供(娘)を育てるのにトータルいくらかかりましたってのが分かるわけよ。

これなら費用を具体的に語ることができる。
子供一人育てるにはいくらだよ、そのうち教育費はいくらで食費はいくらだよ、なんて話もできる。
もし子供が道を外しそうになったら、お前を育てるのにいくらかかったと思ってるんだ、〇万〇千〇百円だぞ!と言うこともできるw。

子供を作ろうという20年後のリタイア希望のブログ読者にとっても参考になりそうだ。
20年後もやってるかどうか全く分からないが。

20年もたてば物価変動もいろいろだから単純に比較はできないだろうが、そこは物価指数でも使って適当に調整してください、という感じで。

こんなことしなくてもこれまでの夫婦二人の年間生活費は大体把握してるからこれから増えたぶんで分かりそうなもんではあるが、まあこれも一種の遊びである。

とりあえずこないだのオムツ代から記録しておくか。

スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

独身だったら大分の国東に行きたい

(2017-07-26)
ちょっと古い記事だが、
大分県国東市、ソニー工場が撤退した後の物件がとんでもない価格に・・・(画像あり)

ネット界隈では有名な話だろうが、あらためていいなあと思った。

家賃サイトで検索すると今でもこのくらいの値段である。
市場原理が働ければカネの無い若者やリタイア者が集まりそうなものだが、そうはなってないようだ。
この家賃でも人が集まらないということだろうね。

この手のところに行ってもまず仕事は無いだろうから、やはり世捨て人のような人間じゃないと行けないのかもね。

僕が早期リタイアして独身だったらまずはここに行くな。
東京の家賃がワンルームで6万として、ここが1万なら差額は5万。
年間60万浮くから5年住めば300万は差がでる。
引っ越し代やらクルマ代(中古の軽くらいでOK)を考えても十分モトが取れる。

こんなとこいっても数年で飽きるよ、という人もいるだろうが、飽きたらまた東京に戻ったっていいし、全然別の地方都市にいったっていい。
賃貸はそこが気楽だからいい。

しかもこの立地って実は大分空港が近いから案外ラクに東京方面にも出られるのよね、LCC使えばコストもそんなかからない。
ということは海外旅行だって意外と行きやすいということだ、成田にすぐ出られるからね。
ググったら近隣にスーパーは1-2件はありそうだし、コンビニも大手は何件かある。
買い物についてはamazonなどネットを使えばいいというのもあるし、実はそう不便でもないだろう。
娯楽ももちろんネット中心で引きこもって映画やスポーツなどを観そう、、、って、今と変わらないじゃないか。
別府や由布院などの温泉もクルマでさっと行けそう。

日本は製造業が撤退して海外移転が止まらないからこういう所って探せば全国的にあるのかもしれない。
なんせ基本的には人口減少して、あらゆるものが東京に集中してしまっているのだし。

もはや海外外こもりよりも、国内で美味しい立地を探したほうがずっとローコスト生活ができる時代。
こういうところに拠点を置きながら海外はたまに旅行で、というライフスタイルが良さそうだ。

僕は結婚して子供もできるのでそう簡単には動けないが、独身で身軽な人はこういう選択肢もあるね。
リタイアに必要な資産額ハードルもぐっと低くなるのでは。

試しに奥さんにこのネタを振ってみたらあまりいい顔はしなかった。
老後の一人行動としての楽しみにとっておくか。
やりたいことはあまり先送りすべきではないのだけどね。。。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

18きっぷ2017年夏、みちのくひとり競馬場旅

(2017-07-25)
先週末奥さんの妊娠が順調なことを検診で確認してから、翌日に18きっぷを購入。
そして日曜から月曜にかけて一泊二日で福島に旅行にいってきた。
もちろんひとり。

臨月の妊婦を置いて一人で旅行、それも競馬場とは、まさに外道、と思うかもしれないが、
奥さんも賛成で、是非行ってこいと。
たぶん僕がいたら3食全部作ってしまうから好きな外食が出来ないからだろう。。。

おそらくこれが子無し生活最後の一人旅だ。。。
ちょっとした悪あがきである。

18きっぷのチケット代について
近所のチケットショップで権利5回のフル品を11,650円で購入。JRで正規品を買うと11,850円なので200円安かった。
後でも書くが権利3回残し品を新宿のチケットショップで7,800円で売れたので、この二日間で実質3,850円で移動したことになる。
安い!

そしてホテル
アパホテル福島を予約。
そもそも宿泊費を抑えるために漫画喫茶も検討したが福島駅にはなく、南福島駅からそこそこ歩くところにあるので真夏はきついのと、試しに検索してみたらけっこうビジネスホテルが安いのよ。
しかも最安値だったアパは福島駅の目の前の上に2017年3月にできたばかり。
それで宿泊は税込み3,900円、これは安いでしょう。
大浴場と露天風呂付とあるし、これはネットカフェ2000円程度と比べたらケチらずにアパホテルだなと。
楽天でもヤフーでも予約できたが、ヤフーで消滅間近の期間固定ポイントがあったのでそれを使い、カード決済でさらに割引を利用して実質3,700円程度に。またハピタスを経由したのでそちらのポイントも貯めた。

では、今回の旅行を写真と一緒に振り返ってみよう。
かなり画像が多くなるので楽しんでください。

旅行当日
早朝4:00起き。

軽くネットをチェックして用意したら最寄りのJRの駅まで歩く。
5:00ごろの始発電車に乗り、北へ北へ。
東北線に乗ってどんどん北上、宇都宮-黒磯-郡山-福島。
東京からはだいたい6時間程度の工程。
途中雨が降り始め、なぜか僕が18きっぷを使う時は雨が多いと嘆んでいた。
IMG_20170723_105536.jpg
ついたよーん、福島。この時点で11:00くらい。
正直ヘトヘト、お尻が痛い。

雨はほとんど止んでいた。
まずはラーメンを食おうとググって調べた駅前の丸信ラーメンというところにいったらなんと休業!
がっくり。
日曜でしかも競馬開催日に休むとは、やる気あんのかw

しょうがないのでコンビニでおにぎりやパン(336円)を買い、そのまま歩いて競馬場へ。
田舎は車社会なのでほとんど歩いている人がいない。
日曜だから人出ではそこそこあるはずだが。

30分ほどで競馬場に着く
IMG_20170723_113136.jpg
入口が意外とオシャレ。
ここで重要事項を一つ。
節約家は8枚つづりの1枚当たり125円の入場券を持っているだろうがそれをここで使ってはならない。
ローカル競馬場は入場料が100円なのだ。
だから普通に100円払って入るのがいい。

入って2階に上がるとパドック。
パドックが2階にあるって珍しい。
IMG_20170723_151504.jpg
このようにこじんまりとしたパドックで当日は重賞も無く人も少なかったから非常に見やすい。
画像手前の芦毛馬はメインの福島テレビオープンを勝ったマウントロブソン。

IMG_20170723_114552.jpg
福島と言えば藤田菜七子?なのかな。
夏は菜七子というアニメ風垂れ幕があった。

IMG_20170723_134511.jpg
こちらはメモリアルコーナー、つまり展示室。
東京競馬場の競馬博物館と比べるとかなり小さいが目玉商品がある。

それは、、、
IMG_20170723_134918.jpg
これよ、福島といえば七夕賞、そして大逃げのツインターボ。
中館騎手のサイン入り色紙と共に勝負服が展示されている。

IMG_20170723_155351.jpg
こちらがウイナーズサークルでゴール板のすぐ近くにある。
メインの福島テレビオープンを勝った面々。
左端は堀調教師。
オーナーの金子さんは不在だったようで金子真人ホールディングスの代理の人が来てた。

このメインレースまで、空調の効いたガラス張り内の座席でくつろいてレースを見ていただけで馬券は1円も買ってない。
それはいつものことだが、さすがにこの遠方まで来てそれもどうだろうと思い、最終レースだけ買ってみた。
財布を開けたら小銭が200円程度あったのでそれで馬連を一点購入。
1番人気からパドックで良さそうに見えた13番に。
IMG_20170723_163452.jpg
そしてレースは逃げる藤田菜七子騎乗の10番タニマサガールが直線入口で大きなリード。
このまま勝つか2着は堅そうだと思っていたところ、一気の脚で外を楽な手ごたえで2番サレンティーナが交わして先頭、
最後の二着争いに13番ナリノメジャーがタニマサガールにジワジワ迫って並んだところがゴール・・・
そして判定が、、、13番ナリノメジャーが交わしていた。
2-13.。。。。。
そう、馬券が当たってしまったのである!!!
なんということか、福島競馬場初参戦、初馬券でしかも馬連一点買い。
それで当たるとはね。
他には一点も買ってないわけだから僕の福島競馬場での馬券的中率は今のところ100%ですw

少額とはいえ馬連なのでそこそこ配当はついて1,730円。
200円購入してるので払い戻しは3,460円。
ホテル一泊ぶん近くが浮いちゃったよ。

なお、競馬場ではブログ仲間のしいたけをさんとも合流し、たまに雑談をしながら観戦していた。

この日は夏の福島最終日なのでリーディングの戸崎騎手の表彰。
21勝は一階催での最多タイだそうである。
IMG_20170723_164509.jpg

そして最終日だったので馬場開放というイベントが、、、これは想定していなかった、嬉しい!
IMG_20170723_165228_1.jpg
こんなふうにターフに入れるわけだよ。
ゴール板前にもいける。僕もこの後に入っていった。
入場するときは本馬場入場の音楽を流してくれるという粋なサービス付きである。

IMG_20170723_165750.jpg
スターティングゲートにも近づけるし触ることもできる、ただし登っちゃダメ。

IMG_20170723_170354.jpg
こいつはダートコースを整備するトンボを引っ張るような車。

IMG_20170723_170037.jpg
芝は綺麗だね。
でも歩いてみるとけっこう柔らかくて凸凹してて人間の足では歩きづらい。
内側の芝が剥がれて土が出ているところのほうがむしろ歩きやすかった。
でも馬にとってはこのグリーングラスのほうが走りやすいんだろうね、そのほうがタイムだって早いわけだし。
これは貴重な体験であった。

入場イベントも終わり、競馬場を後にして近くの岩谷観音を観に行く。
IMG_20170723_172912.jpg
いわゆる摩崖仏といって岩に掘っている仏像。

この後、福島駅までバス(270円)で戻る。
さすがに疲れていたので歩きはやめた。

駅についたらホテルに行く前に近くのヨーカドーでビールを購入(235円)、これは後で部屋で飲む用。
アパホテルにチェックイン。
さすができたばかりのホテルは超綺麗。
ネットカフェはやめてこちらにしてよかった。
荷物を置いてすぐに出る。
再びしいたけをさんと合流し、そのままガストでオフ会。
2時間ほど飲んで食ってしゃべって出てきた。
この日はしいたけをさんにゴチになりました、ありがとうございます。

ホテルに戻って風呂。
大浴場はそこそこの大きさで、気持ちいい。
ただ準天然の人工温泉って意味不明w
ただの沸かしたお湯ですって言えばいいのに。
露天風呂はベランダみたいなところに人がちょうど入れる大きさの陶器の桶が二つあってお湯が循環するようになってるだけ。
これは正直しょぼいw
しかも外の風景は全く見えないし、これ露天と言っていいか。。。
まあ仕方ない、そこは格安のビジネスホテルである。
温度が高いので足湯状態で長く入る。

しっかり温まったら、部屋に戻って、いよいよ・・・
IMG_20170723_214852.jpg
うぇーい、ちっくしょーう、というわけで風呂上りビールタイム。
このためにヨーカドーでビール買ってホテルの冷蔵庫で冷やしておいたのだ。
なお、アパホテルは節約のため冷蔵庫に電源は入ってないので部屋に入ると自分で電源を入れる必要あり。

出先で風呂あがりにビールというのがなんともいえない楽しみ。
350缶一本でしっかり酔える安上がり体質なので歯を磨いてこのまま就寝。

翌朝は6:00に起床して朝風呂に入る。
7:30ごろ出発。
まっすぐ東京に戻っても良かったがせっかくだからどこか寄ろうかと旅行出発前日にgooglemapを見ていたら郡山駅から磐越西線という福島の内陸奥地に行く路線を発見、磐梯山が近くに観られそう。
IMG_20170724_092031.jpg
会津若松行きってなんか格好いいね。
磐越っていうくらいだから先々は新潟まで行ってるっぽい。
出発まで時間があったので一旦駅を出て昼飯を物色するが早朝でやってないのでまたコンビニでパントおにぎりを購入(339円)
18きっぷだから何度でも駅の出入りができるのはいいね。

途中磐梯熱海という駅があり、温泉街があった。
IMG_20170724_095627.jpg
今回は時間無かったが次回はこの温泉いくのもアリだな。

そして目的の猪苗代に到着
IMG_20170724_102611.jpg
そう、野口英世生誕の地なのである。僕は特にファンではないのだが。

IMG_20170724_105133.jpg
せっかくなので歩いて猪苗代湖まで行ってきた。
片道2km程度で大人の男ならさっさと歩けば50分くらいで行って帰ってこられる。
やはり歩いているのは僕くらい。
ここから湖畔にそってもう少し西に歩くと野口英世記念館があるのだが時間の関係上パス。

猪苗代駅に戻り、トイレを済ませ、売店でビールを買って郡山に戻る電車に乗る。
IMG_20170724_114606.jpg
雨でけぶる磐梯山を車窓ごしに観ながら乾杯。
うぇーい、ちっくしょーう。
売店でエビスはなかったので、なぜかあった北海道限定のサッポロクラシックを選択。

郡山に到着するとラーメン屋を探す。
昨日食べられなかったので、今日は何かしら食べようと調べて見つけたのが、この店
IMG_20170724_121911.jpg
あさくさラーメン、なんで浅草?でも食べログの評価が割と良さそうだったので入ってみる。

IMG_20170724_122926.jpg
店内の人が塩ラーメンをよく頼んでいたので美味しいのかなと思って僕も塩ラーメンを。
これで税込み642円
味は意外な薄さ、濃い味が苦手な僕にはちょうどよい、塩気抑え気味でさっぱりとなかなか美味しかったぞ。

郡山駅にすぐ戻り、お土産屋を物色。
IMG_20170724_125111.jpg
三万石という有名店があって、そこの、ままどおる、とエキソンパイが有名。
奥さんからこの二つを買ってこいと言われていたのでそれぞれ一袋ずつ購入(1,512円)。
試食用です、と言ってままどおるを一個オマケでくれた。

そして電車に乗り、東京へと向かう。
来るときの逆の順で郡山-黒磯-宇都宮と。
宇都宮からは湘南新宿ラインなのでそのまま都心に向かえる。
新宿で降りて18きっぷの売値をチケットショップ街でチェック。
5店ほど回って大体8千円弱くらい、なかなかいい値だ。
すぐには売らず、そのまままたJRにのって都内某所で友人と会う。
この友人との会合をこの日に設定することで18きっぷがまた生きるのだよ、この電車賃分が浮くからね。
そして会合が終わったらまた新宿に戻って18きっぷを売却、7,800円。
冒頭でも述べたように、これで当初の5回権利品11,650円から差し引きで実質3,850円で二日間、福島までいって、途中猪苗代により、都内で移動して友人にも会ったりして、かなりのオトク感だ。
ポイントは夏のお盆前であること、これがお盆が過ぎると売却価格は一気に下がるのでこの時期がオトクということだね。

18きっぷの旅は長く電車に乗るので本は一冊くらい持っていくと良い。
IMG_20170724_134715.jpg
こちら、らいくむさんが紹介してた本。
先日モスルが陥落したニュースがあったと思う。
ISIS誕生の背景、中東、イラクの事情がよく書かれている。
もちろん図書館で借りているので無料。
飲み物は魔法瓶の水筒に入れていったのと帰りはその魔法瓶にホテルで沸かしたお茶を入れて行ったので水系はペットボトル一本も買ってない。ビールだけだ。

今回の旅は一泊二日で福島までいって、あれこれやったものの12,000円くらいしかかかってない。
かなり安上がりだったと言える。
しかも馬券まで当たってしまったから、それを引いたら1万もかかってないw
夏に安く旅行を計画している人の参考になれば幸い。

これで子無し最後の一人旅が終わった。

臨月の妊婦をおいて出かけられるのもこのくらいの日数時間が限界だろうな。
幸い、僕が出かけている間に急に奥さんが産気づいて緊急事態ということもなく、僕は無事に帰宅。

今回の長い記事、
最後まで読んでくれた人はありがとうございます。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

鶏手羽元は三度美味しい

(2017-07-24)
先日、スーパーの特売で国産の鶏手羽元が38円/100gで売ってたので、
急いで買いに行った。
午後に行ったので売り切れ心配だったが問題なく山積み。

みんな手羽元に興味無いのかな。

骨があるぶん、同じ価格の他の肉、たとえばむね肉のほうがコスパがいいという意見もあるが、
僕は手羽元が結構好き、食感も味もいいからね。

いつものように、にんにく、生姜、しょうゆみりんお酢と酒で煮込んでモリモリ食べる。

残った煮汁はコメと混ぜて雑炊のようにするとこれまた美味い。

いつもは捨てるのだが、今回はしゃぶり終わったあとの骨を残しておき、水洗いして水分を切った後、タッパーに入れて冷凍庫で保存した。

これを翌日、鍋に突っ込んで冷蔵庫の余った野菜を適当に入れて水を張ってグツグツ煮込む。

スープが白っぽくだんだん濁ってきたら完成、1時間ほど。
水分が減るので、多めに張って減らしていくくらいでいい。

この自然の鶏ガラスープがなかなか美味しかった。

これからは鶏手羽元を買ったら、

煮込んで肉を食う
煮汁で雑炊
骨で鶏ガラスープ

と3回楽しむことにしよう。

そう考えると骨があるからコスパが悪いのではなく、骨があるおかげでこれだけ楽しめる鶏手羽元はなかなか優秀な食材だなと感じた。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

5千万という金額が微妙。でもリタイアするのに総資産は関係無さそう。

(2017-07-23)
先月末の決算で我が家は金融資産5千万に達した。

5千万はとりあえずの目標。

長かったような、でもあっという間だったような。

この金額は実にリアルな金額で、そこそこの年収のサラリーマンが20年程度働いて貯められる生々しい金額だと思う。
1億はやはり高い壁だし、投資でブーストをかけないとなかなか厳しい。かといって1千万くらいなら割と簡単に行く。
ちなみに僕の年収は転職を繰り返しながら20代から30くらいまでは400-500万くらいで、途中無職だったり200万も無い年を1-2年挟みながら40歳のころの最後の会社では700万をちょっと超えるくらいだった。
なのでずっと一つの会社で働いた人ならもっと貯められただろう。
このように僕はそんな高収入の人間でもないので参考になる人も多いと思う。

あとリーマンショック後の底からの上昇気流に乗れたのがあったので、それが無くて貯金だけだったら3千万くらいかもね。

いずれにしても今の保有は約5千万。

1千万も無い人からは、いいなあ、とうらやましがられるが、
1億超えた人からは、ぷっ、と笑われる。
羨望も嘲笑も両方味わえる微妙なポジションだ。

独身ではなく夫婦二人で、子供まで入れたら3名だから、一人当たりは1,700万弱。
これは貧乏リタイアといって良いだろうね。

ただ資産形成後期では節約術がほぼ完ぺきに近いところまで熟成したし、
その延長線での消費しかしてないから、これでも行けてしまう気がしている。

奥さんの自営業収入が増えて青色申告になったし、僕のアドセンス収入も増え、株の配当の他にアルバイトや派遣で年間80万程度でくらい稼げば生活費の年間収支はもうトントンだ。

となるとこの5千万は手を付けることなく、このまま放ったらかし運用し、20年後30年後にどうなっているのか、と気楽に構えることもできる。

リタイアができるできないの判断で最も重要なのは、今の保有資産がいくら、ではなく、正社員サラリーマンを辞めても年間の生活費は稼げる、という状態だろう。

実際リタイアブログには1億あってもやめられない人や、いくら資産があろうが取り崩しが怖くてやはり辞められないという人が散見される。
逃切り計算機で何度も計算しなおしてしまうのがこのタイプ。
本人は慎重にやっているつもりだが、おそらくいつまでもリタイアできないし、このタイプが無理にリタイアすると金融資産の変動や取り崩しから毎日不安にさいなまれて人生が台無しになるのでたぶんしないほうがいい。

リタイアの可否は金融資産の総額ではなく、収入源の多様化、収入と年間生活費のバランスが基準になるだろう。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供無し

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク